1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. 才色兼備の中空マッスルアイアン!! キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

才色兼備の中空マッスルアイアン!! キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

2022ニューモデルを関浩太郎が試打インプレッションVol.15

2022/04/27 ゴルフサプリ編集部

キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

スイングコーチ兼クラブフィッターの関浩太郎が今回試打したのはキャロウェイ「ローグSTプロアイアン」。4つのラインナップからなるシリーズにあって唯一の中空構造ながら、見た目はマッスルバックのよう。にもかかわらず高い飛距離性能と操作性を兼備、より小さい番手でターゲットを狙えるという。

鑑賞にも耐え、打ったら世界最強。まるで日本刀のような一品

キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

シリーズ唯一の中空構造ながら、最もコンパクトでシャープなヘッドを持つのがこのモデル。4番からPWまでの7本をラインアップしている。

「まずバックフェースのデザインがカッコいい。ステルスアイアンもいいデザインでしたが、あちらは角張った感じでミリタリーっぽかった。対してこちらは角張ったところが一つもない、本当にきれいな曲線美です。メッキもミラーメッキで、こちらも非常に美しい。所有欲を満たすデザイン、メッキ、フォルムで、鑑賞にも耐える芸術品といった雰囲気。

でも、打ったら世界最強の武器になる。まるで日本刀のような一品ですね。構えてみるとヘッドサイズはすごくコンパクト。ヒール側が低くてトゥ側にボリュームを持たせたティアドロップ型で、いわゆる“アメリカ顔”です。

キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

ちなみに“日本顔”はヒール側も高くて両方の高低差が極端に大きくないボックス型です。ティアドロップにしたことで、フェースの開閉に代表される操作性がいい印象が構えた段階でもてます。

トップブレードはそれほど薄くない。プロモデルというネーミングからするとやや厚め、グースも多めに入っています。ヘッドサイズはコンパクトでティアドロップですが、ブレードのちょっとした厚みと多めのグースが相まって難しさを相殺していますから、とっつきにくい感じは全くありません。トゥ側が少しシュッと右に逃げた感じもあるので、強振しても左に飛ばない顔でもありますね」

中空でも打感が柔らかくボールがグシャッと潰れる感じ

「構造は今後主流になってくるであろう中空、ヘッドの中身が空洞です。その特徴でもありますが、パキン!と共鳴して、いい意味での弾け感がある。爽快感があってウッドみたいに楽に飛ぶ感じがあります。反面、人によっては打感がカタくて球離れが早い印象をもつかもしれません。中空は好みの差が出るとは思いますが、僕的には中空でもかなり打感が柔らかく、ボールがグシャッと潰れる感じがあります。弾け感というよりは、長く持ったボールを最後の最後でリリースする感じですね」

これはフェース裏でかなりの面積を覆っているウレタン・マイクロスフィアの効果か。フェースのたわみを阻害せずに、インパクトフィーリングを向上させる独自のテクノロジーだが、このモデルは、かつその面積がかつてなく広い。多少のミスヒットでも打感を損なわずソフトな感触を得られるという。

キャロウェイのローグといえばAI設計だが、このアイアンにもしっかり導入。しかもこのモデル独自にアップロードされている。例えばFLASHフェースSS22では、モデル別、ターゲット別に最適化がなされたが、今回はそれに加え、飛びの3要素であるスピン量、打ち出し角、ボール初速の組み合わせを含めた新しいアルゴリズムによってAIが設計している。を弾き出した。また、フェースカップにも着目。より高強度のカーペンター450と呼ばれる素材を使い貪欲にボール初速の向上を図っている。

2022年最新アイアンおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2022年最新のアイアンおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者はもちろん、上級者からも人気のアイアン全20クラ...

あわせて読みたい

スイングの操作にクラブの位置と向きがダイレクトに反応

キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

「打ってみると球筋は基本ストレートに近いですが、自然とドローが入ります。10ヤードとまではいかないけれど、5~10ヤードの感じでドローしやすいですね。操作性についてはつかまりやすのでドローは苦もなく打てます。つかまりすぎないようにするとストレートが打てるので楽です。フェードもイメージに近い球が出てくれました。操作性はかなりいい。ハーフウェーダウンで軌道を内から入れたり、外から入れたりがすごく安心してできる。スイングの操作にクラブの位置と向きがダイレクトに反応してくれます」

低い球も打ってみると、

「中弾道くらいの打ち出しで少しホップする感じになるのでかなり止まると思います。低い球はアゲンストの風とかライが悪い時に打つことが多いだけに、バックスピンがいつもより強くかかってくれないと使い道がないのですが、このモデルについては、そのあたりの操作性も高いと思います」

キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

メーカー曰く、トウ側のソールに近い下部にはプレシジョン・タングステンウェイトと呼ばれるウェイトを搭載している。これにより重心位置がフェースセンターへと配置、同時に低重心化もなされ、ミスヒット時にもしっかりと飛距離が出るやさしさとボールの上がりやすさを実現しているということだ。

「ローグSTプロは見た目の顔の印象通りの性能をもったアイアンです。フェースは小さいけれど芯は結構大きいですし、グースが入ってつかまりもいい。このヘッドサイズからイメージするよりもずっとやさしい才色兼備のプロモデルですね」

関浩太郎

試打解説/関浩太郎
(せき こうたろう)1974年生まれ、茨城県出身。アメリカで最新のゴルフ理論を学びながら、ミニツアーを転戦。帰国後、クラフト技術を学んだ後、「SEKI GOLF CLUB目黒」を主宰。多くのアマチュアゴルファーのサポートを行い、さまざまなゴルフメディアでも活躍している。


2022ニューモデルを関浩太郎が試打インプレッション


Vol.14(前回)へ Vol.16(次回)へ

シリーズ一覧へ

【2022年】ゴルフ初心者向けアイアンおすすめ10選|選び方も解説

この記事では、ゴルフ初心者におすすめのアイアン10選を紹介します。 ゴルフを始めてしばらくは、人から貰ったおさがりの...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事