1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. アプローチのシャンク、一発解消! 原因はボールとの距離が離れすぎかも

アプローチのシャンク、一発解消! 原因はボールとの距離が離れすぎかも

セリザワメソッドを継承 広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます! ミスの原因&練習法がすぐにわかる! VOL.11

2021/01/21 ゴルフサプリ編集部

芹澤信雄率いる『チームセリザワゴルフアカデミー』の紅一点のティーチングプロ、広瀬祥代。親切でわかりやすいレッスンで、年齢性別を問わず多くのゴルファーに人気。その広瀬がドライバーからパターまでのミスの解決法をレッスン。ミスの原因に応じた対策法が明確になれば悩みを一発解消、ゴルフがどんどんうまくなる。どんな練習をしたらいいかわからないゴルファーも必見だ!

ボールの近くに立って構え、クラブを左に振り抜こう!

ヒッカケを怖がって右に振ろうとするとシャンクが生じやすい

グリーン周りからのアプローチで突然シャンクが出てしまう。このシャンク、精神的なショックが結構大きくて、「えっ、なんで!?」とパニック状態に陥りやすいですよね。困ったことに、一度シャンクが出ると続けて出るケースが多くて、スコアをガタガタにしてしまいかねません。

シャンクはクラブヘッドのネックにボールが直接当たるために、ボールが45度くらいの急角度で右に飛んでしまうミスですが、どうしてそうなるかというとクラブを目標方向か、それよりも右に振り抜こうという意識が強いから。

シャンクが出やすい人たちの話を聞くと、「クラブを目標の左に振るとヒッカケになってしまう」という認識がある方がとても多いんですね。それにスタンスが割と広くて、ボールから離れて立ちすぎる人もよく見ます。ボールから離れて構えるためテークバックでクラブをインサイドに低く引きすぎて、インパクトではカラダがボールに接近して結果的にネックに当たってしまうのです。

クラブを短く持つのがいいが、ボールから離れて立つとシャンクになりやすい。
テークバックでインサイドに低く引きすぎて、目標の右へとクラブを振り抜くのもNG。
スタンスが広すぎるのもシャンクの原因となるケースも多い。
インパクトで右ヒザが前に出て、カラダがボールに接近するとネックに当たってシャンクで出る。

ボールの近くに立って構え、軽いアウトサイド・インの軌道でスイング

ピンまで20〜30ヤードくらいのアプローチでしたら、当然小さめのスイングで打ちますよね。だとしたらスイングの大きさに見合ったアドレスを作りましょう。まずフェースの芯に当てやすくするためにクラブを短く持つ。そしてスタンス幅を狭めにし、ボールの近くに立って構える。シャンクが出やすい人は構えたときのフトコロが広すぎるために腕や手が好き勝手に動いてしまいますが、ボールの近くに立ってフトコロを少し狭くしてあげれば腕をカラダの近くで振れるようになります。それだけカラダの回転と腕の振りが同調しやすくなるんです。

もう一つは目標よりもクラブを左に振り抜くこと。ヒッカケを怖がってクラブを目標に真っすぐや右に振り抜こうとするとフォロースルーで腕がカラダから離れてしまいます。これって結局は手打ちなんです。インサイド・アウト型の軌道で振っているのが原因でシャンクになる人は、軽いアウトサイド・インの軌道で振り抜いていく意識を持ちましょう。カラダの回転を使って振り抜いていく感覚をつかんで、シャンクを解消してくださいね。

シャンクがよく出る人は、ボールの近くに立って構えよう。
手元をカラダに近づけることでフトコロがやや狭くなり、腕をカラダの近くで振れるようになる。
スタンス幅は人それぞれだが、ワイドスタンスになりすぎないように注意。
ボールの近くに立てばカラダと腕が同調し、フェースの芯でヒットしやすくなる。
シャンクが出やすい人はヒッカケを怖がらないで、クラブを目標よりも左へと振ろう。
インパクトで右ヒザが前に出たり、カラダがボールに近づくことがないからボールを正確にとらえられる。
シャンクの元凶は手打ち。クラブを左に振り抜く意識を持てばカラダの回転主体でスイングでき、シャンクを解消できる。

最後に動画でチェック

シャンクが出る人はボールの近くに立ってスイング練習。ヒッカケを怖がらないでクラブを目標の左へと振り抜くのがポイントだ。

※動画は音声が流れますので音量にご注意ください。


広瀬祥代
ひろせ・さちよ/茨城県出身。社会人になってゴルフと出会い、魅力と楽しさを知ってインストラクターへの道を目指す。2011年にライセンスを取得し、現在はチームセリザワゴルフアカデミーで幅広くレッスン活動を展開している。セリザワメソッドでレッスンスキルをさらに向上中。

取材・文/三代 崇
写真/相田克己
協力/太平洋クラブ御殿場コース


広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます!ミスの原因&練習法がすぐにわかる!

第10回(前回)へ 第12回(次回)へ

シリーズ一覧へ

直近急上昇記事

関連記事