1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. 小物
  4. スイングを可視化すればゴルフがガラっと変わる!? ポケットマネーで手に入る!弾道測定器がデビュー

スイングを可視化すればゴルフがガラっと変わる!? ポケットマネーで手に入る!弾道測定器がデビュー

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

2021/11/17 ゴルフサプリ編集部

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

ドップラーレーダーを使用して、弾道とクラブヘッドの動きを追跡。推定飛距離と方向、ヘッドスピードやアタックアングル、クラブパス、ボール初速など、多くの指標を分析可能。8月5日に日本で発売されたが、すぐに売り切れ9月15日現在でも欠品中。

GPS距離計のトップブランドガーミンが、レーダー式の弾道測定器を発売した。気になったのはその値段。ほぼドライバー1本分の価格設定だから、プロゴルファーのように、多くのゴルファーが自分の打席の後ろに測定器を置く時代がやって来るかも!?

GOLF TODAY本誌 No.593 107〜109ページより

アプローチR10で何ができるの?

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

まずは、アプローチR10で何ができるのか? 基本的な機能を紹介します。

無料の機能だけでも高額な測定器と遜色なし

アプローチR10は、無料で使用できる機能と有料(サブスクリプション)となる機能がある。有料のコンテンツはすべてシミュレーションゴルフの機能なので、測定器としての機能はどれでも無料で利用できる。

無料コンテンツで利用できる画面を見渡すと、数百万円する測定器と比べても全く遜色のない多彩なデータと分析結果が示されている。

ドライバー1本分の価格で、これだけのデータが得られれば超お買い得と言える。あとは、数字の見方を知っていることと、測定の精度という条件が揃えば、日ごろの練習でもクラブのフィッティングでも上達や飛距離アップ目的でも大いに役に立つツールとなるはずだ。

無料コンテンツ Driving Range

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    弾道と飛距離がアニメーションで表示される。

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    クラブごとの球の行方を、まとめて見ることができる。

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    インパクトのヘッド軌道やフェース向き、打球の打ち出し角スピン量、飛距離など。

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    スマホと連動してスイングの動画を撮影可能。

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    連続した複数の打球データを保存でき、後からデータをさまざまな表示形式で閲覧可能。

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    飛距離やヘッドスピードなど、主要な数値のみを大きく表示できる。

有料コンテンツ(サブスクリプション)

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    Hole Tee Hero 世界約42000コースを収録。計測データを使用してシミュレーションラウンドが可能。

  • 気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

    Weekly Tournament PGAツアーと同じコースをシミュレーションラウンドし、他のプレーヤーと競うモード。

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円
E6 CONECT 第三者が運営するシミュレーションゴルフ。3Dのリアルな映像でプレーできる。

ちゃんと測れるの、何の役に立つの? 実際に試してみた!

計測して表示される項目を見ると、練習にも、クラブ選びにも役立ちそうだが、使い勝手や精度など実際はどうなのか?試してみました。

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円
肉眼では見ることが困難な、インパクトゾーンのヘッド軌道や入射角を可視化できることが測定器の最大の利点だから、上手く活用したい。

コツが分かれば、大活躍間違いなし

これまでは、数百万の投資が必要だった弾道測定器が7万円台で手に入るので発売前から注目していました。実際に試した感想を率直に言うとデータの項目は十分なのですが、測定データの誤差が大きそうだということです。高価な測定器には、オートレベリング機能というものがついていて、マットと機器の設置場所の多少の高低差や傾斜は機械が自動で調整してくれますが、R10はさすがにこの機能はなく、正しい場所に正しく設置しないと誤差が出ると説明書にも書かれています。今回、テストしたのが、コースの練習場でR10を設置したのが芝の上だったので誤差がでていたものと考えられます。

とは言え、多少の誤差があっても、ヘッドの軌道と打球の分布は自分のスイングやショットの傾向がしっかりとでていましたので、これらを使って練習を行えばスコアアップに活用できますし、誤差が少なくなる設置のコツもあるはずですから、コツをつかめばクラブのフィッティングや入射角の矯正など、活用範囲が広がるはずです。

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円
ボールから1.8m飛球線上後方に置いて使用。マットと同じ高さで傾斜が無い場所に設置する。
気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円
付属のスマートフォンマウントでキャディバックに取り付ければ結果を見ながらショットを繰り返せるし、動画撮影時にも便利。

スイング軌道の傾向と打球の分布だけでも使う価値あり!

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

今回のテストでヘッドの入射角とバックスピンの計測誤差が大きく感じましたが、ヘッド軌道の傾向と打球の分布は納得できるものでした。打球の分布を見ながら練習すれば、ショットの精度が上がります。また、5球、10球打った時のスイング軌道の傾向を見ながら練習すれば、どうしたら軌道が変わるのか、練習の成果が出ているかどうかを自分で確認できるので、R10を使えば上達のスピードが格段に上がるはずです。

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

テスター

気になるギア|ポータブル弾道計測器「ガーミン アプローチR10」衝撃価格7万4800円

高橋良明
(たかはし よしあき)1983年生まれ、38歳、東京都出身。2013年プロ入会。サザンヤードCC所属、ツアーにチャレンジする傍ら、アマチュアのレッスンも行っている。

撮影協力/サザンヤードCC(茨城県)

ガーミン「Approach R10」を野村タケオが試打レビュー!

アマチュアでも「これなら!」と、思わず手を出してしまえるお手頃価格の弾道測定器がGARMINから登場しました! その名も「A...

あわせて読みたい

Apple Watchがゴルフに便利!活用方法とアプリおすすめ5選

日常生活で多くの人が利用するようになったApple Watch(アップルウォッチ)。実は、ゴルフをする上でも大変便利なアプリが数...

あわせて読みたい

関連記事