1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. シャフトの“硬さ”も“調子”も統一基準はないって知っていましたか?

シャフトの“硬さ”も“調子”も統一基準はないって知っていましたか?

ゴルフライターT島が切り込む!フィッティングショップだから分かるゴルフギア最新事情/第20回

2021/10/25 ゴルフサプリ編集部

大蔵ゴルフスタジオの代表でフィッターの市川氏

大蔵ゴルフスタジオの代表でフィッターの市川氏

ゴルフ雑誌やクラブのカタログで頻繁に目にするシャフトの硬さや調子の表示。「X」「S」「R」とか、先調子とか手元調子というが、その基準は各メーカーの独自のものだ。今回もゴルフライターのT島氏が切り込みます。

同じ「S」でもシャフトの硬さは様々。先調子と言っても様々なタイプがある

(T島)USTマミヤさんからアッタスの13代目アッタスKINGと言うシャフトが発売されます。今回は先調子ということで、私は手元がしなってタイミングが取りやすいシャフトが好きなので、全く期待せず打ってみたんですけど、とっても良かったんです。でも、そもそもシャフトの”調子“って誰が決めてるんですかね?

(市川)T島さん、私の時はなんだか難しいお題が多くないですか?

(T島)だって一応代表だし。

(市川)だから一応じゃないです!えーっと、またまたぶっちゃけ言うしかないですね……。各メーカーさんが決めています。

(T島)各メーカーさんの基準って聞いたことある?

(市川)もう知ってるくせに……。聞いたことないです。各メーカーの基準はあるようですが、公表していません。業界の統一基準もありません、ゴルフのルールでも謳われていません。

(T島)スイマセン、知っていて無理やり振っています。シャフトの“硬さ”も“調子”も統一基準はありません。各社が各社の基準で決めている。いや基準ってあるのかな?なんだか雰囲気で付けている気がします。

(市川)雰囲気……とまでは言いませんが、調子や硬さは幅がありますよね。大手クラブメーカーさんなんかは、アスリート向けモデルのSは硬いけど、シニア向けのSは柔らかいとか。

(T島)ダブル・スタンダードも当たり前な世界です。以前、先入観を持たないで欲しいと書いたのは、Sと言っても色々あるわけで、先調子と言ってもそれだけでは、なんとも判断できなかったりするからです。

(市川)ここは正直言います。メーカーさんが決めている”硬さ“”調子“では、それだけでは全く選択できないです。だからこそ僕らフィッターが要るとも言えますね。

(T島)そうですね、シャフトの“調子”に関しては、剛性分布図であるとか、シャフトの3点の硬さを図る3点剛性などで、よりわかりやすくしようとされています。

(市川)でも剛性分布図や3点、5点剛性なども、それぞれ基準が明確でありませんから、我々大蔵ゴルフスタジオではそのままでは使えないので、内緒ですけど大蔵ゴルフスタジオなりの基準を作ろうとしています。

(T島)内緒じゃないね。

(市川)まあどうするか?はまだ誰にも言ってないので内緒です。実はすでに基準はあるんですけど、それをわかりやすく共有するのが難しいんです。

(T島)なるほどね……統一基準ってなかなか作れないし、出来ない作れないことに文句を言っても仕方ないからね。暗いと不平を言うよりも進んで明かりを点けましょう的な……。

(市川)なんだか聞いたことあるフレーズですね。

(T島)どこかの偉い人が言ってた。

(市川)ですから、ほんと以前出た話ではありませんが、先入観ってフィッティングにとって厄介なんですよ。

アッタスの13代目アッタスKING
アッタスの13代目アッタスKING

クラブの長さの測り方は2種類あり

(T島)皆さんが、存在すると思っている基準、“硬さ”“調子”そして、あまり知られていませんがクラブの長さの測り方も、2つの種類があるんです。

(市川)はい。クラブの長さの測り方ですが、60度計測法とヒールエンド計測法というのがありまして、外ブラは60度を使っているメーカーがほとんど、国内メーカーはヒールエンド法が多かったりと、こちらもややこしい。

(T島)大蔵ゴルフスタジオでは60度計測法だっけ?

(市川)そうですね、ゴルフルールでは60度計測法で、ルール適合か否かを計測しているので、60度法で社内は統一しています。

(T島)ほんとややこしいわ!!!

(市川)そうですよね、だから話だけじゃクラブの実像が見えてこないです。お客様にお問い合わせいただくことがありますが、“〇〇の9度のS”では、我々にとって何も把握できないのです。メーカーとモデル名だけ……オマケに何年モデルというのでも変わってきますし……。

(T島)基準を統一するという話もあったんだけどなぁ。

(市川)そうですよね。でも我々は我々の大切なお客様のために、大蔵ゴルフスタジオ的な基準を決めてやっていきたいと思っています。

(T島)それを各メーカーに採用してもらおう。

(市川)ウチが率先して明かりを点けていきますよ!

T島氏

▼T島氏のプロフィール
ゴルフ関連のライター、動画撮影編集、ブロガー、フォトグラファー、YouTuber的な(笑)、いろいろやってます。ゴルフ、クルマ、カメラ、音楽、映画、ガジェット、が好きです。以前は、店舗の運営、出店、立て直しを25年やってましたが、何故かこんな仕事をしています。

上記動画はT島氏が特派員ブログを勤めている東京都世田谷にあります大蔵ゴルフスタジオの説明。大蔵ゴルフスタジオ世田谷のクラブフィッティングの流れを説明しています。

取材協力/大蔵ゴルフスタジオ世田谷
住所:〒156-0053 東京都世田谷区桜3-24-1 オークラランドゴルフ練習場内
営業時間:11:00〜19:00
定休日:毎週月曜日
TEL:03-6413-9272
https://www.ogs-p.jp/


ゴルフライターT島が切り込む!フィッティングショップだから分かるゴルフギア最新事情

第19回(前回)へ 第21回(次回)へ

シリーズ一覧

最新&人気ドライバー用シャフトおすすめランキング10選|選び方も解説!

自分のスイングや弾道に合わせて選ぶことによって、安定性や飛距離アップが期待できるパーツがシャフト。シャフトの今さら聞...

あわせて読みたい

最新&人気アイアンシャフトおすすめランキング10選|選び方も解説!

ドライバーのリシャフトがもはや当たり前になった昨今。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンのシャフトだって、とって...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事