1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. パッティング

パッティング記事一覧

パターの打ち方のコツをプロゴルファー8名が解説!総パット数を激減しスコアアップを目指す!

200ヤードも2メートルも同じ一打、惜しいミスパットで後悔しないために、ストロークを安定させるためのヒントから右への押し出しや左へのヒッカケを解消するコツまで。パターの打ち方のコツを8名のプロゴルファー...

2021/08/27

藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

現状の打ち方でパットが入らないのなら、握り方や構え方を変えてみるのが一策。固定観念を捨て、柔軟な発想を持つことが大切だ。 GOLF TODAY本誌 No.591/110〜113ページより

2021/08/26

藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

グリーンを正確に読み切っても、狙いどおりに打てなければカップに入らない。そこで藤田流の「打ち方」の極意を伝授! GOLF TODAY本誌 No.590/94〜97ページより

2021/08/12

【2021年】パターマットおすすめ20選|自宅練習でパッティング上達

この記事では、パッティングの自宅練習におすすめのパターマットおすすめ20選を紹介します。 「パット・イズ・マネー」という言葉があるように、パッティングはスコアに直結する重要なプレーです。 しかし...

2021/07/17

藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

パットのラインはグリーンのスピードに応じて、大きく変化する。それを事前に把握してスコアアップにつなげよう! 今回はライン読みとタッチを合わせるポイントを解説。 GOLF TODAY本誌 No.588/126〜129ペ...

2021/05/31

藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

パットのラインの読み方は人それぞれで唯一の正解はない。だが、正しく読むにはいくつかの決まりごとがある、と藤田寛之はいう。その極意を伝授! GOLF TODAY本誌 No.587/138〜141ページより

2021/04/27

パットは「ストレートに振る」はNG! 緩やかなインサイドインに振れば入るようになる!!

理論をわかりやすく展開し、実戦ですぐに役立つレッスンで大人気の大西翔太コーチ。 その大西コーチが、誰も知らなかったゴルフスイングのツボをこっそり教えてくれた。第24回はパットのストローク軌道について...

2021/04/23

藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

ツアーで指折りのパター巧者として知られる藤田寛之が、長年の経験で導き出した「グリーンの読み方と打ち方」を伝授。この連載で3パットの撲滅はもちろん、ワンランク上のゴルフを手に入れよう! GOLF TODAY本...

2021/04/12

スコアアップのために!! 女子プロたちのパッティングに学ぼう

「パットに型なし」というが、カップインの確率を上げるためのポイントを無視してはいけない。守るべき基本を頭に入れつつ、自分の感性を生かしたパッティングを構築しよう。 GOLF TODAY本誌 No.585 124〜131...

2021/04/04

パターの打ち方を上達!グリップの正しい握り方と選び方

プロゴルファーたちがパターを打つときのグリップをよく見ていると、みんな握り方が違うことに気づく。小川泰弘プロは「パターの場合、基本的にはどんな握り方でもOK。パターを気持ちよく振れて、カップインしや...

2021/03/10

ショートパットは「スナイパー目線」をキープして絶対カップイン!!

理論をわかりやすく展開し、実戦ですぐに役立つレッスンで大人気の大西翔太コーチ。 その大西コーチが、誰も知らなかったゴルフスイングのツボをこっそり教えてくれた。第10回はショートパットを確実に決めるた...

2021/01/08

ロングパットは「ボールがコロがるスピード」をイメージすることが成功のカギ!

理論をわかりやすく展開し、実戦ですぐに役立つレッスンで大人気の大西翔太コーチ。 その大西コーチが、誰も知らなかったゴルフスイングのツボをこっそり教えてくれた。第9回はロングパットの打ち方のポイントを...

2021/01/01

ノー・モア3パット! 入るパターの見つけ方

パーオンしても3パットならボギー。一方、ボギーオンでも1パットならパーで収まる。いかに3パットを減らして、1パットを増やすかが、スコアメイクの鍵。パットが決まるかどうかは、腕もあるけれどパター選びも重...

2020/11/27

空き時間で合理的にパター上達!自宅でできるパッティング練習方法

巣ごもり生活から新しい生活様式にシフトチェンジの昨今。 「そろそろラウンドに」とお考えの向きも多いはず。 そんな日に備えてやっておきたいのが“家練”。 今回はスコアに直結するパットに特化してお送りし...

2020/07/30

スコアが10打縮まるパッティング練習方法|方向性や距離感が掴める!

スコアに間違いなく直結するパッティング。ラウンド前の朝練やラウンド中でもスコアアップのヒントは隠されている。

2020/05/29

渋野日向子の悩まず打てる絶好調スイング|パッティング編

「全英女子オープン」での歴史的優勝だけでなく、日本女子ツアーでもメルセデスランキングで1位になった渋野日向子。その大活躍に貢献したのが平均パット数2位になったパッティング。 強気に攻めるパットが持ち...

2020/04/03

パッティングは構えが9割|フィル・ケニオンに学ぶ最新パット理論

近年、とくにPGAツアーでは、パッティングストロークのメカニズムを整えて、理詰めでカップインの確率を上げる「ロジカルコーチング」が主流だ。その「ロジック派」の代表格である、フィル・ケニオンのパッティン...

2020/02/12

芹澤信雄 もう悩まない!絶対入れたい!「パーパット」の決め方|第5回

グリーンの硬さや速さといったコンディションに加えて、上りや下り、曲がるラインなどパットのシチュエーションはさまざまです。その状況判断を正しく行い、スコアアップを目指しましょう

2020/01/18

芹澤信雄 もう悩まない!絶対入れたい!「パーパット」の決め方|第4回

「パットは自由。どんな打ち方でも入ればいい」というのが私の持論ですが、いくら自由でもストロークの再現性が低ければ、カップインの確率は上がりません。今回はその再現性を高める即効テクニックを伝授します。

2020/01/06

パターの打ち方を上達!パッティングの距離感と方向性を安定させるには?

少ないパット数で上がるには「距離感」と「方向性」の安定が一番の決め手。ロングパットでは距離感を優先してストロークし、ショートパットは方向性を重視して打つのがポイントだ。どうしたら安定した距離感と方...

2019/12/26