1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 男子ツアーでは長尺化がブーム!?

男子ツアーでは長尺化がブーム!?

全米プロで優勝したフィル・ミケルソンは47.75インチを使用!

2021/06/07 ゴルフサプリ編集部

先日50歳で「全米プロゴルフ選手権」に優勝したフィル・ミケルソン。年齢だけでなく話題になったのがシャフトの長さだった。

小鯛竜也が46.5インチ、浅地洋佑は46インチを使用

メジャー史上最年長記録で「全米プロゴルフ選手権」優勝を果たしたフィル・ミケルソン。使用していたドライバーの長さが47.75インチの長尺だったことがプロの中でも注目され、国内男子ツアーでも長尺シャフトを試す選手が増えているようだ。

そのパターンは、47インチから徐々に短くしていく、または45.5インチくらいから徐々に長くしていくパターンに分かれた。重さ・フレックスは5Xの人気が高く、「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」では、小鯛竜也がVENTUS(ベンタス) BLACK/6X/46.5インチ、浅地洋佑はVENTUS(ベンタス) BLACK/5X/46インチを使用。その他にも多くの選手が長尺をテストしている。長尺にすることで、その分バランスを重くし過ぎず少しチップをカットするなどの調整が必要だが、飛距離アップは見込める。

このVENTUS(ベンタス)シャフト、この週末開催された、PGAツアー「ザ・メモリアルトーナメント」、LPGAツアー「全米女子オープン」、国内男子ツアー「日本ツアー選手権 森ビル杯Shishido Hills」において、VENTUS(ベンタス)シャフトがモデル別使用率No.1を獲得した。特に国内男子ツアーでは、4月の初戦「東建ホームメイトカップ」から今大会までの8戦全戦において、モデル別使用率No.1を継続している。(2021年6月7日付ダレルサーベイ調べ)

★ドライバーシャフト ブランド別使用率、ドライバーシャフト モデル別使用率

▼6月3日~6月6日 ザ・メモリアルトーナメント
ドライバーシャフトブランド別使用率No.1 フジクラ 36名使用/30%使用率
ドライバーシャフトモデル別使用率No.1 VENTUS 6 BLUE 11名使用

▼6月3日~6月6日 全米女子オープン
ドライバーシャフトブランド別使用率No.1 フジクラ43名使用/27.6%使用率
ドライバーシャフトモデル別使用率No.1 VENTUS 5 BLUE 12名使用

▼6月3日~6月6日 「日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills」
ドライバーシャフトブランド別使用率No.1 フジクラ59名使用/44.7%使用率
ドライバーシャフトモデル別使用率No.1 VENTUS 6 BLACK 19名使用

写真/Getty Images

直近急上昇記事

関連記事