1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. アイアンのダフリ解消レッスン|第3回「ツマ先上がりの対処法」

アイアンのダフリ解消レッスン|第3回「ツマ先上がりの対処法」

《全7回》第3回

2019/05/05 ゴルフサプリ 編集部

アマチュアにとって、アイアンの最大の悩みといえば「ダフリ」。いくら練習場では上手に打てても、ゴルフ場にはダフリやすい厄介な状況がそこかしこにある。そんな厄介な状況からでもクリーンに打てるようになるヒントを、堀尾研仁が伝授!!

●第1回どんな状況でもクリーンに打つための3つのポイント
●第2回「左足下がり」の対処法
●第3回「ツマ先上がり」の対処法
●第4回「フェアウェイバンカー」の対処法
●第5回「池越え&谷越え」のパー3の対処法
●第6回「打ち上げ」パー3の対処法
●第7回「打ち下ろし」パー3の対処法

「ツマ先上がり」でのダフリを止める!

上体を地面に近づけて構え、その状態を保って打とう!!

「ツマ先上がり」はボールが足元よりも高い位置にあるので、ボールと体の距離感が非常に難しい状況です。後ろに体重がかかりがちな状況ですが、カカト体重になると上体が起き上がり、すぐさま手打ちになってダフってしまいます。

大事なのは、ツマ先体重にして上体を地面に近づけたままスイングすること。軌道が平地でスイングする状態と近くなるため、少し上から打つことが可能に。結果、クリーンヒットできるようになるのです。

カカト体重になるとダフリやすい。

カカト体重になると上体が起き上がり、手打ちになってダフリを招く。

【ここがポイント】
状態を地面に近づけるため短く握る。

クラブを約4センチ短く握ることで、自然と上体と地面を近づけることが可能になる。

【ここがポイント】
右手首の角度を保って打とう!

手先をつかわず腕全体で振ることが大切。右手首の角度を保ったままスイングすれば、上体は伸び上がることなく振り切れる。

右手首が伸びるとカカト体重に。

手先でスイングし、右手首が伸びてしまうと、上体も伸び上がりダフりのミスにつながる。

堀尾研仁
1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベターに師事してゴルフティーチングの世界に入る。2001年に独立。2002年からツアープロ帯同コーチとして活動を始め、田島創志、髙橋竜彦の初優勝や、谷口徹の海外での活躍に貢献する。現在もツアープロコーチとして活動しながら、アマチュアゴルファーのためのKEN HORIO GOLF ACADEMYを運営している。

取材協力/マグレガーカントリークラブ

GOLF TODAY本誌 No.541 46~57より

二木ゴルフオンラインでアイアンをお得に購入!

関連記事