1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. 小物
  4. 【狙う】スピン系ゴルフボールおすすめ3選|特徴・スペック・価格

【狙う】スピン系ゴルフボールおすすめ3選|特徴・スペック・価格

2023/03/05 ゴルフサプリ編集部

スピン系ゴルフボールおすすめ

今買うべき人気のスピン系ゴルフボールが知りたい!そんなゴルファーに向けて、スピン系ゴルフボールおすすめ3選をご紹介します。気になるスペックや価格、おすすめポイントも徹底解説。スピン系ゴルフボールの購入や買い替えをご検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。狙った場所にピタッと止まるスピン系ゴルフボールを選んで、アプローチ上達とスコアアップを目指しましょう。

[目次]

そもそもスピン系ゴルフボールとは

スピン系ゴルフボールおすすめ

スピン系ゴルフボールとは、スピンがかかりやすくコントロールショットを打ちやすいタイプのボールです。

ゴルフボールは「ディスタンス系」「スピン系」の大きく2種類があります。飛距離を伸ばしやすいディスタンス系ゴルフボールに対し、スピン系ゴルフボールはスピンを生かして狙ったところに打ちやすいボールです。

スピン系ゴルフボールの構造は、中心のコアが硬めで、表面のカバーが軟らかいことが特徴です。表面のカバーが軟らかいので、ヘッドスピードが遅くてもインパクト時にボールとクラブのフェースの接触面積が多くなり、スピンがかかりやすくなります。

グリーン周りのアプローチや難しいラフからでもグリーン上で止めやすく、プロゴルファーやゴルフ上級者が多く利用しています。

スピン系ゴルフボールおすすめ3選

スピン系ゴルフボールおすすめ

2023年も各ゴルフメーカーから魅力的なスピン系ゴルフボールが登場しています。今回は、人気売れ筋のスピン系ゴルフボールから3つのゴルフボールをピックアップしてご紹介!各スピン系ゴルフボールのおすすめポイントやスペックをチェックしながら、購入・買い替えの参考にしてください。



\ちょっと待った!注目ゴルフボール!/【PR】
ブリヂストン NEW「TOUR B JGR」

アベレージゴルファーのゴルフにフォーカスした新世代ディスタンスボール「TOUR B JGR」の2023年モデルが、8月4日に新発売された。最新モデルでは前作で“飛びマッスル”と形容されたマッスルコアが、さらにサイズアップして“デカ飛びマッスル”に進化。さて、では性能はどのように進化したのか。ギアにうるさいゴルフサプリ編集部員がよってたかって試打してみた!

記事を読む


スピン系ゴルフボール3選

ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール(2023)

ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール(2023)

ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール(2023)

ポイント

  • アプローチショットのスピン性能に優れている
  • コア硬度の工夫により飛距離性能も十分に高い
  • 高摩擦コーティングによる食いつくような打感

コアの硬度分布を二段階にすることで、スピン性能と飛距離性能を両立させた優れものです。コアの表面に近い部分は、高スピンの状態が実現されており、優れたアプローチショットスピンおよびアイアンスピンがもたらされます。

一方、コア中心部はドライバーショットを意識して低スピンの設計になっているため、高初速と大きな飛距離を期待できます。ドライバーでの弾道は中高弾道に設定されており、スピン量が少ない分吹け上がりも少ないので、鋭い打球を飛ばすことが可能です。

また表面の高摩擦コーティングにより、フェース面でのボールの滑りを抑え、「食いつくような打感」が実現されていることも魅力。この摩擦力の強化は、アプローチスピンのさらなる向上にもつながります。

ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール(2023)
ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール(2023)

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
ゴルフボール名ダンロップ スリクソン Z-STAR ゴルフボール(2023)
ボールタイプスピン系
構造3ピース
コアスーパーソフトファストレイヤー D.G.大径コア
カバー高耐久0.6mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
ディンプル強弾道338スピードディンプル
ボールナンバー1・2・3・4・5・6・7・8(DIVIDE 01・02・03・04)
原産国日本
価格(税込)オープン価格
公式サイトダンロップ(DUNLOP)公式サイト

ブリヂストンゴルフ TOUR B XS ゴルフボール(2022)

ブリヂストンゴルフ TOUR B XS ゴルフボール(2022)

ブリヂストンゴルフ TOUR B XS ゴルフボール(2022)

ポイント

  • トッププロも使用する飛距離性能とコントロール性能を両立したゴルフボール
  • ドライバーショットでは「高初速×低スピン」で高い飛距離性能を追求
  • アプローチショットでは「低初速×高スピン」で高いコントロール性能を追求

世界のトッププロが使うブリヂストンのTOUR B XS。「飛んで止まる」というすべてのゴルファーが求める性能を満たすのはもちろん、「風に強く伸びのある弾道」や「乗る打感でアプローチを打ちたい」というトッププロの高度な要求にも応えました。

ドライバーショットでは、ハードヒット時の低スピン化を実現したハイドロLSコアで高初速と低スピンで風に強い弾道と飛距離性能をもたらしました。

アプローチショットではリアクティブiQ・ウレタンカバーで優れたスピン性能とフェースに吸い付くような「乗り感」を実現。

さらに新開発「シームレス 330 デュアルディンプル」が表面占有率を向上させ空力を改善することで飛距離と安定性を両立させました。

ブリヂストンがこだわったスピード&スピンコントロールテクノロジーをぜひ試してください。

ブリヂストンゴルフ TOUR B XS ゴルフボール(2022)

メーカーブリヂストンスポーツ(BRIDGESTONE SPORTS)
ゴルフボール名ブリヂストンゴルフ TOUR B XS ゴルフボール(2022)
ボールタイプスピン系
構造3ピース
コアハイドロLSコア
カバーリアクティブiQ・ウレタンカバー
ディンプルシームレス 330 デュアルディンプル
ボールナンバー0・1・2・3・4・5・7・8
原産国日本
価格(税込)6,930円
公式サイトブリヂストンスポーツ(BRIDGESTONE SPORTS)公式サイト

イ・ボミが選んだブリヂストン『TOUR B XS』はアマチュアにもオススメ

ブリヂストンスポーツは、2022年3月2日にイ・ボミとボール・用具使用契約を締結したと発表した。国内女子ツアー開幕戦「ダイ...

あわせて読みたい

テーラーメイド TP5 ゴルフボール(2021)

テーラーメイド TP5 ゴルフボール(2021)

テーラーメイド TP5 ゴルフボール(2021)

ポイント

  • 10年ぶりに一新された先進のディンプル形状
  • テーラーメイド史上、最もソフトなツアーボール
  • 大きな初速を生み出す独自の5層構造

約10年ぶりにディンプルの形状が一新されたテーラーメイドTP5。新設計の「ツアーフライトディンプルパターン」のエアロダイナミクス効果により、インパクト後の空気抵抗を低減させ最高到達点がより遠くへ伸びました。

さらに最高到達点からの落下時には揚力を増加させキャリーの飛距離も格段に伸びています。そしてテーラーメイド独自の5層構造の中心部のコアのサイズが大きくなり、ティショット時のボールの初速を上げて飛距離性能を高めました。

同時に風の影響を可能な限り抑えるコントロール性能を向上させています。 また表面のソフトキャストウレタンカバーはテーラーメイド史上、最もソフトな素材になり、アプローチショットでの強烈なバックスピン性能を生み出しました。

ティイングエリアからグリーン上まですべてのクラブでその性能が発揮されます。実際のお客様のレビューでは「伸びる弾道」と「スピン」に加えて「アプローチの打感」に高い評価が寄せられています。

  • テーラーメイド TP5 ゴルフボール(2021)
  • テーラーメイド TP5 ゴルフボール(2021)

メーカーテーラーメイド ゴルフ(TaylorMade Golf)
ゴルフボール名テーラーメイド TP5 ゴルフボール(2021)
ボールタイプスピン系
構造5ピース
コアトライファストコア
カバーソフトキャストウレタンカバー
ディンプルツアーフライトディンプル
ボールナンバー
原産国
価格(税込)6,930円
公式サイトテーラーメイド ゴルフ(TaylorMade Golf)公式サイト

新設計ディンプルでさらなる飛びを実現!テーラーメイド「TP5」「TP5x」登場

テーラーメイドのツアーボール「TP5」「TP5x」が新設計の新モデルで登場。発売日は2021年4月9日(金)予定。

あわせて読みたい

スピン系ゴルフボールの選び方2つのポイント

スピン系ゴルフボール

ゴルフボールを選ぶ際には、ゴルフボールの構造や特徴を知っておくことが大切です。以下では、ゴルフ初心者・中級者の方におすすめなスピン系ゴルフボールの選び方をご紹介します。最適なスピン系ゴルフボールを選んでアプローチ上達とスコアアップを目指しましょう。

ポイント

  • スピン系ゴルフボールがおすすめな人
  • ヘッドスピードに合わせることでボールが持つ性能を発揮

スピン系ゴルフボールがおすすめな人

スピン系ゴルフボールの特徴は、スピンがかかりやすくコントロールショットを打ちやすいこと。

アイアンでピンをデッドに狙ったり、アイアンやウェッジのアプローチショットでグリーンの狙った場所にピタッと止めたい方にスピン系ゴルフボールはおすすめです。

ただし、スピンがかかりやすいため、ディスタンス系ゴルフボールと比較して球筋が曲がりやすいことに注意が必要です。

ドライバーショットでスピンが多くかかりスライス系のミスが出やすい方なら、ディスタンス系ゴルフボールを選ぶことで余計なスピンが減り、曲がりが収まることで飛距離を得やすくなります。

ヘッドスピードに合わせることでボールが持つ性能を発揮

スピン系ゴルフボールに関わらず、ゴルフボール選びの参考にしたいのがヘッドスピードです。

ゴルフボールには、それぞれ推奨とされるヘッドスピードがあります。ゴルフボールによって特徴や効果は様々ですが、ヘッドスピードに合ったゴルフボールを選ぶことで、ボールが持つ性能を十分に発揮することができるのです。

ヘッドスピードが分からない場合は、ゴルフショップのヘッドスピード測定器で計測することができます。市販のヘッドスピード測定器もありますので、自宅でいつでもヘッドスピードを測定したい方は一つ購入しておくと便利です。

また、ドライバーの飛距離を5.5で割ることで、おおよそのヘッドスピードを算出できます。例えば、ドライバーの飛距離が200ヤードの場合、おおよそのヘッドスピードは36m/sとなります。

【2023年最新】ゴルフボール人気売れ筋ランキング1〜20位をチェック!

ゴルフサプリでは、毎月最新のゴルフボール人気売れ筋ランキングを更新中です。ゴルファーからの人気や売れ筋情報をもとにゴルフボールを選びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ゴルフボールおすすめ20選!飛ぶ/スピン系の人気売れ筋アイテム