1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. コースマネージメント
  4. 重田栄作のゴルフ「100切り」レッスン|ショートゲーム編Part4

重田栄作のゴルフ「100切り」レッスン|ショートゲーム編Part4

《全10回》第10回

2019/06/22 ゴルフサプリ 編集部

「100切りまであとちょっと!」「90台もあれば100オーバーも……」そんな、“100の壁”と戦うゴルファーに送る、お助け企画。大叩きに陥りがちな落とし穴を知ったり、ちょっとした工夫をするだけで簡単にスコアが縮められる「お役立ちヒント」が続々登場。ドライバーからパターまで、全10回でお届け!

●第1回ドライバーティショット編1
●第2回ドライバーティショット編2
●第3回セカンドショット編1
●第4回セカンドショット編2
●第5回セカンドショット編3
●第6回パー3ティショット編
●第7回ショートゲーム編1
●第8回ショートゲーム編2
●第9回ショートゲーム編3
●第10回ショートゲーム編4

グリーン周りでSWは使っちゃダメ! 100切りなら、SWはバンカー専用に。

ピッチングウェッジの「パター打ち」でシンプルに攻めるのが正解!

 グリーン周りからのアプローチで、100切りレベルの人がやりがちなのが、グリーンまですぐそばなのに、そこからトップしてオーバーしたり、チャックリして球が全然飛ばなかったりする、もったいなさすぎるミス。

 なぜか障害も何もないのにサンドウェッジを持って球を上げようとしている人が多く、そもそも上げようとするから、こういう大きなミスが出てしまうのです。

 基本的に、100切りを目指すならサンドウェッジを使うのはやめた方が無難です。サンドウェッジは仮にうまくコンタクトできても、球にスピンがかかりすぎて思ったほど転がらなかったり、コントロールするのが難しいクラブ。100切りゴルファーなら、ピッチングウェッジを持って、球を上げずに低い球筋で運ぶのがおすすめです。

 ピッチングウェッジをパッティング時と同じグリップで短く握って、パッティングと同じイメージでボールの近くに立って構えてください。あとは、ロングパットと同じ要領でストロークするだけでOK。初心者でも一番思い通りに振れるパッティングの打ち方を取り入れることで、もっとも失敗がなく、無難に寄せられる方法がこれです。

 距離感はロングパットと同じように、見た目の感覚を重視してストローク幅を調整すれば大丈夫! 普段グリーン上で繰り返している動きですから、次のラウンドから取り入れるのも簡単! ぜひ試してみてください。

重田栄作
1968年6月18日生まれ。神奈川県出身。ジャンボ軍団・金子柱憲の専属キャディで4勝に貢献した後、03年にプロテスト合格。07年より山梨アーバングリーン八田でレッスン開始。現在は関東ゴルフ連盟チームKGAジュニアのコーチを務める傍ら、アマチュアからプロまで幅広くレッスン活動を展開中。

取材協力・シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県)
撮影/相田克己
取材・文/今泉純子

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事