1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. アプローチ

アプローチ記事一覧

ライが平らな花道から浮かせて転がす「寄せワン」の基本、教えます

脇元華はアプローチの精度を上げるために、“歩測した距離どおりのキャリーで打つ練習”をプロになってからは毎日行なっているという。 自分の打ちたい距離を自在に打てるようになれば、ピンに寄っていく確率は高...

2020/09/08

バンカーショットが上手い渋野日向子もバウンスを使って砂を弾き飛ばす

「バンカーショット上達の決め手は力まかせに振らないことです」と赤坂友昭。腕力に自信のない人でも簡単に脱出できるというからこんなに嬉しいことはない。砂がなくてもできるドリルも実践してしっかりと自信を...

2020/08/24

バウンスで砂を叩けば砂の爆発力でボールが勝手に出て行く

「バンカーショット上達の決め手は力まかせに振らないことです」と赤坂友昭。腕力に自信のない人でも簡単に脱出できるというからこんなに嬉しいことはない。砂がなくてもできるドリルも実践してしっかりと自信を...

2020/08/23

状況に応じたアプローチの打ち方・練習方法を大西翔太プロが解説!

スピンが効いたアプローチが打ちたい。そう願うゴルファーは多いが、「スピンといっても色々なスピンのかけ方があるんです」と大西翔太。アプローチが10倍楽しくなるとっておきのドリルを教えてもらおう。

2020/08/22

スピンの効いたアプローチの打ち方・練習方法を大西翔太プロが解説!

スピンが効いたアプローチが打ちたい。そう願うゴルファーは多いが、「スピンといっても色々なスピンのかけ方があるんです」と大西翔太。アプローチが10倍楽しくなるとっておきのドリルを教えてもらおう。

2020/08/21

松山英樹の高く上げるアプローチの打ち方|ロフトにまかせて打つことが重要

ボールを転がせない場面では上げるしかない。向江寛尚が言うには「高さを出すのですが、自分で上げようとするとミスになります」。どんな練習をすればロフト角どおりにボールが上がるアプローチが打てるようにな...

2020/08/13

上げるアプローチの打ち方|クラブのロフトを信じて打つのがポイント

ボールを転がせない場面では上げるしかない。向江寛尚が言うには「高さを出すのですが、自分で上げようとするとミスになります」。どんな練習をすればロフト角どおりにボールが上がるアプローチが打てるようにな...

2020/08/12

転がすアプローチの打ち方・練習方法を解説【ダフリやトップの注意点も!】

なるべく転がすほうがスコアはまとまりやすいのはわかるが、ダフリやトップがよく出てしまう。そんな人にオススメのドリルを紹介。「コツさえつかめばきちんと打てるようになりますよ」と目澤秀憲。

2020/08/12

『夏ラフ』対策もバッチリ!エイミー・コガの"上げる"アプローチを解説

アプローチは「上げるよりコロがす方が確実で無難!」と信じ込み、いつも「コロがし」ては失敗ばかりのアナタ。自分の力で調整しようとして、ついパンチが入ったりスイングが緩んだりして、大オーバーや大ショー...

2020/07/17

寺西明のアイアンスイングの極意「ノンストップ打法」とは?

49歳でプロテストに一発合格、強者揃いのシニアツアーで3勝できたのは、ある気付きを得てそれまでの意識を180度変えたからだという。寺西明が50歳でつかんだアイアンスイングの極意とは?

2020/07/16

ウェッジの選び方ミスがアプローチ苦手原因の7割|失敗しない選び方!

ウェッジの選び方ミスがアプローチ苦手の原因の7割だと、ショートゲームに特化したレッスンを行っている大本研太郎はいう。 多くのアマチュアゴルファーが残り100ヤードから、良ければ2打、悪くても3打でホー...

2020/07/16

稲見萌寧のアイアンショットの秘密は“体でフェースコントロール”

昨年のJLPGAツアーで歴代最高の78.21%というパーオン記録を樹立し、さらには初優勝、初シードも獲得した稲見萌寧。そのパーオン率の高さとアイアンショットのキレの良さには注目が集まっている。ゴルフを始めた時...

2020/07/14

アイアンのダフり・トップの原因と対策方法を5人のプロが解説

セカンドショットで出るアイアンのミス。ミスが出るのは仕方がないが、放置しておくとズルズルといくことに。ということで、ここではアイアンのよくあるミスを次に持ち越さない対策を教えてもらった。どれもプロ...

2020/07/08

アイアンのダウンブローをマスター!即効性の高い練習ドリルを公開

もっとダウンブローに打てるようになりたい! そう願うゴルファーたちのために即効性の高い練習ドリルを公開。アイアンの切れ味もぐっと増すはずだ。

2020/07/06

アイアンのダウンブローをマスター!打ち方のコツを森守洋&赤坂友昭が解説

今度はグリップ支点の第一振り子の動きと体の回転が主体の第二振り子の動きのバランスを考えながら練習に取り組もう。ダウンブローの技術がよりレベルアップする。

2020/07/05

アイアンのダウンブローをマスター!森守洋が上達の秘訣をレッスン

「アイアンはダウンブローに打つ」というが、本当のダウンブローを理解し、実践しているゴルファーは果たしてどれだけいるだろうか。そこで陳清波のダウンブローを継承する森守洋にアイアンショット上達の秘訣を...

2020/07/04

渋野日向子のラフからのちょい出しアプローチ連続写真解説

アマチュアゴルファーにとってツアープロのスイングは、見ているだけでも勉強になること間違いなし。 そこで、日本女子ツアーの実力者たちのドライバースイング写真を長岡良実プロによる細かな解説とともに、...

2020/06/26

【状況別】アプローチの打ち方をプロゴルファーがレッスン|アイアン編

スコアアップの大きなカギとなるのがアプローチ。「グリーン周りまでパーペースで来たのに、そこから4打も叩いてダボになっちゃった〜」なんて経験、一度や二度じゃないはず。そんなもったいないを簡単に減らして...

2020/06/20

あなたのミスショット、原因はギアorテクどっち!? 第九回|ウェッジのザックリ解決法

ミスショットは技術的なものとクラブが原因なものの2種類がある。一般的なミスをギアの観点からクラブフィッターとトップアマ編集者が考察する。そのミスは本当にアナタのせい?

2020/06/03

淺井咲希が解説|ユーティリティで球が沈んでいるラフから芯を捉えるには?

自己流スイングで昨年、見事に初優勝を挙げた、注目の黄金世代メンバー、淺井咲希(あさいさき)。誰もが経験したことのある「こんな時はどうすればいいの!?」など、ケーススタディや微妙な距離への調節法を、...

2020/05/23