1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. 男子のツアープレーヤーの石毛一輝プロとラウンドしてきました!スイングの再現性の高さに驚いた

男子のツアープレーヤーの石毛一輝プロとラウンドしてきました!スイングの再現性の高さに驚いた

もう少しでシングルがシングルプレーヤーになった話

2023/04/21 ゴルフサプリ編集部 もう少しでシングル

石毛一輝プロ

ゴルフ仲間にアレンジしてもらい、男子のツアープレーヤーの石毛一輝プロとラウンドしてきました。ティーショットの動画を撮らせていただきましたが、スイングの再現性の高さにビックリしました!ラウンド後、「アマチュアゴルファーはパターをもっと練習した方がいい」というアドバイスももらいましたよ!

写真提供/もう少しでシングル

石毛一輝プロとは?

石毛一輝プロ

ゴルフ仲間に誘ってもらい、男子ツアープレーヤーの石毛一輝プロとラウンドしてきました。
(石毛プロにはこの記事の作成、写真と動画の掲載を快く了承いただきました。ありがとうございます)

石毛プロは1999年5月生まれの23歳。千葉県出身で、ツアープロが多く在籍する日本ウェルネススポーツ大学を卒業。

同級生には、東京オリンピックの銀メダリスト・稲見萌寧プロ、以前記事を作成した、プロテスト合格を目指す坂口瑞菜子さんがいました。

2020年にプロテストに合格。現在はツアートーナメント、ABEMAツアーに出場するために、QT(クオリファイングトーナメント)でランキングを上げられるよう活動しています。また、母校の日本ウェルネススポーツ大学でゴルフ部のコーチも務めています。

みなさんもぜひ応援してください!

石毛プロは写真からもにじみ出ていますが、まさに好青年。ラウンド中もランチの時も、同伴者にさまざまな配慮をされていました。

石毛プロのスコアは?

石毛プロとは、毎年日本ゴルフツアー選手権が開催されている宍戸ヒルズカントリークラブ西コースでラウンドしました。石毛プロは、日本ゴルフツアー選手権で使われる黒ティーでラウンド。私は宍戸ヒルズのメンバーですが、クラブ競技で使うのはひとつ前の青ティーです。

黒ティーからのホールの景色を見ることはほとんどありませんし、黒ティーの距離は7,400ヤード超と、青ティーと比べ500ヤードも長いので、難易度も相当違うと感じました

当日の石毛プロのスコアは78回。グリーンのエアレーションが行われたあとで、砂も撒かれていたので、グリーンがいつもより遅めでした。前半は、特にロングパットのタッチが合わずパット数が多めになっていました。あとは得意とするドライバーでOBが1回あったので、前半のスコアは残念ながらいまいち。

しかし、後半になるとパターが改善し、難易度の高い14番ホール以降は見事に1アンダーでプレーしていました。

▼スコアの表示は、○バーディ、ーパー、△ボギー、□ダボ

123456789前半101112131415161718後半Total
スコア413778
パット数213222222182213111211432
パーオン459

直近急上昇記事

次ページ:石毛プロのティーショット動画はこちら!

次のページ