1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は、今までのアイアンの常識をぶち壊してスコアアップさせてくれる!

『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は、今までのアイアンの常識をぶち壊してスコアアップさせてくれる!

ミズノの『JPX 923 HOT METAL』3兄弟をコースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証する!

2022/09/12 ゴルフサプリ編集部 篠原嗣典

ミズノの『JPX 923 HOT METAL』

『JPX 923 HOT METAL』の3種類のアイアンは、どんなアイアンか?コースに持ち込んで、その真相をレポートする。

撮影/篠原嗣典

『JPX 923 HOT METAL』と『PRO』は飛距離もスゴいし、アイアンとして完成している

ミズノの『JPX 923 HOT METAL』

ミズノは、2022年9月16日に『JPX 923 アイアン』シリーズの5機種を発売する。
『JPX 923 HOT METAL』、『JPX 923 HOT METAL PRO』、『JPX 923 HOT METAL HL』、『JPX 923 FORGED』、『JPX 923 TOUR』である。

古くからのミズノファンのゴルファーは、『JPX』ブランドをセカンドポジション的なイメージでとらえがちだが、実際には『JPX 900 TOUR』と『JPX 919 TOUR』はメジャーを制覇したアイアンになり、国内ツアーに目を向けてみると2021年から2022年シーズンで『JPX』シリーズのアイアンは国内ツアー13勝している。

つまり、実績を見れば見るほど、堂々のミズノのメインブランドになっているのである。

今回は5機種の内の『JPX 923 HOT METAL』シリーズの3機種をピックアップ。
三兄弟アイアンと呼ぶ人もいるが、新しい『JPX 923 HOT METAL』は、双子と異母兄弟という関係が成り立って面白いのだ。

3機種に共通の新しいところは、「ニッケルクロムモリブデン鋼精密鋳造」でヘッドを作っているところである。
現在、アイアンの最新素材のトレンドはクロモリと略されている「クロムモリブデン鋼」であるが、ミズノはその先をいく素材で新しい『JPX 923 HOT METAL』シリーズを作ったのだ。

新素材は、飛行機で耐久性が必要な部分に使われている合金で、クロモリより強度が約35%高い。
結果として、今までよりもフェースを薄くすることが出来て、「溶接なしのカップフェース構造」によって、未知の高反発の領域に引き上げたのだ。

そして、「Vシャーシ」というバックフェースの形状で、重量配分を最適化することで、スイートエリアを拡大して、フェースセンターにスイートスポットを配置することが可能になった。

理屈はほどほどにして、早速、試打をしてみた。

『JPX 923 HOT METAL』と『JPX 923 HOT METAL PRO』は双子のようなアイアンだ

JPX 923 HOT METAL

『JPX 923 HOT METAL』と『JPX 923 HOT METAL PRO』は双子のようなアイアンだ。
ロフトのスペックは全番手ピッタリと同じで、7番アイアンが28.5度。ぶっ飛び系アイアンに近い。
最初は、リリースの資料が間違っているのかと思った。なぜなら、兄弟アイアンでも1度はロフトを変えて、個性を出すのがセオリーだからだ。

アドレスをしてみると、その謎はすぐ解ける。
『JPX 923 HOT METAL』も、キャビティのモデルとしては、かなりシャープで無駄がないのであるが、『JPX 923 HOT METAL PRO』は、シャープさがより増していて、ツアーモデルのようなストレート感が溢れるアドレスビューなのだ。

コースで打ってみると、その個性はもっと際立つ。『JPX 923 HOT METAL』は、少しボールをとらえる動きをして、『JPX 923 HOT METAL PRO』は、少し逃がし気味で、絶対に左に行かせないという意思すら感じるのである。
これには、ちょっと驚いた。

JPX 923 HOT METAL PRO

プロ用のアイアンは、市販品以外に、素材と中身の機能は同じなのに、このように味付けが違うクラブが用意されていることがあるが、『JPX 923 HOT METAL』と『JPX 923 HOT METAL PRO』は、まさにそれなのである。
こんな贅沢な選択が出来ることに感謝するゴルファーは多いはずだ。

弾道も高弾道のストレートとややフェードで違いがあるが、特筆すべきは飛距離性能だ。
この二機種は、ぶっ飛び系アイアンの中に入れても、かなり飛ぶのだ。ロフトよりも明らかにキャリーが出て、それでいて、その場で止まろうとするスピンもかかる。

ミズノと言えば、打感の良さ、だというコアなファンには、新素材の「ニッケルクロムモリブデン鋼」は、今までの感触とは少し違うので戸惑うと思うが、その新素材は、確実に飛距離を稼いでくれる。

それでいて、その他の部分は、本格的なアイアンなのだ。
やさしいアイアンが好きなプロ、飛距離が欲しい女子プロやシニアプロが使用することを想定して作り込まれたのが、打てば打つほどわかるアイアンに仕上がっている。

今まで、プロしか体験できなかった経験ができる夢のアイアンが、『JPX 923 HOT METAL』と『JPX 923 HOT METAL PRO』である。

選択に迷うゴルファーへ!わかりやすいポイント

『JPX 923 HOT METAL』は、純正シャフトが「N.S.PRO 950neo」のSフレックスとカーボンの「22 MFUSION i」のRスレックスの二種類だけ。

『JPX 923 HOT METAL PRO』は、「ダイナミック ゴールド 105」S200のみ。
このシャフトが打てるなら、こっちです、という感じで決めれば良いのだ。

『JPX 923 HOT METAL』と『JPX 923 HOT METAL PRO』は、作り込まれたアイアンのプライドが見え隠れするのである。
自らが中級者とか、上級者だと思うゴルファーは、『JPX 923 HOT METAL』と『JPX 923 HOT METAL PRO』は経験してみるべきアイアンだ。
新しい素材が、その個性をフルに発揮するのは、普通は二代目とか、三代目だったが、このアイアンは、その歴史を変えるだけのポテンシャルを持っている。

メインは『JPX 923 HOT METAL』である。やさしさと本格的な部分と飛距離性能のバランスが想定を超えている。

違う視点で見てみると、『JPX 923 HOT METAL PRO』のアドレスビューやヘッドの大きさなどのアイアンで、ここまでの飛距離性能があるアイアンは、僕の知る範囲で存在しない。
ある意味で、邪道な感じもする反面、夢のようなアイアンでもあるのである。

パワー不足でもスコアアップをしたいなら『JPX 923 HOT METAL HL』を使え!という新セオリーが生まれる

JPX 923 HOT METAL HL

『JPX 923 HOT METAL HL』は、一見すると“???”が連発するアイアンだ。
ちなみに、『HL』は“ハイ ローンチ”の略。高く打ち上げる専用アイアンである。

7番アイアンのロフトが31度。これはクラシックなアイアンのロフトより約1番手分立っているが、2022年の市場では、31度というロフトはスタンダードで、特別感がない。
やさしいアイアンは、やさしいだけではなく、飛ばせることも求められる市場の中で「このロフトで大丈夫か?」と心配してしまうのだ。

冒頭で、3兄弟の中での異母兄弟が『JPX 923 HOT METAL HL』だと書いたのは、スペックなどを見ただけだとこのアイアンだけは、イマイチとらえどころがない、と感じたからだ。

しかし、実際にコースで打ってみて、『JPX 923』シリーズのしんがりを努める『JPX 923 HOT METAL HL』の存在感の大きさに驚愕することになった。

市場にはありそうでなかった!『JPX 923 HOT METAL HL』を打ってみて

このアイアンで、救われるゴルファーはたくさんいる。
なぜなら、彼ら(彼女ら)を救済するアイアンが、市場には『JPX 923 HOT METAL HL』しかないからだ。

名称の通り、『JPX 923 HOT METAL HL』は、楽々高弾道のボールを打つことができる。ややボールをとらえる挙動はあるものの、ストレート系のボールが打ちやすくなっているアイアンである。

まず、この部分の機能がスゴい。
市場にあるやさしいアイアンは、飛ばなければダメだという優先順位があるので、ここまで楽に高い球が自然に出てしまう簡単さがないからだ。

『JPX 923 HOT METAL HL』の凄さは、それでいて、しっかりと飛び系アイアンの飛距離も楽々出せることだ。
クラシックなアイアンよりも1番手強のキャリーが出て、高さとスピンを融合させて、その場で止まるボールが打てる。

さらに、小細工を認めないオートマチックな再現性がスゴい。
試打ラウンド中、高低の打ち分けや、少し抜いたりして、飛距離に影響するかをチェックしようとしたが、どんな打ち方をしても、フルショットしたところまでボールは飛んでしまうのだ。
ある意味で、この頑固さというか、簡単さには驚かされた。

パワー不足で、球が上がりにくくなったゴルファーや、レディースのクラブだとボールが暴れてスコアが安定しないが、男性用だとオーバースペックになってしまう女子ゴルファーは、巷にたくさんいる。
肌感覚だと、ゴルファーの全人口の3分の1は該当するように思う。
しかし、そんなゴルファーたちに向けて開発されたアイアンは、市場にはありそうでなかったのだ。

『JPX 923 HOT METAL HL』は、ハイボールを打てれば、スコアアップできる全てのゴルファーにオススメしたい。
試打ラウンドの後半では、諦めずに、『JPX 923 HOT METAL HL』を打ってみてと大声で叫びたくなった。

直近急上昇記事

ちなみに、『JPX 923 HOT METAL HL』の純正シャフトは、カーボンの「22 MFUSION i」のRフレックスのみである。
この組み合わせが、ベストマッチなのだ。このシャフトに合わせて、チューニングをしたのだとわかる仕上がりになっている。

最後に、『JPX 923 HOT METAL』三兄弟には、「G」「S」のウェッジがオプションで用意されている(HOT METALとPROは共通)。

過去のぶっ飛び系アイアンは、このギャップウェッジとピッチングウェッジの飛距離差が大きくなりすぎて、スコアアップを狙うアイアンとしてのむずかしさに直結してきたが、『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は、上手くマッチするようになっている。
ショートアイアンは狙えるアイアンで、ミドルアイアンは飛ばすアイアンとして調整されているのだ。

自分に合いそうな予感があれば、四の五の言わず、『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は試してみるべきである。
今まで知らなかった未知のゴルフをしたいゴルファーには、その扉が開くはずである。




篠原嗣典

篠原嗣典
ロマン派ゴルフ作家。1965年生まれ。
東京都文京区生まれ。板橋区在住。中一でコースデビュー、以後、競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れる青春を過ごして、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店を経て、2000年にメルマガ【Golf Planet】を発行し、ゴルフエッセイストとしてでビュー。
試打インプレッションなどでも活躍中。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。


コースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証
←『B-Limited 415 ドライバー』
新しいアイアンの伝説を作る『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』を打てることは幸せである!→

前回へ 次回へ

シリーズ一覧へ

『これは 飛ぶドライバー だ』ミズノの2022ニューモデル「ST-X 220」「ST-Z 220」をプロと編集部が試打

2022年3月11日に発売されたミズノの最新ドライバー「ST-X 220」と「ST-Z 220」の性能を、ゴルフサプリ編集部員とゴルフサプリ...

あわせて読みたい

ミズノ アイアンおすすめ9選|価格・スペック徹底比較

軟鉄鍛造アイアンに代表される打感の良さや形状の美しさが人気のミズノのアイアン。歴代のモデルにも、未だに高評価を受ける...

あわせて読みたい

篠原嗣典の他の記事を読む

ゴルフウェアのシャツの裾、入れる?入れない? 戸惑うゴルファーと噂の真相!

ゴルフの虜になってもうすぐ半世紀。年間試打ラウンド数は50回。四六時中ゴルフのことばかりを考えてしまうロマン派ゴルフ作...

あわせて読みたい

ゴルフ初心者あるある。知らない人とのラウンドで緊張...どんな雑談をすれば良いの?

ゴルフの虜になってもうすぐ半世紀。年間試打ラウンド数は50回。四六時中ゴルフのことばかりを考えてしまうロマン派ゴルフ作...

あわせて読みたい

関連記事