1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. 人気モデルの融合!スパイダーにもトラス!! スパイダー GT ブラック TM1/TM2 パター

人気モデルの融合!スパイダーにもトラス!! スパイダー GT ブラック TM1/TM2 パター

2022ニューモデルを関浩太郎が試打インプレッションVol.41

2022/09/24 ゴルフサプリ編集部

スパイダー GT ブラック TM1/TM2 パター

スイングコーチ兼クラブフィッターの関浩太郎が今回試打したのはテーラーメイドの「スパイダーGTブラック」パター。世界のトッププロに支持されている「スパイダー」の最新作。登場するや多くのゴルファーの信頼を勝ち取ったトラスホーゼルを搭載することで一層安定感を増したモデルに仕上がった。

トラスネックとネオマレットの融合で芯がさらに広く

  • スパイダー GT ブラック TM1 トラスヒール

    スパイダー GT ブラック TM1 トラスヒール

  • スパイダー GT ブラック TM2 トラスセンター

    スパイダー GT ブラック TM2 トラスセンター

独創的な新ウイング構造で新たに広がりを見せているスパイダーGT(グランドツアー)。4:2:4の重量配分でミスヒットに強く安定性も高いと評判だ。

「トラスネックは効果のほどを実感している人も多いと思います。実際、これでたくさん優勝しているツアープレーヤーもいます。これまでトラスはブレード型、細身のヘッドタイプしかありませんでしたが、ついにネオマレット、それも大人気のスパイダーGTのバージョンが出ました。

トラスネックはインパクトで芯に当たらなかった時にヘッドのブレが少ない構造。バトミントンのラケットとテニスラケットの違いみたいな感じでしょうか。また、ブレードタイプとネオマレットの違いは重心深度。スパイダーとの融合で芯がさらに広くなりそう。上から見た場合の視覚効果もありますね」

トラスデザインとは、ヘッドとホーゼルを三点で接続する設計。ホーゼル中央部の重量を削って重量配分を見直すことで、インパクト時のフェースの安定性を高めるデザインが可能になった。

  • スパイダー GT ブラック TM1 トラスヒール

    スパイダー GT ブラック TM1 トラスヒール

  • スパイダー GT ブラック TM2 トラスセンター

    スパイダー GT ブラック TM2 トラスセンター

やっぱり出た!スパイダーGT TM1・TM2パター試打したら、想像と違ってた

話題のクラブや最新作など、気になるゴルフギアを読者の皆様に代わって、編集部員が試した使用感を編集部内の掲示板の会話で...

あわせて読みたい

TM1、2とも座りがよく柔らかい打感で食いつきがいい

スパイダー GT ブラック TM1 トラスヒール

スパイダー GT ブラック TM1 トラスヒール

性能アップの秘密はトラス構造だけではない。スパイダーシリーズ初の「オープンフレームマルチマテリアルデザインを採用。ウイング形状のスチールウェイト90gをヘッドの両サイドに配置し、総重量の約82%が外側にくる重量配分となった。これがインサートに搭載されたPure Roll™2と相まって、しっかりした打感を実現しつつ順回転を演出する。PURE ROLL™2とはTPUとアルミニウムの複合素材とのインサートで、そこに施した45度の溝がトップスピンを発生させるという。

スパイダー GT ブラック TM2 トラスセンター

スパイダー GT ブラック TM2 トラスセンター

「モデルはネックがヒール寄りに入ったTM1とセンターネックのTM2があります。TM1のヘッドバランスはやや軽め。座りが非常によくポンと置いた時にフェース面が安定するので繊細にフェースを向けやすい。打感は柔らかく、球の食いつきもあるのでインパクトの強弱が感じやすい。タッチをコントロールしやすいですね。

一方、TM2は振った感じのバランスが軽く感じます。たぶん数値的には変わらないと思いますが……。TM1同様こちらも座りはいいですね。違いはセンターネックの方がインパクトのダイレクト感がよりはっきりすることです」

スパイダーとトラスが融合して、足し算ではなくかけ算になったテーラーメイドのパターが出現!

『スパイダー GT TM1 パター』は、トラスホーゼルとスパイダーの融合でどんな効果があるのか? コースに持ち込んで、その謎...

あわせて読みたい

やさしく打てるTM1、繊細にコントロールできるTM2

軽量アルミニウムボディも特徴の一つ。軽量6061アルミニウムを使用したトップブレードはわずか145g。パター中央部の軽量化に成功した。また、塗装仕上げに比べて耐久性が高く高級感を醸すアルマイト仕上げと、ヘッドが締まって見えるつや消しの黒を採用した。さらに、ターゲットに対し明確にラインイメージできる3ドットのサイトラインが正確なパットを後押しする。

「どちらかというとTM2は上級者向け。芯が広いのはTM1。TM2は若干狭いですが、より繊細なコントロールができます。TM1は100切りから90切りを目指す人におすすめで、やさしく打てます。もうちょっと上手になるとTM2ですかね。ただショートパットはTM2の方が打ちやすい。ロングパットはTM1ですね。サイトラインの長さが違いますが、このあたりは好みで選んでいいと思います」

直近急上昇記事
関浩太郎

試打解説/関浩太郎
(せき こうたろう)1974年生まれ、茨城県出身。アメリカで最新のゴルフ理論を学びながら、ミニツアーを転戦。帰国後、クラフト技術を学んだ後、「SEKI GOLF CLUB目黒」を主宰。多くのアマチュアゴルファーのサポートを行い、さまざまなゴルフメディアでも活躍している。
関浩太郎 GOLFTV


2022ニューモデルを関浩太郎が試打インプレッション

Vol.40(前回)へ Vol.42(次回)へ

シリーズ一覧へ

センターシャフトパターの特徴・メリット|おすすめクラブ10選も紹介

センターシャフトのパターはフィーリングが合えばゴルファーにとって最強の武器となります。畑岡奈紗選手も2021年9月に米女子...

あわせて読みたい

2022年最新パターおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2022年最新のパターおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者はもちろん、上級者からも人気のパター全20クラブを...

あわせて読みたい

なんとなくで選んじゃダメ!パターの適正長さは前傾角度とヒジの曲げ方でほぼ決まる

いま使っているパターの長さを知っているだろうか? ほとんどの人は把握していると思うが、その長さが自分に適しているかど...

あわせて読みたい

関連記事