1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.16

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.16

2020/03/08 ゴルフサプリ 編集部

昨年大ブレークした渋野日向子の代名詞にもなったのがボギーかそれより悪いスコアとなった直後のホールでバーディー(それよりいいスコアも含む)を奪うバウンスバックだ。バウンスバック率はぶっちぎりの1位。その内容を精査すると、驚愕のデータが隠れていた。

シブコの強さ「高いバウンスバック率」に隠された驚愕のデータ!

渋野の昨年のバウンスバック率は26.0684%。2位の永峰咲希が22.1014%だから大差をつけての1位である。それもそのはず、歴代でも3番目(データがある2003年以降)の好記録だったのだ。

渋野はパーセーブ率(パーかそれよりいいスコアを獲得する率)が部門13位と決して高くなかった。

同部門の1位から4位は申ジエ、イミニョン、鈴木愛、ペソンウ。これは賞金ランキング5位以内から渋野を除いた顔ぶれである。つまり、パーセーブ率の高さは賞金ランキングと比例する傾向があるというわけ。

パーセーブ率の低い渋野が最後まで賞金女王を争ったのは異例で、少々ボギーを叩いてもすぐに取り返せる類まれなる反発力があったからだ。その反発力はある条件に絞るとより高くなる。それは、ダブルボギー(それより悪いスコアも含む)直後にバウンスバックする確率である。

渋野は昨年、ダブルボギーが24個あった。うち1個は最終ホールだからバウンスバック対象は23個。その中でバウンスバックに成功したのは10回もある。率にすると43.4783%。数字は大きく跳ね上がった。

賞金ランキング5位以内のほかの選手はどうか。ペソンウは21.4286%とまずまずの数字でバウンスバック率(14.7959%)を上回ったが、鈴木は12.5000%、申ジエ10.0000%、イミニョンは9.0909%でしかない。この3人は自身のバウンスバック率よりも低いという結果だった。

4人の合計は13.9535%。このデータからいえるのは、実力者でもダブルボギー直後にバーディーを取り返すのは困難だということである。彼女らの数字と比較すると、いかに渋野の43.4783%が突出した数字であるかがお分かりいただけるだろう。

追い詰められた状況ほど力を出すのが渋野の魅力。今年もダブルボギー直後の渋野に注目だ。

女子ツアー昨季賞金ランク上位5人のバウンスバック率

賞金ランク選手名バウンスバック率ダブルボギー限定バウンスバック率
1位鈴木愛12.9032%12.5000%
2位渋野日向子26.0684%43.4783%
3位申ジエ20.2797%10.0000%
4位ペソンウ14.7959%21.4286%
5位イミニョン19.2513%9.0909%


文・宮井善一
1965年生まれ。和歌山県出身。スポーツニッポン新聞社でゴルフ記者を8年間務め、2004年にフリーのゴルフライターとして独立。ゴルフ誌などに執筆のほか日本プロゴルフ殿堂オフィシャルライターとして活動している。元世界ゴルフ殿堂選考委員。



「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断

 Vol.15(前回)へ Vol.17(次回)へ

【シリーズ一覧】
●Vol.1女子ツアーの世代別優勝者数に異変!?
●Vol.2黄金世代のシード入りが“ケタ違い”!
●Vol.3最終戦、石川遼のプレーオフ勝利は、データどおりの展開!?
●Vol.4鈴木愛が2年ぶり賞金女王に。実は史上最大の逆転劇だった!
●Vol.5プレジデンツカップの米国選抜は、史上最強の布陣だった!
●Vol.6若手有望株! 稲見が女子ツアー史上最高のパーオン率をマーク!
●Vol.7新飛ばし屋・幡地が、ドライビングディスタンス日本人選手最高記録を更新!
●Vol.8オリンピック女子、日本勢3人出場なるか!?
●Vol.9同級生スピースを一歩リード! 2020年の主役はトーマスか!!
●Vol.10直近10年間で一番活躍した選手は? 活躍度をデータでランキング!(男子ツアー編)
●Vol.11直近10年間で一番活躍した選手は? 活躍度をデータでランキング!(女子ツアー編)
●Vol.12「米デビュー戦トップ10入り」は、初Vの吉兆!?
●Vol.13米国勢が世界ランクトップ10に7人! 同一国最多記録に並ぶ!!
●Vol.14黄金世代VSプラチナ世代、データ対決の軍配は!?
●Vol.1513度目も勝利ならず。またもリビエラに跳ね返されたウッズ
●Vol.16シブコの強さ「高いバウンスバック率」に隠された驚愕のデータ!
●Vol.17新選手会長・時松が挑む、大記録に注目!!
●Vol.1862歳のランガーが挑む、ふたつの大記録とは!?

関連記事