1. TOP メニュー
  2. ゴルフ実験室
  3. スリクソンのぶっ飛びゴルフボール”X2"を野村タケオが試打

スリクソンのぶっ飛びゴルフボール”X2"を野村タケオが試打

2020/09/01 ゴルフサプリ 編集部

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。

ゴルフって飛ばしじゃないとは言いますが、それでもやっぱ飛ばしたいじゃないですか。だって飛んだら気持ち良いし、飛んだほうがゴルフが楽になるし(曲がったらダメだけどね)。

でもね、なかなか飛距離を伸ばすのって難しいじゃないですか。いろいろスイングをいじってもそう簡単に飛ぶようにはならないしね。だから、できれば道具を変えるだけで飛距離が伸びたりしたら楽でいいな~なんて思うわけです。しかもボールを変えるだけで飛ぶようになるのであれば、そんなに楽なことはない。

ちょっと前にスリクソンから「飛距離追求型」ボールのX2というのが発売されて、これがめちゃ飛ぶとかなり評判がいいんです。んなわけで、さっそく試してみることにしました!

スリクソンX2ボールってどんなゴルフボール?

スリクソンからは飛距離追求型ボールの「スリクソン X」というのが発売されており、飛ぶということでなかなか好評だったようです。

僕も試打させてもらって、たしかに飛距離の伸びは感じたのですが、少し打感が硬いな~というイメージでした。その「スリクソン X」の後継モデルとなるのがこの「スリクソン X2」というわけです。

二代目ですから当然飛距離性能はアップしています。X2は3ピース構造なのですが、コアの構造を見直したり、ミッド層のを少し硬くすることなどで、従来モデルよりもボール初速をアップしたうえにスピン量も減らすことに成功し、飛距離性能のアップを実現しました。

そして飛距離性能以上に進化した部分が打感です。僕も感じていたように「飛ぶけど硬い」と思っていたユーザーは多かったらしく、X2では飛距離性能はもちろんのこと、コアを柔らかくすることで打感をソフトにすることにも成功しているんです。

ソフトな打感で気持ちよく打てるけど、めちゃくちゃ飛ぶってのが「スリクソン X2」というボールなんですね。

こちらもチェック!

ゴルフボールおすすめ20選!飛ぶ/スピン系の人気ランキング

スリクソンX2ボールを実際にコースで試してみた!

やっぱなんでもゴルフギアってのはコースで試さないと意味がないわけです。なので、さっそくコースに持ち込んで1ラウンド使ってみました!

まずはドライバーショット。打感はたしかに従来モデルよりは確実に柔らかくなっていて、気持ちよく打てます。ミッド層が少し硬くなっているからか、ソフトな感触はありながらもしっかりと重みを感じる打感ですね。

弾道はあまり高くなく、中弾道で前に前に行く強い球になります。スピンはかなり少なくて、スピン多めの僕が打っても当たりによってはドロップ寸前のような球になることもありました。

中弾道とスピンの少なさでランも多いのでトータル飛距離はかなり伸びますね。たぶん平均で10ヤード以上は飛んでいると思います。

次にアイアンショットです。少し柔らかく感じる分、少しフェースに乗る感覚がありますね。ドライバーでは打ち出しが少し低く感じましたが、アイアンだとちゃんと高さが出る感じ。

スピンは少なめですが、高さが出るのでグリーン上ではまあまあ止まります。もっと止まらないのかと思いましたが、よほど硬いグリーンでなければ7番アイアンだと7メートルちょいくらいで止まる感じ。

飛距離はスリクソンのZ-STARなんかに比べると半番手~1番手くらい飛ぶ感じですね。アイアンでの打感も少しボールの重さを感じるので、僕はけっこう好みでした。

そしてアプローチです。やはり飛び系のボールで一番心配なのはアプローチですよね。もちろんスピンがかからないということは分かっていますが、自分のイメージよりも弾いてしまったり、飛んでしまったりするとコントロールができないですからね。

何年か前の飛び系のボールってフェースに当たった瞬間にポコーンと上に飛んじゃって全くコントロール出来なかったイメージがあるのですが、このX2は違いました。やはり柔らかい分だけ少しフェースに食いつく感じがしてコントロールできるんですよ。

スピン系のボールほど低い出球ではないけど、少し低めに飛んでくれるのでラインが出せます。キャリーとランの計算もしやすいので、ピッチエンドランで寄せる分にはとてもやりやすく感じました。

で、ちょっと驚いたのが、70~80ヤードくらいのしっかりと振る距離だと、ビタッとではないけど、トントンくらいでは止まるんですよ。最近の飛び系ってこんな感じなのかな?

最後にパターでの感触。これもしっかりとした打感で、ちゃんと打音もする。フェースに当たった瞬間は少しだけ柔らかさを感じるんだけど、その下にしっかりとした層があるような感じ。インパクト後の出球の速さもちょうどいい感じです。

僕的に距離感を出すためにはちゃんと「コツッ」と打音がすることがとても大事な部分なので、かなり気に入りました。

どんな人に向いてるの?

やはり飛距離がほしいゴルファーには最適なボールじゃないでしょうか。スイングやクラブを変えることなく、簡単に飛距離が伸びるというのは魅力です。ヘッドスピードが少し遅めの人でも十分にこのボールの飛距離性能を引き出すことができると思います。

いやいや普通に使えるでしょ!

コースで試してみましたが、予想以上に好印象でした。やはり打感が柔らかくなっているっていうのは使っていてストレスがない。いかにも飛び系な打感や打音じゃない所が良いです。

心配していたアプローチでの使い勝手も予想以上に良かった。スピンが入りにくいってことを理解して使えば、特に不満なく使える。僕は1ラウンド使ってみて、普段使っているボールでのラウンドとほぼ同じスコアでラウンドできました。これでもう少し慣れれば、飛距離が出る分スコアも良くなるんじゃないかとさえ思います。

「もう少し飛距離があればゴルフが楽になるのにな~」なんて思っている人はぜひ一度使ってみることをおすすめします。

最後にちょっと注意したほうが良いことと、メーカーさんへの注文を。

上でも少し書きましたが、ドライバーでの弾道が少し低めなので、少し打ち出し角を高めにしたほうがキャリーが伸びてさらに飛ぶような気がします。なので、多少アッパーに振るとか、ロフトが少し寝ているドライバーを使うとかしてみるのもいいかな~と思います。

そして最後にちょっと注文を。それは「X2」のロゴ。これがね僕的にはとてもカッコ悪いと思うんですよ。ロゴがでかすぎるんですよ。

ターゲットラインとロゴを一体化させているんでしょうけど、このデザインはいただけない。どうしても飛び系ボールとかってこういう主張の強いロゴになりがち。

僕としては「Z-STAR」とかと同じようにシュッとしたシンプルなロゴにしてくれると、飛び系ボールに少しネガティブなイメージを持っている人も使ってみようかなって気になるんじゃないでしょうかね。

<取材・文>ゴルフバカイラストレーター 野村タケオ


野村タケオの記事をもっと読む

 一覧へ

関連記事