1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 弾道測定器で計測時だけ「無茶振り」「スイング変更」するので正確なデータが測れない

弾道測定器で計測時だけ「無茶振り」「スイング変更」するので正確なデータが測れない

ゴルフライターT島が切り込む!フィッティングショップだから分かるゴルフギア最新事情/第8回

2021/07/31 ゴルフサプリ 編集部

クラブ購入やフィッティングの際、弾道計測器でデータをとることが当たり前になってきた昨今。実はこの弾道計測器が、クラブ選びに悪影響を与えていることもあるそうです。ゴルフライターT島が弾道測定器の功罪について、大蔵ゴルフスタジオ(東京都世田谷区)の市川代表に話を聞きました。

弾道計測器は便利だけど、計測数値に振り回されている人がいる?

ゴルフライターのT島です。今回のテーマは弾道計測器。皆さんも一度は計測したことがあるんじゃないでしょうか。最近では試合会場の練習場で使っているツアープロも増えましたね。大手量販店や、フィッティングスタジオでも導入している所が増えてきて、フィッティングスタジオには必須アイテムとなってきました。もちろん大蔵ゴルフスタジオにも導入されています。市川フィッターはこんな事を話してくれました。

「大蔵ゴルフスタジオも最新のトラックマンを導入しています。世界のトッププロも愛用しているオレンジのヤツです。でも最初のフィッティングでは使いません。」

えっ?、そう言えば大蔵ゴルフスタジオ、フィッティングはオークラランドゴルフの打席で行っていますね。

「トラックマンに限らず、最新の弾道計測器はハイブリッドカーが新車で買えるぐらいのお値段がします。データも正確ですし、昔メーカーさんが作っていた計測器みたいに、飛距離を盛ってくれないのでかなりシビアです。まあただ正確なだけなんですけどね(笑)。でも表示されるヘッドスピードや、飛距離に、“こんなはずはない”と無茶振りする人が少なくありません。フィッティングする時、いつものスイングじゃないと困るんですよ」

確かに、一世代前の計測器よりもシビア(正確)ですよね。大手量販店の試打打席で“おかしいなぁ”とマン振りを繰り返している人見たことあります。

「シャフトの振りやすさとかタイミングのとりやすさよりも、数値に目が行ってしまうんです。ミスばかりのシャフトが、一発だけまさかの最長飛距離だったりすると、“そのシャフトが欲しい”なんてことになります。奇跡の一発は出るかもしれませんが、平均飛距離は確実に落ちるでしょう」

わかるなぁ~その人の気持(笑)でも、普段のスイングにフィッティングしたいのに、いつもの自分でいられない。それは困りますよね。

「あと、これは男性の方に多いのですが、最新の弾道計測器は、ボールのデータだけでなく、スイングのデータも表示します。ヘッドの軌道のデータを見て、インサイドアウト過ぎるから、とかもっと上からヘッドを入れないと、なんてスイングを変えようとします。もうフィッティングどころじゃありません(汗)上級者の方でもミスを連発して、どんどん焦ってこられるという経験があります」

それは困りますよね、いつもの感じでフィッティングをしたいのに、数字に縛られてしまって、自分を見失う。流石にそうなったらフィッティングどころじゃなくなります。といってフィッティングに来られているのに、レッスンとかするわけにもいかず。なるほど、そういう理由ですか……。

私は仕事柄、弾道計測器の計測に慣れているので、自分のデータはだいたい把握しています。だから特に動揺しませんし、シャフトやクラブの差がわかりやすい。でも普通そういう方はとても少ないですよね。

弾道測定器のトラックマン

フィッティングして出来上がったクラブをさらに調整するために弾道計測器を利用

では、ぶっちゃけ聞きます。フィッティングに弾道計測器は要らない?

「多くのシャフトやヘッドから絞り込んでいく場合、あえて使いません。でも大蔵ゴルフスタジオは、フィッティングして出来上がったクラブをお渡しする際に“アフターフィッティング”というのをやっています。実際意図した性能が出ているか、クラブを調整することで、更に理想の弾道に近づけるとか、その場合弾道計測器はマストです。このお渡しする際の調整にこだわっているので、トラックマンを導入しました」

フィッティングして作ったクラブを更に追い込み、細かくセッティングしていく。なんだかF1レースのピット作業みたいですね。確かに弾道計測器があればそれはやりやすいですね。

「いろんなシャフトやクラブを打ってもらって、一番データが良いものを勧めるって、フィッティングじゃないと我々は思っています。飛距離は大切なファクターですが、それが全てではありません。ドライバーなら平均飛距離、アイアンなら思い描く弾道と狙ったポジションまで運ぶこと。大蔵ゴルフスタジオは、クラブじゃなくて、結果を提供したいんです」

弾道計測器、ほんとに便利でデータもわかりやすいですが、意外と落とし穴があるんですね。皆さんも、数字に縛られず普段着のスイングでフィッティングを受けて欲しいと思います。

▼T島氏のプロフィール
ゴルフ関連のライター、動画撮影編集、ブロガー、フォトグラファー、YouTuber的な(笑)、いろいろやってます。ゴルフ、クルマ、カメラ、音楽、映画、ガジェット、が好きです。以前は、店舗の運営、出店、立て直しを25年やってましたが、何故かこんな仕事をしています。

上記動画はT島氏が特派員ブログを勤めている東京都世田谷にあります大蔵ゴルフスタジオの説明。大蔵ゴルフスタジオ世田谷のクラブフィッティングの流れを説明しています。

取材協力/大蔵ゴルフスタジオ世田谷
住所:〒156-0053 東京都世田谷区桜3-24-1 オークラランドゴルフ練習場内
営業時間:11:00〜19:00
定休日:毎週月曜日
TEL:03-6413-9272
https://www.ogs-p.jp/


ゴルフライターT島が切り込む!フィッティングショップだから分かるゴルフギア最新事情

第7回(前回)へ 第9回(次回)へ

シリーズ一覧

関連記事