1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 海外ニュース
  4. LIVゴルフの裏にはノーマンとトランプ前大統領らの親密な関係性があった

LIVゴルフの裏にはノーマンとトランプ前大統領らの親密な関係性があった

佐渡充高のテレビでは語れなかったPGAツアー

2022/12/04 ゴルフサプリ編集部

グレッグ・ノーマン,クリントン元大統領

(左:グレッグ・ノーマン/右:クリントン元大統領)クリントン元大統領は心臓バイバス手術前日にもかかわらずノーマン主催の津波被害支援チャリティコンペに出場。

ゴルフ番組やゴルフ雑誌ではあまり語られることのないトピックを、ゴルフジャーナリストやトーナメント中継の解説者として活躍する佐渡充高が取り上げ、独自の見解とともにお届けします。

GOLF TODAY本誌 No.606/115ページより
写真/Getty Images

LIVゴルフは1日にしてならず!歴代米国大統領とグレッグ・ノーマンの親交

グレッグ・ノーマンの家族

両親からゴルフとビジネスを継承。ゴルフはハンデ4の母トイ二の影響で。母はグレッグ出産直前までプレーを楽しんでいた。父マービンはエンジニアから投資家へ。プロゴルファー転向に反対で確執もあったが、95歳の今は最大の理解者。両親、2歳上の姉ジャニスは豪州在住。

LIVゴルフ実現はプロ生活45年グレッグ・ノーマン夢の集大成のようだ。莫大な資金提供は彼への絶大な信頼や期待あってのこと。

世界ランク1位を311週という圧倒的強さで築いた栄光のエッセンスや、歴代の米国大統領や政財界要人との交流で会得した貴重な経験を全投入しているように感じる。

特にLIV絶賛のトランプ前大統領の存在は大きい。8試合による2022年LIVゴルフ招待シリーズ3戦目と、最終戦は所有ゴルフ場での開催だ。

これは単なるディールではなく長年培われた信頼関係で決まった。

20年以上前、トランプ氏はノーマンにコース設計を依頼。当時からノーマンは未来を見据えたビジョンを描き、時短で楽しめる12ホールなど他の設計とは一線を画していた。

ゴージャス好みのトランプ氏とは対極で何度も修正を要求された。が、この話し合いが互いを深く知る契機になったという。

ノーマンは豪州国籍で投票権はないが常にトランプ氏を支持、擁護している。大統領当選が決まった際に在米豪州大使は伝手がなく、真っ先にノーマンにトランプ氏の携帯番号を聞き祝意を伝えたそうだ。

第3戦目には長男や長女イヴァンカ一家も勢揃いしノーマンと談笑。大統領上級顧問として活躍した娘婿ジャレッド・クシュナー氏にターンブル豪首相(当時)ら要人を紹介するなど家族ぐるみの関係だ。

元大統領たちとの親密な交際

最初の妻ローラ

試合出場で中東を訪れた際のパーティで。左は最初の妻ローラ。

大統領との親交で最も知られる高裁クリントン元大統領(当時50歳)との「80切れずに脚切った」騒動だろう。

97年3月15日深夜1時にフロリダ州ノーマン邸内の階段で転倒。憧れの選手(当時41歳)からレッスンを受けプレーするためお忍びで訪れていたのだ。

右ヒザを強打し救急車を要請、すぐに空路でメリーランド州へ移動し緊急手術を受けた。瞬く間に報道合戦となりノーマン邸上空はヘリが飛び交い大騒動。

これでノーマンとの親密な交際が公になり、後に全快祝いでホワイトハウスを訪れたノーマンとの再会も大きく報じられた。

元大統領たちは退任後にノーマン主催のチャリティコンペに参加し、クリントンとブッシュ元大統領が党派を超え仲良くプレーする姿も。

ブッシュ一家とも親しく、弟ジェブ・ブッシュ氏ともフロリダ州知事時代に頻繁にプレー。4年前にブッシュ(父)大統領の葬儀に親族に交じってノーマンの姿があった。

ノーマンは若い頃から中東開催の試合にも度々出場。文化、習慣、考え方も熟知、時間をかけ信頼関係を築き、中東各地のゴルフ場設計も担ってきた。

LIVゴルフは突如出現したわけではなく、長い時間をかけ熟成するヴィンテージワインのごとく練り上げられ誕生した。

松山英樹スペシャルバイト?!Indeed 松山英樹・ABEMAとチャリティゴルフ番組を制作&番組制作に携わる特別なお仕事の募集開始

松山英樹とスポンサー契約を結ぶ「Indeed」は松山英樹と共にゴルファーを目指す子ども達を応援するためにチャリティゴルフ番...

あわせて読みたい
佐渡充高イラスト

●文/佐渡充高
さど・みつたか
上智大学法学部卒業。1985年に渡米し、USPGAツアーを中心に世界のゴルフを取材。NHKゴルフ解説者。


【佐渡充高のテレビでは語れなかったPGAツアー】
←タイガー・ウッズ招集の緊急会合!なぜそこに松山英樹の姿がなかったのか
NBA最高のシューターステフィン・カリーのゴルフ愛あふれる二刀流→

前回へ 次回へ

シリーズ一覧へ

タイガー・ウッズ招集の緊急会合!なぜそこに松山英樹の姿がなかったのか

ゴルフ番組やゴルフ雑誌ではあまり語られることのないトピックを、ゴルフジャーナリストやトーナメント中継の解説者として活...

あわせて読みたい

タイガー・ウッズがPGAツアー改革に乗り出した原動力!?1997年にアーノルド・パーマーと交わした約束

ゴルフファンであれば、この春に勃発したPGAツアーとグレッグ・ノーマンが興した新ツアー「LIVゴルフ」の対立はご存じでしょ...

あわせて読みたい

ぶっちぎりに強い米国選抜に世界選抜が勝つには?プレジデンツカップの見方

9月22日(木)から25日(日)まで、米国選抜と世界選抜の対抗戦であるプレジデンツカップが開催されます。今年はLIV GOLFの出...

あわせて読みたい

理想のアイアンシャフトがついに日本上陸!トゥルーテンパーの新作はグリーンにピタリと止まらせる

数多くのゴルフギアの中から、アナタのゴルフを進化させてくれるスグレモノや要注目の新製品を紹介します。今月のイチ推しは…...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事