1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. アイアンショットのインパクトを厚くする左グリップとは?|教えて!ホーガン先生

アイアンショットのインパクトを厚くする左グリップとは?|教えて!ホーガン先生

アイアンが際立つ!強いインパクトの作り方【第3回】

2019/04/07 ゴルフサプリ 編集部

ホーガンが生涯1度だけ挑戦し、勝利した全英オープンの舞台は、今年と同じカーヌスティ。
6番ホールでは狭いベストルートを攻略し4日連続でバーディを重ねたという。

“厚い”インパクトは、反復性も高めるのだ。

ベン・ホーガン(Ben Hogan、1912~1997)
アメリカ・テキサス州出身。身長173㎝、体重68㎏。ツアー通算64勝。
メジャー3勝後の1949年に自動車事故で瀕死の重傷を負うが、翌年に復帰。以後、メジャーでは1953年の3冠を含む6勝を加え、グランドスラマーに。1948年に『パワー・ゴルフ』、1957年にレッスンのバイブルと呼ばれる『モダン・ゴルフ』を著し、現代でもそのスイング理論は多くのゴルファーに影響を与え続けている。

森 守洋/ホーガンアナリスト
ベン・ホーガンを手本としたダウンブローの達人・陳清波に師事。現在もホーガンの技術研究に余念がない。

グローブ不要? 左手を「パーム」で握る理由

握力に関係なく振り切ってもスッポ抜けない

「クラブヘッドを走らせるのに、リキみは禁物。だから、グリップはできるだけ軽く、それでいてクラブがスッポ抜ける不安が生じないことが重要です」(森)

ホーガンは左手のヒラの手首寄りの肉厚と人差し指だけでクラブを支えられるパームグリップをベースとしたが、確かにこれならスイング時にクラブがスッポ抜けることはない。

「ホーガンは小指、薬指、中指でしっかり握るように説いていますが、それはあくまで次のステップ。クラブが抜けない形=脱力できることが大基本です」(森)

3本指をしっかり握ることでクラブコントロールできるようになるが、リキみを生じさせないためのベースとなる〝形〟のほうが優先されるわけだ。

脱力できてヘッドが走る

ホーガン流パームグリップの基本形ができれば、3本指で握らなくてもクラブを振ることができる。リキまないソフトなグリップをマスターする準備ができる。

POINT-1
手のヒラは上から押さえ、人差し指は下から支える

手のヒラの手首寄りの肉厚でクラブのグリップを上から押さえ、人差し指を引っ掛けてヘッドを持ち上げてみる。握力に関係なく、クラブを支えられることが理解できる。

POINT-2
3本指の役割はトップでクラブをブレさせないこと?

ホーガンは、左手小指、薬指、中指をしっかり握ることでスイング中、左腕を強く使え、トップでゆるまず、インパクトを強くできるという。「でも、リキみを防ぐには“しっかり”のイメージは不要です」(森)

本当の理由は?

次のページ

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

必要な道具はお揃いですか?

お手軽レンタル!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事