1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. アマチュアの2大ミス徹底解決|ドライバーがスライスする原因・対策 Part7

アマチュアの2大ミス徹底解決|ドライバーがスライスする原因・対策 Part7

セットアップとスイングのポイント&ドリル

2019/09/15 ゴルフサプリ 編集部

正しいアドレスで予期せぬスライスが出たらスイングを疑うが、基本的な部分をチェックすれば大丈夫。

●アマチュアの2大ミスを徹底解決|ドライバーがスライスする原因・対策
Part1:速攻実践! 即効実感!スライス修正!右向き& 右肩かぶりのアドレスをなくそう!
Part2:「右向き」でスライスするワケ目標方向に振るとカット軌道になる
Part3:「右肩かぶり」でスライスするワケ|アウトからしかクラブが下りない
Part4:女子プロに聞いたスライスしないアドレスの約束事はなに?(1/3)
Part5:女子プロに聞いたスライスしないアドレスの約束事はなに?(2/3)
Part6:女子プロに聞いたスライスしないアドレスの約束事はなに?(3/3)
Part7:セットアップとスイングのポイント&ドリル

解説
三觜喜一
みつはし・よしかず 1974年生まれ。神奈川県出身。PGAティーチングプロ。「ゴルフは運動」をモットーに、意図したままに体を動かせることに重きを置き長年ジュニアの育成に尽力。現在は並行して辻梨恵らツアープロのコーチを行いながら日々スイングを研究している。

[スイングのポイント]地面にボールを投げつけるイメージでバック&ダウンスイング

クラブをインサイドに引くとスライスします
手にしたボールを地面にぶつけるには左の写真のように腕を振ります。クラブを持った場合も同じように動ければボールがつかまりますが、スライスする人はバックスイングでインサイドにクラブを引く。これはボールを投げるには不向きな動きです。

腕を振らずにアウトからクラブが下りるとスライスに。ボールを投げる時にはありえない形だ。

[インからダウンする感覚をつかむドリル]順手グリップでクラブを動かしてみよう!!

左手にグリップはそのまま、右手で上からクラブをワシづかみに。

順手だとアウトからクラブを下ろせない
テークバックからバックスイングをインサイドに引いてしまう人は、両手の甲が正面を向く順手グリップで握って動いてみましょう。手を浮かせずに動くにはインサイドには引けませんし、アウトからだとクラブを下ろせなくなります。

順手グリップではダウンスイングでクラブをインから下ろせるが(右)アウトからは下ろせない。(左)

[スイングのポイント]ストロンググリップは左ヒジの位置に注意

左ヒジが浮かないように左手をグリップ。右手は下から握る形になる。

左ヒジが浮いているとスライスになりますよ!
昨今のクラブに合わせてストロンググリップで握る人も多いですが、左ヒジが浮いた構えではクラブがインから下りてもフェースが開いてスライスになります。左ヒジを体につけて握るのが正しいストロング。これで体を回せばつかまります。

左ヒジが浮いたストロンググリップだとフェースが開いて当たる。

[スイングのポイント]右のお尻を残してダウンスイング

難易度は高いけど、このポイントはスライス防止のカギなんです!

ダウンスイングで右のお尻が前に出ず、後ろにある状態をキープできるとスライスしない。

左腰だけが戻るように動かしてみましょう
スライスする人は多かれ少なかれダウンスイングで体が起きて、右のお尻が前に出ます。ティアップしているドライバーではその傾向が顕著。難易度的には高いですが、右のお尻を残したまま左腰だけが戻るように動くとスライスしません。


アマチュアの2大ミスを徹底解決|ドライバーがスライスする原因・対策 Part7(終)



協力/TAIKANZ GOLF、修善寺カントリークラブ

GOLF TODAY本誌 No.567 034〜035ページより

●アマチュアの2大ミスを徹底解決|ドライバーがスライスする原因・対策
Part1:速攻実践! 即効実感!スライス修正!右向き& 右肩かぶりのアドレスをなくそう!
Part2:「右向き」でスライスするワケ目標方向に振るとカット軌道になる
Part3:「右肩かぶり」でスライスするワケ|アウトからしかクラブが下りない
Part4:女子プロに聞いたスライスしないアドレスの約束事はなに?(1/3)
Part5:女子プロに聞いたスライスしないアドレスの約束事はなに?(2/3)
Part6:女子プロに聞いたスライスしないアドレスの約束事はなに?(3/3)
Part7:セットアップとスイングのポイント&ドリル

関連記事