1. TOP メニュー
  2. ゴルフ知恵袋
  3. ゴルフのホールインワン保険とは|使い道や補償内容など基本解説

ゴルフのホールインワン保険とは|使い道や補償内容など基本解説

2021/07/21 ゴルフサプリ 編集部

ホールインワン保険

ゴルファーなら一度はやってみたいホールインワンですが、達成したときにはお祝い事をする習慣があり、思わぬ出費がかさみます。ホールインワン保険はそのときのための備えとして保険会社が提供する保険です。

ここでは、ホールインワン保険の使い道や補償内容などといった基本的な課題を解説します。続いて、おすすめのゴルファー保険を3商品に絞って紹介しますので、ホールインワン保険選びの参考にしてください。

[目次]

ゴルフのホールインワン保険とは

ホールインワン保険

ゴルフのホールインワン保険とは、ホールインワンやアルバトロスを達成したゴルファーが行うお祝い事に備えるための保険です。ホールインワンのお祝いは達成者がゴルフ仲間に振る舞うのが習慣となっているので、ゴルファーには突然の出費となります。

ゴルフにはホールインワンだけでなく、他人にボールを当てたときの賠償や、自打球での怪我、道具の盗難や破損など出費のリスクが多くあります。そのため、一般的にホールインワン保険は単体の保険ではなくて賠償責任などを含めた総合的なゴルファー保険の一部(特約など)となっています。

最近のゴルファー保険は、通年型や数日のコンパクトな旅行型などをインターネットで契約ができるので、自分のゴルフスタイルに合わせた補償プランを手軽に選ぶことが可能です。

ゴルフでホールインワンのお祝いをする理由

ホールインワン保険,お祝い

ゴルフでホールインワンのお祝いをする理由は何でしょう?また、お祝いとは周りがしてくれるのが一般的です。ゴルフではホールインワンをしたゴルファーが周りにお祝いをするのはどうしてでしょうか?

ポイント

  • 奇跡的なホールインワンの幸運をお裾分けする
  • 幸運の後にやってくる不幸を防ぐための厄除け

奇跡的なホールインワンの幸運をお裾分けする

アメリカの記録によるとホールインワンが起こる確率は2500分の1 、アルバトロスの確率は100万から200万分の1とされています。日本では、ホールインワンは滅多に起こらない奇跡的な出来事なので、大変おめでたい祝事とされました。

達成した人は、一緒にラウンドした人やゴルフ仲間と幸運を分かち合うという“お裾分け”の精神から自らお祝いの催しを始め、これがいつの間にか広がって日本的な習慣になったという説が一般的です。

幸運の後にやってくる不幸を防ぐための厄除け

ホールインワンのお祝いは、“幸運の後には不幸がやって来る”という日本的な考えから、早くお祝いをして厄を払っておこうという考えです。達成した本人がお祝いを行うのは、身銭を切って周りを持てなすことで厄除けとしたいという願いから。

海外ではプレーヤー本人が事前に契約する日本型のホールインワン保険は見当たらないとされています。

ゴルフのホールインワン祝いは何をする?

ホールインワン保険,お祝い

ここでは、ホールインワン祝いの代表的な例を3つ紹介します。いずれも保険会社が保険で適用してくれるお祝い事です。

ホールインワン祝いの例

  • ホールインワンの記念にゴルフ場へ植樹する
  • プレー仲間に記念品やQUOカードなどを配る
  • ホールインワンの祝賀会や祝賀コンペを行う

ホールインワンの記念にゴルフ場へ植樹する

ホームコースやなじみのゴルフ場などでホールインワンを達成したときに、ゴルフ場への御礼を込めて植樹をする習慣があります。達成したホールのティインググラウンドやグリーン周りなどに植樹をして、プレーヤーの名前や年月日をプレートで表示します。

記念の植樹はメンバーの目に止まるので、記憶に残るメモリアルプレートになります。

プレー仲間に記念品やQUOカードなどを配る

お祝いとして多いのが、同伴のプレーヤーや日頃のゴルフ仲間に記念品を配る方法です。記念品はゴルフボール、グリーンフォークなどの小物から、ゴルフシューズケース、キャディバッグの収納カバーなど。相手のネームを入れると喜ばれます。

最近は、QUOなどプリペイドカードや手軽な嗜好品にトレンドが移っています。

ホールインワンの祝賀会や祝賀コンペを行う

ホールインワンのお祝いとして、ラウンド同伴者との小人数のお祝い会から、大人数の祝賀会、バブル期には祝賀コンペを開くことも行われていました。

仲間内の懇親会は小人数が多いですが、企業懇親会などでのホールインワンは祝賀会の招待者も多くなるので高額になります。そのような機会の多い方には、高額のホールインワン保険もあります。

ゴルフのホールインワン保険の証明方法や適用条件

ホールインワン保険を使うときは、ホールインワンをした事を客観的に証明することが必要です。次の3つの方法のいずれかで証明されます。

  • プレーの同伴者と、同伴者以外の第三者(通常は帯同キャディ)の両方による目撃を署名入りで証明
  • ホールインワンを証明できる映像記録
  • 公式の競技会などでのホールインワン

また、ホールインワン保険を適用するには次のような条件があります。

  • 適用できない被保険者はプロゴルファー、ゴルフ指導者、ゴルフインストラクターなど専門性の高い人
  • パーの数が一定以下のゴルフ場でのプレーは適用外
  • 被保険者の上限年齢は70~80才位まで

ゴルフ場はショートコースなどは適用外です。また、国内に限定するのが一般的で、海外のゴルフ場には適用されません。ホールインワン保険の証明方法や適用条件は保険商品で詳細が異なりますので、確認が必要となります。

ゴルフのホールインワン保険は実際必要?

ホールインワン保険の必要性

ホールインワンは突然やって来ます。確率は小さいとは言え、数十万円の出費は覚悟しなければなりません。お金に余裕がある人は別として、給与生活者には予定外で困惑します。そのため、手軽な保険金で補償してくれるホールインワン保険が作られました。

前述しましたが、ゴルフのラウンドにはホールインワンの他にも多くのリスクがあります。ショットしたボールが他人に当たって傷つけたときなど高額の補償責任が発生するので、ゴルフの傷害保険に入っておくと安心です。

ホールインワン保険は傷害保険の特約として付け加えられているので、安心のゴルフライフを送るためには総合型の傷害保険に加入しておくことはゴルファーとして務めといえます。

ホールインワン保険おすすめ3選|補償内容や金額を比較

以下では、ゴルファーにおすすめのホールインワン保険3選を紹介します。

\ おすすめ /

三井住友海上「ゴルフ保険(ゴルファー保険)」

三井住友海上「ゴルフ保険(ゴルファー保険)」

三井住友海上「ゴルフ保険(ゴルファー保険)」

三井住友海上火災保険が運用する通年型の総合ゴルファー保険です。コースはA,B,Cの3種類。最大2億円の第三者への賠償や、ゴルファーご自身の死亡・後遺障害とともに、ゴルフ用品の欠損やホールインワン・アルバトロスの費用が保険で支払われます。

年間の保険料はAコースが2,620円、Bコース8,950円、Cコース13,200円。ホールインワン・アルバトロスの補償額はBで30万円、Cが50万円です。

また、高額補償のプランや、希望に合わせた内容の設計ができます。インターネット(ネットde保険@ごるふ)で申し込めば翌日からOKとなります。

保険名三井住友海上「ゴルフ保険(ゴルファー保険)」
保険会社三井住友海上火災保険株式会社
保険料Aコース:2,620円
Bコース: 8,950円
Cコース:13,200円
補償内容●第三者への賠償
Aコース:1億円
Bコース:2億円
Cコース:2億円

●ご自身の怪我

◆死亡・後遺障害
Aコース:400万円
Bコース:500万円
Cコース:500万円

◆入院(1日につき)
Aコース:4,000円
Bコース:6,000円
Cコース:6,000円

◆通院(1日につき)
Aコース:2,000円
Bコース:3,000円
Cコース:3,000円

●ゴルフ用品
Aコース:20万円
Bコース:25万円
Cコース:30万円

●ホールインワン、アルバトロス
Aコース:ー
Bコース:30万円
Cコース:50万円
保険期間1年間
保険始期日契約始期日の午後4時
ネット申し込みなら翌日
主な補償内容ゴルファー賠償責任補償/ゴルファー傷害補償/ゴルフ用品保証/ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応海外適用(ただしホールインワン・アルバトロス費用補償は国内のみ)
加入年齢制限●保険契約者(申込人)
満18才以上、満80才以下

●被保険者(補償を受ける人)
満80才以下
公式サイト三井住友海上「ゴルフ保険(ゴルファー保険)」公式サイト

楽天損保「ゴルフアシスト」

楽天損保「ゴルフアシスト」

楽天損保「ゴルフアシスト」

楽天損保「ゴルフアシスト」は楽天グループの楽天損害保険が運用する年間契約のゴルフ保険です。ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの3クラスとも第三者への賠償保証が1億円付いているので安心です。

保険料は1年間3,180円から7,520円と手頃で、ホールインワン・アルバトロスを出せば10万円、20 万円、30万円の3種類が保証されます。申し込みは365日24時間対応で、プレー当日でもOKです。

クレジットカード払いに加えて、楽天ポイントでの支払いができるのも魅力です。

保険名楽天損保「ゴルフアシスト」
保険会社楽天損害保険株式会社
保険料ゴールド:3,180円
プラチナ:5,260円
ダイヤモンド:7,570円
補償内容●賠償責任
ゴールド:1億円
プラチナ:1億円
ダイヤモンド:1億円

●ゴルフ用品(自己負担額1万円)
ゴールド:10万円
プラチナ:20万円
ダイヤモンド:30万円

●ホールインワン・アルバトロス
ゴールド:10万円
プラチナ:20万円
ダイヤモンド:30万円

●死亡・後遺障害
ゴールド:300万円
プラチナ:400万円
ダイヤモンド:500万円

●入院日額
ゴールド:3,000円
プラチナ:4,000円
ダイヤモンド:5,000円

●通院日額
ゴールド:ー
プラチナ:1,000円
ダイヤモンド:2,000円
保険期間1年
保険始期日申し込み当日から可
主な補償内容ゴルファー賠償責任補償
ゴルファー傷害補償
ゴルフ用品保証
ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応海外適用(ただし、ホールインワン・アルバトロス適用は国内のみ)
加入年齢制限被保険者69才以下
公式サイト楽天損保「ゴルフアシスト」公式サイト

au損保「ゴルフ保険(ゴルファー向け保険)」

au損保「ゴルフ保険(ゴルファー向け保険)」

au損保「ゴルフ保険(ゴルファー向け保険)」

au損保のゴルフ保険(ゴルファー向け保険)は短期の旅行に対応した手軽で便利なゴルフ保険です。ゴルフプレー中のアクシデントをはじめ、出発から帰宅までの怪我や、ゴルフ用品の盗難・破損や他の人への賠償責任に加えて、ホールインワンやアルバトロスの費用までパッケージされています。

保険料は428円から1,303円と手軽で、ホールインワン・アルバトロスも10万円から30万円まで補償されます。日帰りから3泊4日まで3種類のプランがあり、旅行出発当日にも加入がOKです。

保険名au損保「ゴルフ保険(ゴルファー向け保険)」
保険会社au損害保険株式会社
保険料●日帰り・1泊2日
ブロンズ:428円
シルバー:693円
ゴールド:1,051円

●2泊3日・3泊4日
ブロンズ:530円
シルバー:857円
ゴールド:1,303円
補償内容●死亡・後遺障害
ブロンズ:100万円
シルバー:300万円
ゴールド:500万円

●入院保険金日額
ブロンズ:5,000円
シルバー:5,000円
ゴールド:5,000円

●手術保険金
25,000円または50,000円

●通院保険金日額
ブロンズ:500円
シルバー:1,500円
ゴールド:3,000円

●個人賠償責任
ブロンズ:5,000万円
シルバー:8,000万円
ゴールド:1億円

●携行品損害
ブロンズ:10万円
シルバー:20万円
ゴールド:30万円

●ホールインワン・アルバトロス費用
ブロンズ:10万円
シルバー:20万円
ゴールド:30万円
保険期間出発から帰宅まで
保険始期日出発当日
主な補償内容死亡・後遺障害/入院手術費用/通院費用/個人賠償責任/ホールインワン・アルバトロス費用/携行品侵害補償
海外プレー対応海外適用(ただし、ホールインワン・アルバトロスは国内のみ)
加入年齢制限●契約者
満18才以上

●被保険者
満74才以下
公式サイトau損保「ゴルフ保険(ゴルファー向け保険)」公式サイト

【Q&A】ゴルフのホールインワン保険について多い質問

以下では、ゴルフのホールインワン保険について多い質問・疑問に回答します。

Q&A

  • ホールインワン保険の適用で必要な書類は?
  • ホールインワン保険の上限金額の目安はいくらくらい?
  • セルフプレーだとホールインワン保険は適用外なの?

Q. ホールインワン保険の適用で必要な書類は?

前述したように、まずホールインワンした事を客観的に証明する書類が必要です。次に保険金の受け取りには領収書が必要になります。記念品や祝賀会の領収書には、祝賀費用であることを付記しましょう。

領収書の宛名は、上様などでなくゴルフ保険の被保険者の個人名を明記します。キャディさんへのチップは直接本人から領収書をもらいにくいのであれば、ゴルフ場に依頼しておくのもありです。

Q. ホールインワン保険の上限金額の目安はいくらくらい?

ゴルフ保険のプレミアムコースで支払われるホールインワンの上限金額の目安は、およそ100万円です。このときの賠償責任補償額は2億円程度、保険料は年間18,000円から23,000円位になります。

100万円の予算で想定される祝賀会の規模は、ゲスト1人単価10,000円で100人を招待できます。また、100万円の予算での贈呈は1人単価 5,000円で200人に贈ることになります。ご参考までの試算です。

Q. セルフプレーだとホールインワン保険は適用外なの?

原則として同伴キャディのいないセルフプレーは各保険とも適用外になります。

ただし第三者の目撃があると適用されることがあります。第三者とはゴルフ場使用人、ワン・オン・イベント業者、造園業者、工事業者、売店の事業者、先行・後続組のプレーヤーなどです。

先行・後続組のプレーヤーは同じ仲間でないことが前提です。同伴キャディ以外に第三者がホールインワンを目撃することは滅多にないことなので、セルフプレーは適用外と言ってもいいでしょう。

また、第三者の規定などは保険会社によって詳細が異なりますので、確認が必要です。

ゴルフのホールインワン保険について改めて整理

日本では、ホールインワンを達成した人がゴルフ仲間や周りの人にお祝いをする習慣があります。ホールインワン保険は不意の出費に対する備えです。ホールインワン保険はコースで怪我をしたり、他人にボールをぶつけときのための傷害保険の一部として組み込まれています。

ゴルフのスタイルは人それぞれですが、保険料もそれほど高くないので安心のゴルフライフを送るためにゴルファー保険を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事