1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. 男女ツアープロに聞いた!ゴルフを上達させる“目的別”練習方法|Part2

男女ツアープロに聞いた!ゴルフを上達させる“目的別”練習方法|Part2

2019/08/12 ゴルフサプリ 編集部

ヒッカケやダフリに悩んでいる人にもオススメですよ

トップで止まってから切り返す意識で練習することで、オーバースイングしなくなるリズムを体に刻み込む。打ち急ぐ人にも効果的な、金澤志奈の練習法だ。

●男女ツアープロに聞いた!ゴルフを上達させる“目的別”練習方法
Part1:“ただ打っている選手”はいない!ツアープロの練習風景
Part2:球が左右にブレ始めたら…【金澤志奈】
Part3:ドライバー、アイアンのヒッカケが出たら…【木下稜介、星野陸也】
Part4:右プッシュ、スライスが出たら…【重永亜斗夢、鬼頭桜】
Part5:アイアンでヒッカケ、つかまりが悪いと感じたら…【木村彩子、ラヒル・ガンジー 他】
Part6:パットがうまくいかない時は…【武尾咲希、竹内美雪、堀川未来夢】

金澤志奈のゴルフ練習方法|球が左右にブレ始めたらオーバースイングにならないようにトップで一瞬止まってから打つ

トップで間を作るようにするとオーバースイングしなくなる

私は、たまにオーバースイング気味になることがあって、それがひどくなると、インパクトのタイミングが合わなくなるんです。そうすると、ショットが左右にブレ始めるんです。それで、タイミングを合わせようとして、右サイドに悪い動きが出てくるんです。たとえば、ダウンスイングで右肩が下がったり、体がつっこんで、普段よりもクラブを外から下ろしてしまったりします。

そんな時、ラウンド後の練習では「トップで止めてから打つ」練習をしています。止めると言っても、1秒に満たないくらいの間を作るくらいです。トップで、頭の中で「1」と数えてから、切り返すくらいですね。トップで一瞬止めようと思うと、オーバースイングになりにくくなります。

オーバースイングになると右肩が落ちたり、つっこんだり

右肩が下がる
右肩が下がってクラブが遅れ気味になり、インパクトで手首を返して合わせようとしてしまう。

右肩がつっこむ
切り返しのタイミングがズレて、遅れを取り戻すために体が前につっ込み、外から下ろしてしまう。

急がず、ゆったり振るのがポイントです

この練習で注意するのは、意識的にゆっくりテークバックするということ。速く振ろうとすると、それこそリズムが乱れてしまいます。それと、切り返しのきっかけは、下半身からという意識を持つこと。切り返しで左足を少し踏み込む、くらいでいいですよ。

テークバックはゆっくりと!

左足の踏み込みをきっかけにして切り返します

体をしっかり使って振りましょう

金澤志奈
(レイクウッドコーポレーション)
かなざわ・しな。1995年7月29日生まれ。茨城県出身。2017年のプロテストを一発合格。その年のステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」で初優勝。正確なショットを武器にレギュラーツアー初優勝まで、あと一歩というところまできている、期待の新人。


男女ツアープロに聞いた【上手くなる人の練習法大特集】 その練習、何が目的? 02


03へ続く

取材トーナメント/ 全米オープン、日本ゴルフツアー選手権、ミズノオープン、ヨネックスレディス

GOLF TODAY本誌 No.566 24〜25ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事