1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 篠﨑愛も使用!地クラブメーカー「Modart」のドライバー『MA01D+』シリーズ

篠﨑愛も使用!地クラブメーカー「Modart」のドライバー『MA01D+』シリーズ

2019/03/06 ゴルフサプリ 編集部

コンピュータ制御で数値を管理するCNC技術を駆使し、より高い精度の逸品を生み出し続けてきた地クラブメーカー「モダート」の人気ドライバー「MA01D+」シリーズ。その飛距離性能は、常に本物志向のゴルファーたちから支持され続けている。SLEルール適合モデルの「MA01D+R」と高反発モデルの「MA01D+H.CAP.O.R」の2種類がラインナップされている。

モダート「MA01D+」シリーズドライバーの2種類のラインナップ

SLEルール適合モデルの「MA01D+R」ドライバー

SLEルール適合モデルの「MA01D+R」は、ドラコン競技に出場する選手が使うことを意識し、飛距離性能を追求したモデル。

460ccの大型ヘッドながら、構えた時に大きさを感じさせないバランスの取れたフォルムを採用し、さらにヘッド重量を軽くすることで、長尺モデルにも対応できオールマイティに使える。驚きの飛びと方向性の良さをかなえる理想形のドライバーとなっている。

「MA01D+R」ドライバーのテクノロジー
フェース部分をカップ形状にして、ボディと接合することで、フェース全体の肉厚を薄く設定。これによりインパクト時のフェースのたわみが大きくなり、高い反発力を発揮し、打点が上下左右にばらけても飛距離ロスを最小限に抑える。

高反発モデルの「MA01D+H.C.O.R」ドライバー

モダート初の高反発モデル。見た目の美しさとショットの安定感はそのままにさらなる飛距離性能を高めることに成功した。

「MA01D+H.C.O.R」ドライバーのテクノロジー
フェース部分をカップ形状にして、ボディと接合することで、フェース全体の肉厚を薄く設定。フェース素材をDAT55とSP700の複合素材にすることで高次元の反発力を発揮し、驚きの飛距離をもたらしている。

※COR値が規制を超えているため、ルール不適合。公式競技では使用不可。

篠﨑愛プロがモダート「MA01D+R」ドライバーを使用し「ゴルフサバイバル」優勝!

BS日テレにて放送されている人気ゴルフ番組「ゴルフサバイバル」にモダート使用プロの篠﨑愛プロが出演。並み居るライバルを抑えて、見事優勝を勝ち取った!

篠﨑愛プロは持ち前のドライバーの飛距離で他の選手を驚かし、5ホール目では圧倒的な飛距離でドラコン賞もゲット!

篠﨑愛プロ使用クラブ

  • 1W:『MA01D+R』+『フジクラスピーダーエボリューションⅣ 569 SR』
  • 3W:『MA01F』+『フジクラスピーダーエボリューションⅣ 569 S』
  • 5W:『MA01F』+『フジクラスピーダーエボリューションⅣ 569 SR』
  • アイアン:5-Pw『A60G』+『日本シャフトNS850 R』
  • ウェッジ:
    50、54度『T55』+『日本シャフトNS850 R』
    58度『SD Wedge』+『日本シャフトNS850 R』
  • パター:『MPC R50LSロングスラント』

【問い合わせ先】
Modart
電話:028-622-3222
ウェブサイト:http://modart.jp/

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事