1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. 海外ニュース
  4. ミケルソンがサウジで爆弾発言!パンドラの箱が開き始めたか?

ミケルソンがサウジで爆弾発言!パンドラの箱が開き始めたか?

レックス倉本のGOLFアメリカンな話”ちょっと聞いて〜や‼︎”/第16回

2022/02/10 ゴルフサプリ編集部 レックス倉本

ミケルソンがサウジで爆弾発言!パンドラの箱が開き始めたか?

先週のAT&Tペブルビーチプロアマはトム・ホギーがツアー初優勝を飾りました。このコースですでに勝っているベテランのジョーダン・スピース、フェデックスチャンピオンのパトリック・キャントレーに対して、ツアー未勝利のホギーとボウ・ホスラーの面白い優勝争いとなりました。そして、何と言っても先週のペブルビーチでのハイライトはスピースの3日目の8番ホールのセカンドショット!今日はこのショットについて少し振り返ります。さらに、僕の頭をクラクラさせた同週に行われたサウジインターナショナルにまつわるお金の話とフィル・ミケルソンの怖いものなし発言にも少し触れたいと思います。

ペブルビーチで歴史に残るショットを放ったスピース

まずはAT&Tペブルビーチプロアマ。ペブルビーチはバックナイン最後5ホールは攻めていけばバーディが出てスコアをグングン伸ばせるし、守りに入ったらボギーも出てスコアを落とす、トーナメントとしたら面白いホールが続くのが特徴です。2000年のタイガーが6勝目をあげた時も上がり5ホールでパー、イーグル、バーディ、パー、バーディで大逆転勝利したのを記憶している方も多いでしょう。今回優勝したトム・ホギーも上がり5ホールで3つスコアーを伸ばしました。

そして、今年は優勝こそ逃しましたが先週1週間通して注目されたのはジョーダン・スピース。中でもやはりハイライトは3日目の8番ホールのセカンドショットです。ティショットのボールがクリフ(崖)の際に止まり、左足のすぐ横は大平洋に向かって真下に崖が落ちていて、おまけに左足下がりからちょっとでも体重が左にシフトしすぎてバランスを崩したら30メートル下の海に落ちて命の保証はないという、まあ何とも恐ろしい状況からのショットでした。

距離は打ち下ろしを計算してほぼ150ヤード、普通スピースならウェッジか9番アイアンで打てる距離ですが、あのショットは7番アイアンを持ってウェイトが間違っても左に行かないように、右にウェイトを残したまま、クラブもそんなに振らないから2番手大きめのクラブを持ってグリーンの手前でもいいからそこにボールを落とそうと打ったショットでした。結果的にグリーンの奥までボールは飛びましたがそこからパーをセーブし、その日は63と素晴らしいプレーをしました。歴史に残るショットでしたね。

スピースは「ハザードの中でもボールが見えて打てるのに打たない選択肢は自分にはなかった」とコメントしてましたが、キャディーにはやめろと何度も言われたそうですが、あとで冷静に考えたら打たないほうが良かったとも言っていて、奥さんと生まれて間もないサミーくんが現地にいたそうなんですが、何て奥さんにあのショットのことを説明したらいいのか頭を抱えていたそうです。

PGAツアーのスター選手約30人が出場したサウジインターナショナル

次に同週に行われた何かと話題を提供してくれたサウジインターナショナル。私は正直この試合で誰が勝つかということにはあまり興味はなく、逆にペブルビーチの試合を蹴ってサウジインターナショナルに出たPGAツアーのスター選手たちが、今度グレッグ・ノーマンがオーガナイズしようとする新ツアーの誘いを受けたというニュースがどこまで表に出てくるかな、ということを期待して見守っていました。

もともと欧州ツアーだったこの試合ですが、PGAツアーと欧州ツアーが協力してサウジツアーを阻止しようという動きになりアジアンツアーの一部なったのですが、それならノーマンがアジアツアーも協力しようという体制を作り、その象徴になったのがこの試合です。PGAツアーからは30人くらい今回は出場し、正確な数字は分かりませんが数千万円から数億円のアピアランスマネーが動いたと聞いています。

サウジツアーに関して漏れ伝わってくるお金の話だと、ダスティン・ジョンソンやブライソン・デシャンボー、フィル・ミケルソンなどはフル参戦するなら数百億円、イアン・ポールターやヘンリック・ステンソンらは30億円ほどの金額を提示されたそうです。

一体どれくらいのお金がゴルフ界を駆け巡っているんやー、と頭がクラクラのけぞりたくなります。さらに、面白いのが誰よりもいち早くサウジインターナショナルに出たいと表明していたミケルソンの先週の発言。PGA ツアーはお金を儲けすぎだ!と、ある意味PGAツアーを批判。

今年民放と結んだ放映権が年間700億円にものぼることなど、ツアーで動く金額が化け物のような数字の業界になっていることは事実。もうひとつミケルソンは面白いことを言っています。これは選手が肖像権を保有すれば、民放のテレビ中継に頼らず選手がトーナメントを独自で中継できるという趣旨のものだと思います。

今回のPGAツアー選手が大量のアピアランスフィーをもらって試合に参加した話、ミケルソンの怖いものなし的な発言と新しい発想を見聞きして『ゴルフ界のパンドラの箱』が開き始めた1週間じゃないかな、と思った次第でした。

まだまだここに書ききれなかったことがいっぱい。さらに詳しい話の続きは、下記「レックス倉本のBYTC GOLF」のYouTube音声動画で引き続きお楽しみ下さい。Podcast、Anchorでも配信中。「レックス倉本」で検索してください。

レックス倉本

▼レックス倉本 プロフィール
本名は倉本泰信(くらもとやすのぶ)。1991年プロゴルファーに転向/コメンテーター歴14年広島出身。広島カープの大ファン。毎朝、目覚めとともにカープの試合状況をチェックするのが日課。大学時代をアメリカで過ごしたとき、唯一日本のブリヂストンのボール”Rexter”を使っていたのでゴルフ部のチームメイトから”REX”(レックス)と呼ばれるようになる。アマチュアゴルファー時代は、広島県の瀬戸内高校ゴルフ部からアメリカのオクラホマ州立大学を経てイーストテネシー州立大学ゴルフ部で腕を磨く。在学中には2度オールアメリカンに選出され、1990年に日本アマチュア選手権優勝、全英オープン出場を果たす。大学卒業後、1991年に日本のプロテストを合格しプロデビュー。その後、ヨーロピアンツアー、カナダツアー、アジアツアー、日本国内ツアー(1995年2部ツアーの賞金王に輝く)に参戦。2007年より米国ゴルフチャンネルでUS PGA Tour 、European Tour、US LPGA Tourなどのコメンテーターとして活躍。現在はフリーランスとしてGOLF TVでの解説のほか、 NHK、WOWOWでUS PGA Tour、US LPGA TOURの現地レポーターとしても活躍中。


レックス倉本のGOLFアメリカンな話”ちょっと聞いて〜や‼︎”

第14回(前回)へ 第17回(次回)へ

シリーズ一覧

50歳でもメジャーに勝てる! IQ200の天才フィル・ミケルソンに自信と確信を授けたゴルフドクター

ゴルフ番組やゴルフ雑誌ではあまり語られることのないトピックを、ゴルフジャーナリストやトーナメント中継の解説者として活...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事