1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. 淡い期待をして挑んだデビュースコアは「147」。それでも「急がば回れ」で100切り達成

淡い期待をして挑んだデビュースコアは「147」。それでも「急がば回れ」で100切り達成

時間と金をかけずにシングルになったゴルフコーチ・山下セスのゴルフ上達論No.2

2022/12/15 ゴルフサプリ編集部 山下セス

ゴルフ場,カート

ゴルフコーチングアドバイザー&ゴルフライターの山下セスです。
ココだけの話、時間とお金があれば誰でもシングルになれます。では、なぜ時間とお金もない私が、シングルになれたのか?「早く、安く、上手くなるゴルフ」その秘密をこれから皆さんにお伝えしていきます。

スピード感のある上達には、計画がとても大事!

今回はワタシが2回目のラウンドで100切り、3回目で90切りを達成できた理由についてのお話です。まず、役に立ったのは学生時代のある経験です。

学生時代、卓球をしていた私は年間の試合回数と時期を確認してから練習計画を立てていました。早期にゴルフを上達させるため、この経験を参考にすることにしました。

業務命令に近い形で始めたゴルフには、タイムリミットは1年・90台スコアでプレー、この2点が決まっていたので、逆算思考による綿密かつ大胆な計画を立てました。

逆算思考による計画
● 1年後は、99でプレーする
● 6ヶ月後は、コースデビュー
● 3ヶ月後は、ショートコースデビュー
● 最初の3ヶ月でゴルフの型を覚える

おおまかに、上記のような計画を立てました。
まず最初の3ヶ月間で、職場の上司に言われた【まっすぐ100ヤード飛ばす】、【パターは3回で入れる】を最優先の目標にしました。

自宅練習法

  • 【まっすぐ100ヤード飛ばす】ための練習は、ゴルフ用スイングバットで毎日100回素振り
  • 【パターは3回で入れる】のためには、毎日パターマットで2mのパットを15分練習

この自宅練習を続けて3週間経ったある日、7番アイアンで100ヤードまっすぐ飛ぶようになりました。

7番アイアンで何回打っても、まっすぐ100ヤード飛ぶようになったのがうれしくて、職場の上司に報告すると、なんと…コースデビューが早まったのです。

ゴルフの練習を始めて1ヶ月も経っていないのにコースデビューすることになってしまい、緊張と不安が押し寄せてきました。でも、まっすぐ100ヤード飛ばせれば4回くらい打ったらグリーンの近くに届くかも?という淡い期待もありました。(後でひどい目に遭ったが…)

ゴルフを始めて32日目でコースデビュー、デビュースコアは147

グリーン

デビュースコアは、147(79・68)でした。
スコアはともかく、一番のショックは100ヤードまっすぐ飛ばしても、池・バンカー・ラフに入ってからの脱出が難しく、グリーンにオンしても芝目・上り下りなどが何もわからず、お手上げ状態だったことです。

馬の背のようなフェアウェイ、縦長の池、グリーンにはとても繊細なアンジュレーションがあることにも衝撃を受けました。そして、買ったばかりのゴルフの本に書いてあった「パットイズマネー」、もとい「パットイズスコア」の意味がやっとわかりました。

コースからの帰り際、疲れ果て肩を落としている私に、職場の上司は「次のラウンドは1ヶ月後、同じコースで」と言いました。散々な結果で哀しい気分でしたが、なぜか悔しさが込み上げてきました。

そこで、気を取り直して、2回目のラウンドに向けての練習計画を練り直したのです。

2回目のラウンドに向けての練習計画
● 50ヤードのアプローチ
・4打目で必ずグリーンにオンさせるためにPWを練習する。
● 100ヤード以上の飛距離は望まない
・確実にフェアウェイを点と点でつなぐように打っていくことに集中する。
・2回打って、200ヤードの距離を稼ぐ。

練習以外のやれること
〇 18ホール全てのヤード数を洗い出して、100ヤードずつ何回でグリーンにオンできるか、徹底的に計算した。
〇 パー5は、6回でグリーンにオンできるようにフェアウェイをチェック。
〇 パー3は、グリーンを狙わず、フェアウェイから2オン・2パットで行く。

これらの練習と約束ごとを徹底して臨んだ2回目のラウンドの結果は96!ゴルフを始めて57日目のことでした。
めでたく100切りしましたが、上司に「まぐれかも?」と言われ、ひどく落ち込みました。

約2ヶ月で100切り達成できましたが、90台スコアを維持できるかはまだまだ不安でした。3回目のラウンドで90を切れたお話は次回のお楽しみに。

シングルプレーヤーが100切りのプランを教える!その秘訣はネガティブワードの禁止にあり?

ゴルフブロガーのもう少しでシングルです!ビジネスフレームワークを使って、効果的にスコアアップを目指す方法の第3回です。...

あわせて読みたい

誰でも100切りは可能です

「なぜゴルフをするのか?」目的と目標を設定して、計画を立てて、毎日継続できることから行動を起こすことが一番大事です。

早く上手になるコツ。それは「急がば回れ」です。
私はゴルフを始めて100を切るまでの57日間の間は、「急がば回れ」の精神で以下のことを行ったり、心がけてきました。

早く上手になるコツ

  • ゴルフの練習計画書を作ってみる(目標設定をしてみる)
  • ゴルフ日誌をつけよう(上手にできたことは必ず書き残す)
  • 力まない素振りを毎日続ける(ゆっくり振るとダウンスイングの速さがわかる)
  • 人の振り見て我が振りなおせ(スイングではなくゴルフマナー)
  • 100切りまでは「見ざる・聞かざる・言わざる」

「急がば回れ」の精神でコツコツと練習をしたとしても、ただやみくもにボールを打ち続けても、上達は見込めません。だからこそ、目標設定や練習計画が大事になると思います。

英国のゴルフ作家、バーナード・ダーウィンの名言もあるように、「賢明な練習」にこそ意味があるのです。

【バーナード・ダーウィンの言葉】
ゴルファーの練習のやり方には4種類ある。すなわち、むやみやたらと練習する者、賢明な練習をする者、愚かな練習をする者、全然練習をしない者である

2024年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|4月1日更新!

2024年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい




山下セス

山下 セス(ペンネーム)
ゴルフは仕事の一環だと思えばうまくなる!
ゴルフの楽しさを多くの人に「早く、安く、上手くなるゴルフ」を伝えるべく第二の人生アラ還からのゴルフライター活動開始。『Golf Bee College』主宰 ゴルフコーチングアドバイザー/日本ゴルフジャーナリスト協会会員


時間と金をかけずにシングルになったゴルフコーチ・山下セスのゴルフ上達論

前回へ

シリーズ一覧

10m以上のロングパットになると3パット確実な人、手もクラブヘッドも目標方向へ!

巷で人気の個性豊かなティーチングプロが、ワンポイントに絞ったレッスンで、アマチュア読者のお悩み解決に挑む! ゴルフ...

あわせて読みたい

連覇した20歳・岩井千怜の目標は、勇気・感動・楽しさをもっと与えられる人になること

岩井千怜が、最初から最後まで自分を貫いて、2週連続優勝を飾った。 硬軟取り混ぜた百戦錬磨のようなプレーぶりは、ルーキー...

あわせて読みたい