1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 11/19発売!スリクソンZXドライバーはMarkIIで何が変わった?編集部で試打してきました

11/19発売!スリクソンZXドライバーはMarkIIで何が変わった?編集部で試打してきました

気になるギア|スリクソンZXドライバーMarkII 3モデル試打

2022/11/10 ゴルフサプリ編集部

スリクソンZXドライバーMarkII

NEWスリクソンZXシリーズが発表された。10月20日が正式の発表日だが、これより前に適合クラブリストに掲載され、ツアープレーヤーが使用を開始。実戦投入間もなく、勝みなみがZX7 MarkIIを使用して日本女子オープンを制覇。そのポテンシャルの高さを証明して見せた。そんなスリクソンZX MarkIIドライバーを小誌編集部員がアマチュア目線で試打した。

GOLF TODAY本誌 No.606 145〜147ページより
取材・構成・文/大塚賢二 撮影/相田克己 協力/サザンヤードCC(茨城県)

松山英樹ら契約プロも実戦投入!スリクソン「ZX5 MkⅡ ドライバー」「ZX5 MkⅡ LS ドライバー」「ZX7 MkⅡ ドライバー」登場

スリクソン「ZX MkⅡシリーズ」からドライバー3モデルが登場。「ZX5 MkⅡ ドライバー」「ZX5 MkⅡ LS ドライバー」「ZX7 MkⅡ ド...

あわせて読みたい

フルチタン化で、速性能が大幅UP!?ロースピンモデルを追加して3モデルに!

ネーミングも素材も予想外の変更だった

スリクソンZXドライバーMarkII

10月20日スリクソンZXシリーズのNEWモデルが正式に発表された。ZX5・ZX7マーク2というネーミングはすでに知られていたが、正直「マイナーチェンジなの?」という印象だった。

それ以上に意外だったのは、素材の変更だ。4年前のモデルから採用して来たカーボンコンポジットを捨て、マーク2ではフルチタンに変更されている。
カーボンコンポジットがドライバーの主流というトレンドの中でフルチタン化は“進化”というより“回帰”という印象が強い。

スリクソンZXドライバーMarkII

フルチタン化で打球音が高くなり、打感も弾き感が強くなった。ナイスショットした時の満足感がUP。実際の初速の速さも実感できる。

あえて今、フルチタン化に踏み切った理由は“初速の追求”にあるようだ。
カーボンコンポジットによる最大のメリットは“低重心化”だが、現在の技術ならフルチタンでも同等の低重心化は可能。ならば、ヘッド全体のたわみで反発性能を上げるためのフルチタン化なのだ。

最大飛距離を得るためには、初速の最大化と、打ち出し・スピン量の最適化が必要、打ち出しとスピンはロフトやシャフト、ヘッドの重心位置で変えられる。そこで、低スピンバージョンのLSを投入。肝心の初速性能はヘッドの性能に依存する。だから、初速性能を追求してフルチタン化を断行した。そんな意図がマーク2からは読み取れる。

モデルごとにウェイト位置を変更

スリクソンZXドライバーMarkII

3つのモデルでソールウェイトの取り付け位置を変え、重心深度や重心角等を変えている。

フルチタン

スリクソンZXドライバーMarkII

今回のモデルチェンジの最大の変更点。カーボンクラウンからフルチタンになった。

リバウンドフレーム構造

スリクソンZXドライバーMarkII

前作に搭載されていたリバウンドフレーム構造は継承。フルチタン化でさらに反発UP。

シャフト

スリクソンZXドライバーMarkII

純正シャフトはオリジナルのDiamana。5と5LSは50g台、7は60g台となっている。

気になる、NEWスリクソンを読者の皆様に代わり、編集部員二人がアマチュア目線で試打

のみ助,ゴルフライダーK

スリクソン|ZX5 MarkII

ZX5 MarkII

【SPEC】
●ヘッド体積/460㎤
●ロフト/9.5、10.5度
●ヘッド素材/フェース:SuperTIX51AFチタン、本体:811 Plusチタン+ウェイト
●シャフト/Diamana ZX-II50(SR、S)
●価格/7万9200円

のみ助 スイートエリアが広そうな安心感がある丸形のヘッドで、見た目通りに直進性がスゴイ、ほとんど曲がらない感じです。上がりやすいのでやさしさもあるよね。

ゴルフライダーK 擦った~と思っても、想像の半分以下しか曲がりませんな。それから、出だしのボール初速が上がっているように感じる。前作より確実に飛ぶでしょ。

スリクソン|ZX5 MarkII LS

ZX5 MarkII LS

今回、ロースピンタイプのLSが追加されている

【SPEC】
●ヘッド体積/460㎤
●ロフト/9.5、10.5度
●ヘッド素材/フェース:SuperTIX51AFチタン、本体:811 Plusチタン+ウェイト
●シャフト/Diamana ZX-II50(SR、S)
●価格7万9200円

ゴルフライダーK アドレスの見た目はZX5マーク2と変らない感じですね。打感や打音も、初速の速さも変わらないけど、かなりスピンが減りますな。球の高さが出た時はこっちの方が飛ぶ。

のみ助 形は5と一緒ですね。本当にかなり低スピンで、やさしい形だけどハードヒッター向きって感じ。オレは元々スピンが少なめなので、打ち出しが低いとドロップ気味になる。

スリクソン|ZX7 MarkII

ZX7 MarkII

【SPEC】
●ヘッド体積/450㎤
●ロフト/9.5、10.5度
●ヘッド素材/フェース:SuperTIX51AFチタン、本体:811 Plusチタン+ウェイト
●シャフト/Diamana ZX-II60(S)
●価格/8万1400円 ※ダンロップ セレクトショップのみで販売

のみ助 これは形が違う。少し小さいしヘッドの幅もちょっと狭くて洋ナシ系。結構ディープフェースで手強そうだけど、意外とやさしい。5より少し曲がりやすい=曲げやすい感じだな。

ゴルフライダーK 最初は、見た目で少しリキミやすかった。慣れたら大丈夫だったけど。確かに左右の曲がりは5より少し大きくなるけど、これでフツーな感じだと思うな。やっぱり初速は速い。

テスター

ゴルフライダーK,のみ助
(左)ゴルフライダーK(右)のみ助

ゴルフライダーK ゴルフ歴18年。平均スコア96。スライスが持ち球のアベレージゴルファー

のみ助 ゴルフ歴35年。平均スコア90。パターでスコアを稼ぐシニアゴルファー

2024年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|5月27日更新!

2024年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

SRIXON(スリクソン) 今だから言える驚きのストーリー

ゴルフメーカーの商品開発におけるドラマチックな業界裏話をメーカー勤務経験のフリーライター・嶋崎平人が語る連載企画。今...

あわせて読みたい

松山英樹もマスターズで使用!スリクソンZX5/ZX7ドライバーの飛びは!? どちらも高初速だけど、直進性と操作性で選ぶなら!?

世界最高峰のPGAツアーのトッププロをターゲットに開発された『スリクソンZX5ドライバー』と『スリクソンZX7ドライバー』。そ...

あわせて読みたい