1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. 小物
  4. 【狙う】スピン系ゴルフボールのベストバイ3選|おすすめ理由を徹底解説!

【狙う】スピン系ゴルフボールのベストバイ3選|おすすめ理由を徹底解説!

2020/02/14 ゴルフサプリ 編集部

今買うべき人気のスピン系ゴルフボールが知りたい!そんなゴルファーに向けて、スピン系ゴルフボールおすすめ3選をご紹介します。気になるスペックや価格、おすすめポイントも徹底解説。スピン系ゴルフボールの購入や買い替えをご検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。狙った場所にピタッと止まるスピン系ゴルフボールを選んで、アプローチ上達とスコアアップを目指しましょう。

そもそもスピン系ゴルフボールとは

スピン系ゴルフボールとは、スピンがかかりやすくコントロールショットを打ちやすいタイプのボールです。

ゴルフボールは「ディスタンス系」「スピン系」の大きく2種類があります。飛距離を伸ばしやすいディスタンス系ゴルフボールに対し、スピン系ゴルフボールはスピンを生かして狙ったところに打ちやすいボールです。

スピン系ゴルフボールの構造は、中心のコアが硬めで、表面のカバーが軟らかいことが特徴です。表面のカバーが軟らかいので、ヘッドスピードが遅くてもインパクト時にボールとクラブのフェースの接触面積が多くなり、スピンがかかりやすくなります。

グリーン周りのアプローチや難しいラフからでもグリーン上で止めやすく、プロゴルファーやゴルフ上級者が多く利用しています。

スピン系ゴルフボールとおすすめ理由を徹底解説!

2020年も各ゴルフメーカーから魅力的なスピン系ゴルフボールが登場しています。今回は、人気売れ筋のスピン系ゴルフボールから3つのゴルフボールをピックアップしてご紹介!各スピン系ゴルフボールのおすすめポイントやスペックをチェックしながら、購入・買い替えの参考にしてください。

\飛ぶディスタンス系ゴルフボール3選/

  • ブリヂストン TOUR B XS ゴルフボール
  • ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール
  • ダンロップ スリクソン Z-STAR XV ゴルフボール

ブリヂストン TOUR B XS ゴルフボール

特徴・おすすめポイント

  • トッププロも使用する飛距離性能とコントロール性能を両立したゴルフボール
  • ドライバーショットでは「高初速×低スピン」で高い飛距離性能を追求
  • アプローチショットでは「低初速×高スピン」で高いコントロール性能を追求

飛距離性能とコントロール性能の両立が進化したブリヂストン TOUR B XS ゴルフボール。トッププロも使用しているスピン系ゴルフボールです。

ドライバーショットなど、インパクトでボールが大きく変形する状況では、ボール内部の大径ハイドロコアとハイスピード・インナーカバーの相乗効果で「高初速×低スピン」の両立を実現し、高い飛距離性能が追求されています。

またアプローチショットでは、衝撃吸収材配合の「REACTiV リアクティブウレタンカバー」がショット時のボール初速を抑え、「低初速×高スピン」を実現し高いコントロール性能が追求されています。

ディンプルには新開発「シームレス 330 デュアルディンプル」を採用し、ディンプルの表面占有率UPにより空力を改善し、ショットの飛距離と安定性が追求されています。

ブリヂストン TOUR B XS ゴルフボールは2020年2月21日に発売です。

タイガー・ウッズも認めた新技術搭載!ゴルフボール『TOUR B X/XS』新発売

メーカーブリヂストンスポーツ(BRIDGESTONE SPORTS)
ゴルフボール名ブリヂストン TOUR B XS ゴルフボール
ボールタイプスピン系
構造3ピース
コア大径ハイドロコア
カバーREACTiV リアクティブウレタンカバー
ディンプルシームレス 330 デュアルディンプル
ボールナンバー0・1・2・3・4・5・7・8
原産国日本
価格オープン価格
公式サイトブリヂストンスポーツ(BRIDGESTONE SPORTS)公式サイト

ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール

特徴・おすすめポイント

  • 東京大学で発明された高分子材料「SeRM®(セルム)」を世界で初めて使用
  • 形状復元性、耐傷特性、耐衝撃性、振動吸収性に優れている
  • 飛距離性能・スピン性能がさらに向上し、傷もつきにくく汚れにくい

ダンロップのスピン系ゴルフボール「スリクソン Z-STAR」。東京大学で発明された高分子材料「SeRM®(セルム)」を世界で初めて使用したゴルフボールです。

高分子材料は、一般的にひも状の高分子が網目状になったネットワーク構造を持っており、大きな力が加わると、ひも状の高分子が切れてしまいます。

一方、SeRM®は網のつなぎ目部分(=架橋点)が自由に動くため、大きな力が加わっても切れにくく、形状復元性、耐傷特性、耐衝撃性、振動吸収性に優れているという特長を持っているのです。

2019年モデルのダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボールはSeRM®を使用したことにより、飛距離性能・スピン性能がさらに向上し、傷もつきにくく汚れにくくなりました。

ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボールの利用者からは、「柔らかい打感で、スピンがかかりやすい」「アプローチショットでキュキュッと止まる」「表面のコーティングがしっかりしていて傷つきにくい」というレビュー評価が寄せられています。

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
ゴルフボール名スリクソン Z-STAR ゴルフボール
ボールタイプスピン系
構造ウレタンカバースリーピース
コアスーパーソフトファストレイヤー大径コア
カバー高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
ディンプル強弾道338スピードディンプル
ボールナンバー1・2・3・4・5・6・7・8
原産国日本
価格オープン価格
公式サイトダンロップ(DUNLOP)公式サイト

ダンロップ スリクソン Z-STAR XV ゴルフボール

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
ゴルフボール名スリクソン Z-STAR XV ゴルフボール
ボールタイプスピン系
構造ウレタンカバーフォーピース
コア高反発ファストレイヤー大径2層コア
カバー高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
ディンプル強弾道338スピードディンプル
ボールナンバー1・2・3・4・5・6・7・8
原産国日本
価格オープン価格
公式サイトダンロップ(DUNLOP)公式サイト

特徴・おすすめポイント

  • 東京大学で発明の高分子材料「SeRM®(セルム)」を初めて使用したボール
  • アウターコアを大きくした新2層コアにより高反発化
  • 飛距離性能を維持しながら、優れたスピン性能とソフトな打感を両立

2019年発売のNEW「スリクソン Z-STARシリーズ」として、『スリクソン Z-STAR』とともに発売されたダンロップ スリクソン Z-STAR XV ゴルフボール。スリクソン Z-STAR ボールと同じく、新素材の高分子材料「SeRM®(セルム)」が使用されています。

アウターコアを大きくした新2層コアにより高反発化。さらに、SeRM®配合のコーティング材料を使用することにより、優れたスピン性能とソフトな打感を両立。

飛距離性能を維持しながら、アプローチではフェースに食いつくソフトな打感を実現し、スピン性能も大きく向上しています。

ダンロップ スリクソン Z-STAR XV ゴルフボールの利用者からは、「打感がとても柔らかい」「スピンがよく効き、グリーン上で止まりやすい」「他のボールからスリクソン Z-STAR XVに変えたことで飛距離が伸びた印象」というレビュー評価が寄せられています。

スピン系ゴルフボールの選び方2つのポイント

ゴルフボールを選ぶ際には、ゴルフボールの構造や特徴を知っておくことが大切です。以下では、ゴルフ初心者・中級者の方におすすめなスピン系ゴルフボールの選び方をご紹介します。最適なスピン系ゴルフボールを選んでアプローチ上達とスコアアップを目指しましょう。

スピン系ゴルフボールがおすすめな人

スピン系ゴルフボールの特徴は、スピンがかかりやすくコントロールショットを打ちやすいこと。

アイアンでピンをデッドに狙ったり、アイアンやウェッジのアプローチショットでグリーンの狙った場所にピタッと止めたい方にスピン系ゴルフボールはおすすめです。

ただし、スピンがかかりやすいため、ディスタンス系ゴルフボールと比較して球筋が曲がりやすいことに注意が必要です。

ドライバーショットでスピンが多くかかりスライス系のミスが出やすい方なら、ディスタンス系ゴルフボールを選ぶことで余計なスピンが減り、曲がりが収まることで飛距離を得やすくなります。

ヘッドスピードに合わせることでボールが持つ性能を発揮

スピン系ゴルフボールに関わらず、ゴルフボール選びの参考にしたいのがヘッドスピードです。

ゴルフボールには、それぞれ推奨とされるヘッドスピードがあります。ゴルフボールによって特徴や効果は様々ですが、ヘッドスピードに合ったゴルフボールを選ぶことで、ボールが持つ性能を十分に発揮することができるのです。

ヘッドスピードが分からない場合は、ゴルフショップのヘッドスピード測定器で計測することができます。市販のヘッドスピード測定器もありますので、自宅でいつでもヘッドスピードを測定したい方は一つ購入しておくと便利です。

また、ドライバーの飛距離を5.5で割ることで、おおよそのヘッドスピードを算出できます。例えば、ドライバーの飛距離が200ヤードの場合、おおよそのヘッドスピードは36m/sとなります。

【2020年最新】ゴルフボール人気売れ筋ランキング1〜20位をチェック!

ゴルフサプリでは、毎月最新のゴルフボール人気売れ筋ランキングを更新中です。ゴルファーからの人気や売れ筋情報をもとにゴルフボールを選びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ゴルフボールおすすめ20選!飛ぶ/スピン系の人気売れ筋アイテム

関連記事