1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 2019年最新ゴルフシャフト|三菱ケミカル ディアマナZF シャフト

2019年最新ゴルフシャフト|三菱ケミカル ディアマナZF シャフト

ニューモデルシャフト特別企画 第一弾「国内男子ツアー」編

2019/10/28 ゴルフサプリ 編集部

ようやく始まった日本男子ツアーのシーズン後半戦。最新シャフトのシーディングも本格化してきたということで、テスト中のプロ、すでに実戦投入してるプロたちに取材を敢行。そして、その取材の中で聞かれた最新シャフトに対する感想は、「ほどよくしなり」「ほどよいつかまり感」「球が安定した」といったものが多かった。今夏の最新シャフトの性能は、そのどれもが“誰もがフィットしやすく、クセのない“八方美人”ともいえるもののようだ。

●日本男子ツアーの2019最新シャフト事情
Part1:男子プロが選んだのは “八方美人”シャフト!
Part2:藤倉コンポジット Speeder EVOLUTION VI
Part3:三菱ケミカル Diamana ZF
Part4:トゥルーテンパー Dynamic Gold EX Tour Issue
Part5:グラファイトデザイン TOUR AD XC|USTマミヤ ATTAS11|日本シャフト N.S.PRO MODUS3 HYBRID

三菱ケミカル ディアマナZF シャフト

高次元の飛んで曲がらないを実現させた集大成モデル

現行のディアマナラインアップの集大成とされる「ZF」は、弾道のバラつきを抑制する強さとインパクトに向けて力強く加速するしなやかさをプラス。すべてのパワーをボールに伝える。

現行モデルの良いところを集約!

「現行のディアマナ第四世代「BF」「RF」「DF」の良いとこ取りをしたシャフトです。手元と先はしっかりさせて、中間から先が走るようになっています。シャフト全体のしなりを感じてタイミングを取りやすいという声をいただいています」とレップの中島克則(なかしまかつのり)さん。従来モデルの安定感に飛びをプラスした集大成シャフト。安定して飛ばせると、プロからも高評価を得ている。

三菱ケミカル
ツアーレップ

中島克則さん

高い直進性と操作性にすぐれたシャフトです!

竹谷佳孝
(エー・エム・エス)
直進性と操作性に優れています。開幕戦の東建でプロトタイプを試して、すぐに実戦導入しました!とにかく真っすぐ飛んで、操作できるコントロール性能の高さが気に入っています。

ムチっぽいしなり方で飛びそう

池田勇太
(フリー)
セガサミーの練習日に60gのTXとXからテストを開始し、「このシャフトのしなり方はきらいじゃない。飛びそうなイメージ」と70g台も含めて検討し調整を行なっているという池田勇太。

打球がネジれず安定感が増しました

小鯛竜也
(フリー)
先が走り過ぎたり、手元が硬すぎるということもなく、シンプルなしなり方ですね。少し長めの45.5インチで組んだんですが、球がネジれることもなく安定して飛んでくれます。

しなり方も球の出方も文句なし!

海老根 文博
(フリー)
ミズノオープンから使っていますが、しなり方も、球の出方も文句なしですね。シャフトには飛びと方向性、さらに安定感とトータルバランスを求めますがコレは最高ですね!

商品のお問い合わせ先/三菱ケミカル
http://www.mitsubishichemicalgolf.jp TEL:03-6748-7606


2019年最新ゴルフシャフト|三菱ケミカル Diamana ZF


トゥルーテンパー Dynamic Gold EX Tour Issue へ続く

撮影トーナメント/ダンロップ・スリクソン福島オープン、セガサミーカップ

GOLF TODAY本誌 No.568 163ページより

関連記事