1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ゴルフの飛距離アップ!ドラコン先生の逆転レッスン Vol.7

ゴルフの飛距離アップ!ドラコン先生の逆転レッスン Vol.7

ドラコン流は「腰とワキを一緒に回す!」

2020/01/13 ゴルフサプリ 編集部

〝逆転の発想〟で昔から飛ばない人も〝飛距離アップ〟
ドラコン選手として活躍するだけでなく、PGAティーチングプロA級の資格を持ち、ゴルフアカデミーを主催する“飯塚先生”が、逆転の発想で皆さんを飛ばし屋に変身させます!

 ドラコン記録422Y 
飯塚孝幸
Takayuki Iizuka
1970年6月12日生まれ。180cm、83kg。千葉県出身。2002年にプロ入り。ティーチングプロA級、JPDAツアープロA級。2018年「JAPAN PRODRACON TOUR 2018 in 福岡」優勝。飯塚ゴルフアカデミー主宰

よく言われるのが「腰だけ回して 下半身リードで打つ」

コレが逆!ドラコン流は「腰とワキを一緒に回す!」

右ワキを回そうとすれば、右ワキが締まるカタチになって、スイングアークが大きくなって飛ぶ。

クラブは体の正面にあるのが最も飛ぶ!

遠くへ真っすぐ飛ばすポイントはインパクトでボールを低く長く押すことです。よくダウンスイングでは腰を切れといわれますが、腰だけ先に回そうとするとクラブが寝て下りてしまい、ヘッドが上から入りやすくフェースが開いたままインパクトを迎えてしまいます。

低く長いインパクトを作るには、トップから下ろすときに腰だけでなくワキと腰を一緒に回すイメージで動かします。一緒に回すことでヘッドの入射角が低くなりレベルに動くようになります。飛球線に対してフェースがスクエアに向いている時間も長くなるのでボールを低く長く押すことができます。

また、下ろすときにクラブや手から動かすのではなく、体で回せばフィニッシュも正しい位置におさまるはずです。ドラコンでもクラブは基本的に体の正面です。アドレス時に正面にあるクラブを正面に上げて正面のままインパクトに戻します。飛ばない気がするかもしれませんがシャフトのしなりが入るのでちゃんと飛びます。

あとはスイング中に体が起きたりバランスを崩したりしないようにゆっくりしたリズムで振ればOKです。バランスよく振れるようになってきたら、さらに速く振れるようになります。

ヘッドが低い位置から入るとレベルブローからアッパー軌道になりやすい。インパクトゾーンが長くなるので真っすぐ遠くへ飛ぶ!

腰だけではなく、右のワキ腹をフル回転させると上半身に一体感が生まれる。

腰だけ回すとシャフトが寝る

腰が先行するとクラブが体の正面から外れやすく、シャフトが寝て下りるのでヘッドスピードが上がらない。

GOLF TODAY本誌 No.571 76〜77ページより


ゴルフの飛距離アップ!ドラコン先生の逆転レッスン

 Vol.6(前回)へ Vol.8(次回)へ

【シリーズ一覧】
vol.1:コンパクトに速くはNG! ゆっくり、大きく振ってフェースに球を乗せるのがドラコン流。
vol.2:ストロンググリップは体の可動域が 広がって、飛ぶ!
vol.3:ドラコン流は「下半身も一緒に回して、体全体をねじる!」
vol.4:ドラコン流は「ツマ先からカカトの足裏で完結!」
vol.5:ドラコン流は「手首を返さず右手で押し出す!」
vol.6:ドラコン流は「体重移動よりも回転力で飛ばす!」
vol.7:ドラコン流は「腰とワキを一緒に回す!」
vol.8:ドラコン流は「パームで握って大きな軌道で飛ばす!」
vol.9:ドラコン流は「インパクトよりもフィニッシュの大きさで飛ばす!」
最終回:ドラコン流は「手の位置によって最適なボール位置に変えよう!」

【関連】
小柄でも飛ばせる!ドライバー飛距離アップの工夫を女子プロゴルファー5人が解説

関連記事