1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ドライバーのチーピンは、スムーズな体重移動で一発解消!

ドライバーのチーピンは、スムーズな体重移動で一発解消!

セリザワメソッドを継承|広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます! ミスの原因&練習法がすぐにわかる! VOL.3

2020/11/26 ゴルフサプリ 編集部

芹澤信雄率いる『チームセリザワゴルフアカデミー』の紅一点のティーチングプロ、広瀬祥代。親切でわかりやすいレッスンで、年齢性別を問わず多くのゴルファーに人気。その広瀬がドライバーからパターまでのミスの解決法をレッスン。ミスの原因に応じた対策法が明確になれば悩みを一発解消、ゴルフがどんどんうまくなる。どんな練習をしたらいいかわからないゴルファーも必見だ!

チーピンは体重移動を体感できるステップドリルで一発解消!

体重が右足に残って両手が急激に返ると、チーピンが生じやすい

チーピンとはボールが急角度で左に曲がるミスです。緩やかに左に曲がるドローボールはナイスな球筋ですが、予想以上に大きく曲がってはフェアウェイをキープできず、OBや林、崖などに打ち込んで大トラブルに。

「スライスを打ちたくない」とか、「ボールをしっかりつかまえよう」などと考えると、インパクトでフェースがかぶって当たりやすいので要注意。インパクトで上体が突っ込んでフェースがかぶり、それが原因でチーピンが生じるケースもありますが、この場合はどちらかといえばボールが最初から左に飛び出してしまうヒッカケが出やすいといえます。

チーピンがよく出る人はアドレスからトップまでの動きはいいけれども、ダウンスイングからインパクトにかけて体重が右足に残ってしまい、クラブヘッドをボールに届かせようとして両手が急激に返ってしまうパターンが多く見られます。

右足体重のまま下半身が止まった状態で両手が返るため、フェースがかぶって当たり、ボールが目標の方向に飛び出して、左に大きくカーブする曲がる球筋となるのです。クセになると厄介ですから、早急に修正しましょう。

上体が突っ込んでフェースがかぶるためにチーピンになることもあるが、どちらかといえばヒッカケが出やすい。
バックスイングはよくても、ダウンスイングで体重が左足に乗らないままで振り下ろすとチーピンが生じやすい。
下半身が止まり、腰が回転しないために両手が急激に返ってチーピンになってしまうパターンが多い。

左足を上げて下ろす練習でスムーズな体重移動をマスター

チーピンが生じやすい人は、スムーズな体重移動ができていないのが一番の原因です。バックスイングでは胸を右に90度回して体重を右足に乗せる。ダウンスイング以降では胸が目標を指すまで回して体重を左足に乗せる。こうしたスムーズな軸回転をもう一度チェックしましょう。

バックスイングでは右足に体重が乗るのに、ダウンスイング以降で体重が左足に乗らない欠点を修正するには、ステップドリルがオススメ。アドレスは通常の姿勢で構え、バックスイングでは左足を大きく浮かせながらクラブを振り上げましょう。そしてダウンスイングでは左足を元の位置へと踏み込んでクラブを振り下ろし、ボールを打ちます。ダウンスイングで急いでしまうと、体重が左足に乗り切らないうちにボールを打ってしまうことになります。「左足を踏み込んでからダウンスイング」と自分に言い聞かせながら練習してくださいね。

スイング中に下半身が大きく動きすぎるのはダメですが、止まりすぎてもいけません。とくに緊張した場面などは手先でボールを打とうとして、下半身が止まりやすくチーピンが出やすい点に注意しましょう。そこでステップドリルの要領でバックスイングでは左カカトを軽く浮かせて、ダウンスイングは左カカトを着地させてからクラブを振り下ろし、胸が目標を指すまでカラダを回すことを心がけてみてください。つまり、両足で軽く足踏みするようなリズムを意識しながらスイングするんです。左右の体重移動がちゃんとできればカラダの軸回転もスムーズになり、チーピンを解消できますよ。

胸を左右に回すイメージで体重移動がスムーズになる。この基本動作を思い出そう。
通常のアドレスを作ったら、バックスイングで左足を浮かせよう。
左足を元の位置へと踏み込んでからダウンスイング。これで体重が左足に乗る。
右カカトを浮かせて、胸が目標を指すまでカラダをしっかりターン。
両足で足踏みするリズムを意識するためにも、最初のうちは左足を大きく浮かせてみるといい。
左足を踏み込むことで腰が回転しやすい。クラブが気持ちよく振り切れて、チーピンを解消できる。
スイング中に下半身が止まってチーピンの不安がある人はステップドリルの感覚で、バックスイングで左カカトを軽くヒールアップすると効果的。
ダウンスイングで体重が左足にスムーズに移動すれば、インパクトで両手が急激に返ることもなくなる。

最後に動画でチェック

左足を「浮かせる⇒踏み込む」のタイミングでスムーズな体重移動を覚える。

※動画は音声が流れますので音量にご注意ください。


広瀬祥代
ひろせ・さちよ/茨城県出身。社会人になってゴルフと出会い、魅力と楽しさを知ってインストラクターへの道を目指す。2011年にライセンスを取得し、現在はチームセリザワゴルフアカデミーで幅広くレッスン活動を展開している。セリザワメソッドでレッスンスキルをさらに向上中。

取材・文/三代 崇
写真/相田克己
協力/太平洋クラブ御殿場コース



広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます!ミスの原因&練習法がすぐにわかる!

 第2回(前回)へ 第4回(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事