1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 日本男子ツアーの2019最新シャフト事情|男子プロが選んだのは “八方美人”シャフト!

日本男子ツアーの2019最新シャフト事情|男子プロが選んだのは “八方美人”シャフト!

ニューモデルシャフト特別企画 第一弾「国内男子ツアー」編

2019/10/26 ゴルフサプリ 編集部

ようやく始まった日本男子ツアーのシーズン後半戦。最新シャフトのシーディングも本格化してきたということで、テスト中のプロ、すでに実戦投入してるプロたちに取材を敢行。そして、その取材の中で聞かれた最新シャフトに対する感想は、「ほどよくしなり」「ほどよいつかまり感」「球が安定した」といったものが多かった。今夏の最新シャフトの性能は、そのどれもが“誰もがフィットしやすく、クセのない“八方美人”ともいえるもののようだ。

●日本男子ツアーの2019最新シャフト事情
Part1:男子プロが選んだのは “八方美人”シャフト!
Part2:藤倉コンポジット Speeder EVOLUTION VI
Part3:三菱ケミカル Diamana ZF
Part4:トゥルーテンパー Dynamic Gold EX Tour Issue
Part5:グラファイトデザイン TOUR AD XC|USTマミヤ ATTAS11|日本シャフト N.S.PRO MODUS3 HYBRID

藤倉コンポジット|スピーダー エボリューション6 シャフト

男子プロも“選ぶ”強いインパクトでも
ブレない安定性
最先端の技術と素材を用いて、エネルギーロスを極限まで抑え伝達効率にすぐれた「叩けるスピーダー」。インパクトの強さを追求しながら、飛距離性能とともに方向安定性も向上させた。

三菱ケミカル|ディアマナZF シャフト

高次元の
飛んで曲がらないを
実現させた集大成モデル
現行のディアマナラインアップの集大成とされる「ZF」は、弾道のバラつきを抑制する強さとインパクトに向けて力強く加速するしなやかさをプラス。すべてのパワーをボールに伝える。

トゥルーテンパー|ダイナミックゴールドEXツアーイシュー シャフト

コスメが刷新された次世代DGツアーイシュー
ツアープロが続々スイッチ中
すべてのプレーヤーに同じパフォーマンスを提供するべく新技術「ウェイトロック」テクノロジーを開発。シャフト自体のパフォーマンスに一切影響を与えず、製造上の個体差が解消させることに成功したダイナミックゴールドEXツアーイシューが、続々とツアープロの手に渡り始めた。

グラファイトデザイン ツアーAD XC/USTマミヤ ATTAS11/日本シャフト N.S.PRO MODUS3 HYBRID シャフト

“先”がしっかりめでロスなくボールに
パワーを伝える!
グラファイトデザイン TOUR AD XC

球が上がる! キャリーが伸びる!
飛びをJack!
USTマミヤ ATTAS11

スチールとカーボンのいいとこ取り!
UT専用“GOST”
日本シャフト N.S.PRO MODUS3 HYBRID


日本男子ツアーの2019最新シャフト事情|男子プロが選んだのは!適度なしなりでクセがない どんなスイングにも合う “八方美人”シャフト


2019年最新ゴルフシャフト|藤倉コンポジット Speeder EVOLUTION VI へ続く

撮影トーナメント/ダンロップ・スリクソン福島オープン、セガサミーカップ

GOLF TODAY本誌 No.568 160〜167ページより

関連記事