1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密【Vol.9】

飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密【Vol.9】

スイング中、ずっとゆるゆるでは飛びません! アドレスでは脱力してもインパクトでは全身で100%の力を出す!

2021/01/19 ゴルフサプリ 編集部

男性のドラコン選手には筋肉ムキムキの選手や180センチを超える大柄な選手も多い。しかし、女子のドラコン日本記録保持者である高島早百合は身長も173センチで細身の体格。それでも公式記録365ヤードを出したヒミツはどこにあるのか?

GOLF TODAY本誌 No.583 108〜109ページより

アドレスでは脱力していないと深く捻転できない

最近は「腕を脱力して、ゆるゆるで打つ」というレッスンもありますし、実際に女子プロでもあまり力を入れないで方向性重視のスイングをしている人もいます。しかし、ずっと脱力したままでは最大限の飛距離は出ません。

私の感覚としてはアドレスでは完全に脱力して、グリップもゆるゆるです。そのままの力加減でバックスイングからトップを作ります。トップまで脱力していることはすごく重要で、体が回りやすくなって捻転も深くなります。

そして、ダウンスイングから徐々に力を入れて、ハーフウェイダウンで70%くらい、インパクトの瞬間に100%の力を入れると最も飛距離が出るスイングになります。

ドラコン競技に出たときは、特に当たる瞬間に100%のパワーを出し切ることを意識しています。ただし、腕や手首で100%の力を入れるのではありません。しっかり地面を蹴って、下半身からのパワーで100%の力をボールに伝えることが大切です。

手首ではなく、先端のヘッドを速く動かす

インパクトの瞬間には手首を速く動かすのではなく、先端にあるヘッドがムチのようにしなって速く動く感覚で打つ。

手だけに力を入れるのはNG

腕だけに力を入れようとすると、手打ちになってしまって、飛距離がロスしてしまう
スライスに悩んでいる人は、切り返した瞬間に100%の力になってしまい、カット軌道になる人が多い。

アドレスでの脱力から100%になる力配分

インパクトからインパクト直後に100%のパワーを出し切ることが理想。

取材協力/武蔵丘GC


飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密

前回(Vol.8)を読む 次回(Vol.10)を読む

【飛距離365ヤード!高島早百合のドライバースイングの秘密】
●Vol.1:シャットに上げて高いトップからタテに振る!
●Vol.2:正しい捻転は「回さない」ことが条件!
●Vol.3:腕や肩よりもまずは胸を90度回す!
●Vol.4:ワイドスタンスにしたときも、ヘッドは体のセンター
●Vol.5:小指で握ると、スナップでヘッドが加速し、ハンドファーストに!
●Vol.6:ダウンスイングでボールに向かって加速するには、手首を斜めじゃなくて、真下に動かす
●Vol.7:アマチュアは無理に腰を切りすぎかも……インパクトで腰を回しすぎないほうが、飛ぶ!
●Vol.8:フォローが低いと絶対に飛びません!手首を180度返せば高いフォローになる!
●Vol.9:スイング中、ずっとゆるゆるでは飛びません! アドレスでは脱力してもインパクトでは全身で100%の力を出す!
●Vol.10(最終回):インパクトで終わりじゃダメ! フォローまでネジれを残して手打ち解消!

関連記事