1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 【特集】ウェッジ黄金セッティング|ウェッジセッティングよくある間違い2つの例

【特集】ウェッジ黄金セッティング|ウェッジセッティングよくある間違い2つの例

PW以降のウェッジどうする?|これがウェッジ黄金セッティング Part2

2019/11/07 ゴルフサプリ 編集部

激飛びアイアンが人気かと思えば、メーカー各社からマッスルバックのニューモデルの発売も相次ぎ、アイアンの多様化は進む一方だ。気が付けばPW(ピッチングウェッジ)のロフトはモデルによって9度もの差が生まれていた。PW以降のウェッジのセッティングをどうすればいいのかを紹介する。

最新モデルの中でも人気のあるアイアンのPW のロフトを調べたら、スゴイことになっていた。

●PW以降のウェッジどうする?|これがウェッジ黄金セッティング
Part1:えっ! これ全部PWなの?
Part2:ウェッジセッティングよくある間違い2つの例
Part3:ツアープロでもPW+3本が主流!
Part4:タイプ別ウェッジ黄金セッティング
Part5:ウェッジ選びの基本 Q&A
Part6:ロフトバリエーション豊富なウェッジカタログ

鹿又芳典
ゴルフショップマジック代表。アマチュアだけではなくプロのクラブも手掛けるカリスマクラブコーディネーター。ゴルフクラブに精通し、さまざまなゴルフメディアで活躍中。

PWのロフトに起因するウェッジセッティングよくある間違い2つの例

[ケース1]アイアンを買い換えたけどウェッジはそのまま

新しいアイアンのセッティングではPW(ピッチングウェッジ)だとオーバーし、52度だとショートする、 “スキマ”の距離 が出来てしまった。その原因は間隔の開きすぎ

[ケース2]PW以降のロフトの間隔を揃えたけど、やっぱりダメ

ロフトが均等になっているはずなのに、実際に打つとPWと48度の 飛距離差が大きい 

ウェッジの選び方の基本

飛び構造のPWは表示ロフト以上に飛ぶ!!(これがケース2の原因!!)

表示ロフト2度が、飛び構造PWの実質的なロフト

超ストロングロフトと低重心設計と反発力の高いフェース素材で、飛距離性能を徹底追求したタイプ。

ポケットキャビティや中空構造と反発力の高いフェース素材プラス低重心設計で飛びとやさしさを追求。

本体は軟鉄が主流。ポケットキャビティや中空構造と反発力の高い素材をフェースに使用しているタイプ。

低重心設計と反発力の高いフェース素材を使用しているからウェッジ専用モデルとの親和性が薄くなりがち。

構造も重心高さも違うから表示ロフト-2度を基準にウェッジを選ばないと、ウェッジのロフトが大きくなりすぎる

マッスルバックや一体成型の軟鉄キャビティ、ハーフキャビティがこのタイプ。

PWの構造も素材もウェッジ専用モデルとほぼ同じ。重心位置もやや高め。

ほぼ同じ構造と素材だからウェッジをロフトで選んでOK


PW以降のウェッジどうする?|これがウェッジ黄金セッティング Part2


Part3へ続く

撮影協力/ジャパンゴルフスクール

GOLF TODAY本誌 No.569 92〜93ページより

【関連】アプローチ苦手の原因はウェッジ選びのミスが7割|失敗しない3つの選び方

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事