1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. テストした石川遼も太鼓判!「キャロウェイ JAWS ウェッジ」

テストした石川遼も太鼓判!「キャロウェイ JAWS ウェッジ」

FIND!! IN TOUR ゴルフトゥデイ編集部が見つけた最新情報

2019/11/15 ゴルフサプリ 編集部

ついに登場した「MACK DADDY 4 ウェッジ」の後継版 「JAWS ウェッジ」をセガサミーカップの練習日に石川遼らがテストした。
さっそく、新発想の“斜角溝”の感触を聞かせてもらった!

短い距離でもスピンが効いてくれるのは魅力

すぐれたスピン性能で話題となった「マックダディ 4 ウェッジ」の後継版が、セガサミーカップの練習日に持ち込まれた。このキャロウェイの新作ウェッジの名は「JAWSウェッジ」。溝を緩やかな角度で形成することで、フェース上の溝のエッジ部分を鋭くするという、新発想の“斜角溝”が施されている。

はたして、鋭さがアップしたというエッジの効果はいかに。テストを行った石川遼が、新作ウェッジの感想を語ってくれた。

「30~40ヤードの微妙にスピンがほしいけど、なかなか強くは振れないような距離で、やわらかく打ちながらもフェースに喰いついてスピンがかかります。スピンを効かないようには打てますけど、効かせるのは難しいので、JAWSのように効いてくれるのは魅力ですよね。それから、僕はフェースの色々なところに当てて、球を打ち分けるので、この大きめのヘッドサイズも好みです。バンスの効きもいいし、フェアウェイでもささりにくく、バンカーも打ちやすかったですね」

この取材を行ったセガサミーカップで今季2勝目を挙げた石川遼。このボールに“喰らいつく”JAWSウェッジの溝のように、賞金王、そして五輪出場権獲得にも喰らいついてほしいものだ。

報道陣のために、様々なアプローチテクニックを駆使して「JAWS ウェッジ」のスピン性能を披露してくれた石川遼。

石川 遼[CASIO]

「やわらかく打ってもスピンが効いてくれるし、バウンスも効いているのでダフリやすいという人もやさしく打てます。打ち出しがゆっくりなので、ファーストバウンドも計算しやすいです」

重永亜斗夢[ホームテック]

「数球打っただけで喰いつきの良さがわかりました。たったの5ヤードでも激スピンでしたよ。止めたいときに止められるウェッジは、試合で絶対必要です」

和田章太郎[ディライトワークス]

「フェースにくっついて、低く出て、スピンがすごくかかっているのがわかります。雨で濡れても滑らないのもいいし、昔の角溝を打っている感触です」

「キャロウェイ JAWS ウェッジ」スペック

新発想!“斜角溝”でボールに喰いつく!
フェース上の溝のエッジを鋭くした「37Vグルーブ」

溝の彫りを鈍角にデザインすることで、フェース上にエッジを作り出すという新しい発想。

《SPEC》
■ヘッド素材(仕上げ)/軟鉄鍛造(クロム)
■ ロフト角(度)/46、48、50、52、54、56、58、60、64
■ライ角(度)/64
■価格/2万3000円+税
[9月20日発売]
※ソール形状は、Sグライド、Cグラインド、Wグラインド、Xグラインドから選択可能。選択可能なソール形状は、ロフト角ごとに異なります。
※一部受注生産となります。

【商品のお問い合わせ先】
キャロウェイゴルフ
フリーダイヤル:0120-300-147
ウェブサイト:https://www.callawaygolf.jp/

GOLF TODAY本誌 No.568 86~87ページより

【関連】最新ウェッジおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事