1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 新しいアイアンの伝説を作る『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』を打てることは幸せである!

新しいアイアンの伝説を作る『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』を打てることは幸せである!

ミズノの『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』をコースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証する!

2022/09/22 ゴルフサプリ編集部 篠原嗣典

ミズノの『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』

『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』は、新たな伝説を作れるのか?コースに持ち込んで、その真相をレポートする。

撮影/篠原嗣典

『JPX 923 TOUR』は、トーナメントアイアンとしてカリカリに仕上げてあるアイアンだ!

『JPX 923 TOUR』

2022 JPX 923 TOUR アイアン(6本セット) Dynamic Gold 120 スチールシャフト

NIKIGOLF onlineでの販売価格
138,600 円(税込)
あわせて読みたい

ミズノは、2022年9月16日に『JPX 923 アイアン』シリーズの5機種を発売した。
『JPX 923 HOT METAL』、『JPX 923 HOT METAL PRO』、『JPX 923 HOT METAL HL』、『JPX 923 FORGED』、『JPX 923 TOUR』である。

『JPX』シリーズは、いくつかの伝説を作ってきた。シリーズの『JPX 900 TOUR』と『JPX 919 TOUR』はメジャーを制覇したアイアンになったし、直近では、2021年から2022年シーズンで『JPX』シリーズのアイアンは国内ツアー13勝しているのだ。これは驚異的な勝率である。

2年振りのモデルチェンジをした『JPX 923 TOUR』『JPX 923 FORGED』は、新たな伝説を作る宿命を背負って生まれてきたアイアンだ。

『JPX 923 TOUR』は、“鍛え上げられたツアー性能“、『JPX 923 FORGED』は、“飛び、打感、やさしさのバランス性能”というコピーだ。どちらも、シンプルだが、グッと来る良いコピーである。

『JPX 923 TOUR』

バリバリのツアーモデルだ。前モデルも完成度が高いアイアンだったので、大きく変わったところはないように見えるが、『JPX』シリーズで初めて、「銅下メッキ」が採用された。『ミズノ プロ』で復活した「銅下メッキ」は、ツアープロの間では大評判になっていて、特に米ツアーでは評価されている。『JPX 923 TOUR』は、米ツアーでの使用を考慮しているというわけだ。

『JPX 923 TOUR』は、「グレーンフローフォージドHD 軟鉄鍛造」で製造されていて、ヘッドの下部の密度が高くなるようになっている。

『JPX 923 FORGED』と共通のテクノロジーは、「Vシャーシ」というバックフェースの形状だ。重量配分を最適化することで、スイートエリアを拡大して、フェースセンターにスイートスポットを配置することが可能になったという。

『JPX 923 FORGED』

4番〜7番までは「クロムモリブデン鋼精密鍛造」、8番以下は「軟鉄鍛造」である。『HOT METAL』シリーズが、「新素材精密鋳造」で製造されていることを考えると、鍛造アイアンは『JPX 923 TOUR』と『JPX 923 FORGED』の2機種だけということになる。

ミズノのアイアンが好きというファンには「鍛造テクノロジー」に惚れているので、『JPX 923 TOUR』と『JPX 923 FORGED』には、自然と注目することになる。

『JPX 923 FORGED』も、国内女子ツアーのプロより、大きな変更はしないで欲しいという要望があって、見た目ではあまり変わっていない。とはいえ、鍛造したヘッドをソールから掘削して「アンダーカットキャビティ」になっていて、これにより、高反発フェースに磨きがかかり、飛距離性能が向上したという。

『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は、今までのアイアンの常識をぶち壊してスコアアップさせてくれる!

『JPX 923 HOT METAL』の3種類のアイアンは、どんなアイアンか?コースに持ち込んで、その真相をレポートする。 撮影/篠...

あわせて読みたい

コースで試打してきた

『JPX 923 TOUR』は、クラシックなアイアンのロフトと同じで、プロモデルのマッスルバックと変わらない。
『JPX 923 FORGED』は、約1番手分ロフトが立っていて、いわゆる飛び系アイアンのスペックになっている。

この手のアイアンは、芝生の上で打ってこそ、わかるというものだ。早速、コースで打ってみた。

『JPX 923 TOUR』を試打してみて

『JPX 923 TOUR』は、アドレスビューが美しい。ヘッドの小ささも、無駄がなく機能美を感じさせるのだ。
注意したいのは、ボールを包み込むようにインパクトすることで機能するという点で、開いて構えるとボールはつかまらずに逃げてしまう。

前モデルよりも、ヘッドが薄くなった感じがするが、実際には、ソール後方を落としただけだという。その分、抜けは良くなったというが、元々抜けは良いので、大きく違うというよりも、チューニングの範囲内という感じだ。

打音は、音量も適量で、音質も革系と金属系がミックスして良い感じ。打ち応えはしっかり目で、芯に当たった抜け感は澄み切っていて快感だ。弾道は、やや高めの中弾道だが、パワーがあるゴルファーであれば、高弾道になると思われる。

マッスルバックのアイアンよりも、少しスピンは少ない。その分、曲がりも小さい傾向があるが、一般的なアイアンと比較すれば、何倍も敏感にボールを曲げることが出来る。

感心したのは、思っていた以上に、ミスヒットしたときに飛距離が落ちないことだった。飛距離性能は、クラシックなアイアンと同じで、飛ぶわけではない。

●『JPX 923 TOUR』はどんな人におすすめ?

スピンコントロールにこだわりがないパワーヒッターにオススメだ。マッスルバックアイアンよりも、距離感が合わせやすいと感じた。

そして、左にボールが行きづらい。これもスゴい。引っかけを恐れずに振っていけるアイアンは、市場には少ないので、素晴らしい個性になって、プラスポイントになっている。

さらに、小細工なしで振っていきたいゴルファーとの相性が良い。ツアーモデルとしては、かなりオートマチックに打てるアイアンである。カッコイイアイアンではあるが、見栄を張って使えるほど甘くはないのも事実である。本当に自信がある人だけに使って欲しい。

『JPX 923 FORGED』を試打してみて

『JPX 923 FORGED』

『JPX 923 FORGED』は、ひと言で書くと、やさしすぎないことに注意してチューニングしたアイアンだ。
プロユースのアイアンでは、ときに、やさしさが邪魔になることがあるが、そうならないように作り込んだ感じがした。

程良い大きさのヘッドは、美しく、構えやすい。特に、ヘッドが小さくなっていくショートアイアン、ウェッジへの流れはお見事で、惚れ惚れする。

打音は小さめ。音質は残響がなく、大人しい音。打ち応えは、抜けるような芯感はミズノらしくて好感を持った。手応えは、ビックリするほど敏感である。弾道は中弾道。浮力が最低限な強いボールが出る。しっかりと打たないと右にボールが抜けてしまうところは、『JPX 923 TOUR』と一緒に仕上がりが感じた。

曲げるのにも、敏感に反応して、なかなか面白い。ボールを曲げて打ちたいゴルファーに『JPX 923 FORGED』はオススメだ。スピン性能も、なかなかで、その場に止まろうとしてくれる。

飛距離は、クラシックなアイアンの1番手アップより少し飛ぶ。前モデルより飛距離は出る。
ミスヒットすれば、弾道に敏感に出るが、結果として飛距離のロスは最小限になるところがスゴいと感心した。

●『JPX 923 FORGED』はどんな人におすすめ?

非力なゴルファーも含めて、ツアープロ用に作られたアイアンが使いたいゴルファーと、少し飛距離を助けて欲しいと考えるゴルファーにオススメである。

注意したいのは、前モデルよりもシビアなアイアンになっている感じがすることだ。
マッスルバックを体力不足で卒業したゴルファーとか、女子プロ、シニアプロの使用を意識しているのだと思われるが、それなりの腕前がないと使えないところが、ミズノらしいのである。

『JPX 923 FORGED』の純正シャフトは「ダイナミック ゴールド 105」と「ダイナミック ゴールド 95」の2種類が用意されている。このこだわりが、『JPX 923 FORGED』のチューニングがシビアに仕上がっている証拠だと思う。

まさにレースでも使えるが、公道も走れるスーパーカーのようなアイアンだ。
速く走れるようにチューニングされているが、ロングドライブでもちゃんと快適に運転できるみたいなイメージ。

法定速度とは無関係に最高速度を出さないと車の本領発揮が出来ないのが、『JPX 923 TOUR』だと考えるとわかりやすい。レース場を走るようにチューニングされているので、ライセンスを持ってないと運転が許されない、というイメージだ。

直近急上昇記事

憧れのアイアン、ここに誕生

『JPX 923 TOUR』と『JPX 923 FORGED』は、打ち手を選ぶので、多くのゴルファーにとっては、見守るだけの憧れのアイアンになるかもしれないが、伝説が作られていく過程を見る生き証人にはなることが可能だ。

そういうアイアンの楽しみ方があっても良いと、『JPX 923 TOUR』と『JPX 923 FORGED』は教えてくれているのかもしれない。




篠原嗣典

篠原嗣典
ロマン派ゴルフ作家。1965年生まれ。
東京都文京区生まれ。板橋区在住。中一でコースデビュー、以後、競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れる青春を過ごして、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店を経て、2000年にメルマガ【Golf Planet】を発行し、ゴルフエッセイストとしてでビュー。
試打インプレッションなどでも活躍中。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。


コースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証
←『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は、今までのアイアンの常識をぶち壊してスコアアップさせてくれる!
ステルス グローレ ドライバーは、ハイドローでぶっ飛ばしたいアマチュアの味方!→

前回へ 次回へ

シリーズ一覧へ

『JPX 923 HOT METAL』3兄弟は、今までのアイアンの常識をぶち壊してスコアアップさせてくれる!

『JPX 923 HOT METAL』の3種類のアイアンは、どんなアイアンか?コースに持ち込んで、その真相をレポートする。 撮影/篠...

あわせて読みたい

【2022年】ミズノ ユーティリティおすすめ3選|価格・スペック徹底比較

JLPGAツアーでミズノ契約の西郷真央選手、吉本ひかる選手らが活躍していることで、ミズノブランドの評価はさらに高まっていま...

あわせて読みたい

関連記事