1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 海外ニュース
  4. 豪華なチャリティマッチで 見せたプロゴルフ界の光|世界No.1選手がセルフで担いだ新しいゴルフ様式

豪華なチャリティマッチで 見せたプロゴルフ界の光|世界No.1選手がセルフで担いだ新しいゴルフ様式

TEE-UP WORLD WIDE TOPICS & NEWS|今月の1枚

2020/06/25 ゴルフサプリ 編集部

PGAツアー選手のプレーがライブ中継されるのは3月中旬の「ザ・プレーヤーズ選手権」以来、約2カ月ぶりだった。5月17日にフロリダ州のセミノールGCで開催されたチャリティーマッチ「テーラーメイド・ドライビング・リリーフ」にはローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン、リッキー・ファウラー、マシュー・ウルフの4人が出場。メンバーも豪華だったが、そのプレースタイルも新鮮だった。

ダスティン・ジョンソン
1984年6月22日生まれ。193㎝、86㎏。PGAツアーを代表する飛ばし屋であり、パターの名手。PGAツアー通算20勝を誇る。

ローリー・マキロイ
1989年5月4日生まれ。175㎝、73㎏。昨年はPGAツアーの年間王者に輝き、今年2月に5年ぶりの世界ランク1位に返り咲いた。

世界No.1選手がセルフで担いだ新しいゴルフ様式

新型コロナウイルスがなかったら、絶対に見られない光景だっただろう。世界ランク1位のローリー・マキロイをはじめ、4人の一流選手が30度を超える炎天下のもと、軽量のスタンドバッグを担いで18ホールに挑んだ。このチャリティーマッチは新型コロナウイルス感染症対策支援を目的にマキロイとダスティンが米国看護師基金チーム、ファウラーとウルフが米国疾病予防管理センター基金(CDC)チームとして、ベストボール形式で行われた。ラウンドは最少人数で行われてキャディはなし。マキロイがレーザー距離計で残り距離を確認したり、ファウラーが汚れたクラブを手入れする場面もあった。

もう一つ新鮮だったのは選手にはかなりのブランクがあったことだ。マキロイは「ツアーが中断してからしばらくはクラブを握っていなかった」と語り、ダスティンも「1週間前に久しぶりにラウンドした」というように、決してトップコンディションではなかった。試合中に、ウェッジでグリーンを外すホールがあったり、もったいないパットを外して笑い合う場面もあった。

また会場となったセミノールGCはテレビ中継されるのが初めてという超プライベートコース。設計はドナルド・ロスで全米ゴルフコースランキングでは毎年上位にきていたが、多くの人には謎のコースだった。

試合は後半に6ホール連続で引き分けが続くなど盛り上がり、結果はマキロイとダスティン組が11ホールをとって勝利。この試合を通して約6億円のチャリティー基金が集まり、中継を見た人は235万人。これは通常のPGAツアーの試合中継よりも多い視聴者数であり、それだけ多くの人がゴルフ中継を待っていたのだ。今、日本でもセルフ、スルー、カート無しのスタイルがはじまっているが、このイベントは新しいゴルフ様式のシンボルとなった1日かもしれない。

4人はラウンド中もキャディバックを担ぎながら、一定の距離をとって歩いていた。もちろんハイタッチなどもなし。

GOLF TODAY本誌 No.577 10〜11ページより

【TEE-UP |WORLD WIDE TOPICS & NEWS】シリーズ一覧
渋野日向子、大観衆を笑顔にしたチップインの裏に。
4週連続優勝を狙った鈴木愛との一騎打ちを制し、予選落ちの翌週に“予告スコア”でバウンスバック!
初のキャプテンで米国チームが大逆転!タイガーの涙と笑顔。1年で最も、 熱くなった理由
賞金ランク1位、世界ランク4位に浮上の畑岡奈紗!東京五輪の金メダルが見えた?
松山英樹のマレット型パターは絶好調の証!?
マスターズがない春が来るなんて…10月に延期か?
米国ではピークを過ぎた!? LPGAも6月中旬から。PGAツアーが6月に再開できる理由
豪華なチャリティマッチで 見せたプロゴルフ界の光|世界No.1選手がセルフで担いだ新しいゴルフ様式
2020年の渋野は昨年より攻める! 渋野がリモートで語った3kg増とお尻強化
プロデビューから1年で世界ランク13位に!日系エリートのコリン・モリカワがタイガー級の急上昇
昨年の渋野日向子を超えるシンデレラストーリー! 下部ツアーに落ちた世界304位がメジャー王者
全米オープンの常識を覆した新王者|40年間で最もラフに入れた異端児の圧勝!

関連記事