1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. 夢見るパパのためのジュニアゴルフレッスン「我が子を遼くん、シブコに!」|第2回

夢見るパパのためのジュニアゴルフレッスン「我が子を遼くん、シブコに!」|第2回

「山梨県ジュニアレッスン教室」体験ルポ!

2019/09/10 ゴルフサプリ 編集部

“しぶこフィーバー!”が続くゴルフ業界。「我が子もプロゴルファーになってくれたら!」と淡い夢を抱いているお父さんお母さんも少なくないはず。

そんな、子供にクラブを握らせたいパパママ必見!! 夏休みに開催された「初心者OK! ジュニアレッスン教室」の様子を詳しく紹介!

大きな夢への第一歩、ゴルフを始める子供たちに、まず教えるべきことって何!?

●第1回ゴルフクラブの握り方
●第2回スイングイメージ
●第3回クラブを振ってみよう

第2回 スイングイメージ

「どう上げる」とか「どう下ろす」は不要! 右手、左手のイメージだけ教えればOK。

右手は「ビンタ」、左手は「空手チョプ」。このイメージが◎!

グリップができたら、次はいよいよクラブを振ってみます。といっても、大人の初心者レッスンのように、「クラブの上げ方」や、「切り返しの方法」、「ワキを締めて!」など細かいことはアドバイスしません。

ボールを打つ上で一番大切な「インパクト」に向けての、右手、左手の使い方のイメージを覚えることからスタートします。

左手はクラブを支えながら、ダウンスイングの軌道をきっちりリードするのが役割。余計な動きを抑えてできる限りシンプルに動かすために、手の甲を上に向けたまま「チョップ」するイメージを持つのが正解です。

そして、右手はビシッと叩くのが役割。そのためには、右手のひらでボールを「ビンタ」するイメージが効果的です。「右手のひら=クラブフェース」のイメージも湧きやすく、しっかりコントロールしながら強く叩けるようになります。

まずは、クラブを持たずに、左手は甲を上に向け、右手を横から立てて添える構えを作り、シャドースイングしてみてください。これだけで、理想の軌道でクラブが上がって下りてくるはずです。慣れてきたら実際にクラブを持って振ってみましょう。


指導・深澤 治
シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部所属
1962年4月12日生まれ。山梨県出身。1990年プロ入り。成城ゴルフ倶楽部(東京都世田谷区)とアイリスゴルフクラブ(山梨県甲府市)でもレッスンを行なっている。

取材協力/
第10回山日YBS杯ジュニアゴルフ大会 
第39回山梨県ジュニアゴルフ教室
シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部
山梨県ゴルフ場支配人会

取材・撮影・文/今泉純子

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事