1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. 美人女子プロ・鶴岡果恋のスイング改造に上達のヒントあり!!|第3回

美人女子プロ・鶴岡果恋のスイング改造に上達のヒントあり!!|第3回

2019/08/24 ゴルフサプリ 編集部

昨年プロテストに一発合格し、今季、ルーキーとしてステップアップツアーに参戦中の鶴岡果恋(つるおかかれん)。プロの世界に飛び込んだ彼女がいま取り組んでいるのが「3日間54ホール、あらゆる状況下で狂わないスイング」、言い換えれば「稼げるスイング」への改造。師匠・重田栄作とともに取り組む、スイング改造の中身を大公開!

●第1回改造点1 アドレス 前編
●第2回改造点1 アドレス 後編
●第3回:改造点2 テークバック 前編
●第4回改造点2 テークバック 後編
●第5回改造点3 トップ 前編
●第6回改造点3 トップ 後編
●第7回改造点4 切り返し 編
●第8回改造点5 フォロー 編

テークバック時の「手元の高さ」を大幅に変更しました!!

手先でクラブを上げてしまうことで手元が浮き上がりやすく、クラブがインサイドに入ってフェースが開いていた。

手元が上がりすぎないように低くキープするように修正。右足を手が過ぎるまでベルトの下に手元をキープするのが◎。

しかも体から手が離れてしまった状態に!

手が浮くと体から手元が離れやすいため軌道も狂いやすい。手元を低く保つことで手が体の近くを通るため軌道も安定する。

下の写真は、2位タイフィニッシュした「静ヒルズレディース森ビルカップ」最終日のもの。プロテストの同期で、同じKappa契約の廣田真優とウェアを揃えて臨んだときの写真です(笑)。今回はそんな大親友、廣田真優について紹介させてください♪

同い年ということで、プロテスト前から同じ試合によく出場していたものの、なかなか話す機会がなく、急接近したのはプロテストに合格してから。今では一緒に練習をしたり、彼女の住んでいる東京と私の住む横浜をいったりきたり、食べ歩きなんかもしています!

2人で切磋琢磨して頑張りますので、 応援よろしくお願いします♥

鶴岡果恋
■つるおか かれん
1999年8月20日生まれ。神奈川県出身。165cm、54kg。昨年のプロテストに見事一発合格した有望株で、長身から繰り出される飛距離が魅力。原英莉花とは同じ湘南学院高校出身で一学年後輩。来季のレギュラーツアー参戦が目標。

重田栄作
■しげた えいさく
1968年6月18日生まれ。神奈川県出身。ジャンボ軍団・金子柱憲の専属キャディで4勝に貢献した後、2003年にプロテスト合格。現在は関東ゴルフ連盟チームKGAジュニアのコーチを務めるかたわら、幅広くレッスン活動を展開中。


<次回>改造点2 テークバック 後編


次(4/8)を読む

取材協力/アーバングリーン八田(山梨県)

GOLF TODAY本誌 567号 64~67ページより

関連記事