1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 新製品情報
  4. ルノー・トゥインゴで行くお一人様ゴルフ

ルノー・トゥインゴで行くお一人様ゴルフ

get in the Hole! On the Course/ゴルファーの日常をクラスアップ

2020/01/15 ゴルフサプリ 編集部

楽しく、俊敏で、カラフル。最新のパリのデザインやライフスタイルに調和する車、ルノー・トゥインゴ。

ルノーが考える最良のコンパクトシティカー「トゥインゴ」

トゥインゴのデザインは穏やかな丸みを帯びたフォルムにルノー5ターボのデザインを重ね合わせたもの。愛らしい印象のCシェイプフロントLEDランプは、デイタイムランプやウインカーとしても機能する。●価格/198万6000円(税込)

楽しく、俊敏で、カラフル。ルノーが考える最良のコンパクトシティカーを体現し、パリの生活環境に育まれてきたルノー・トゥインゴ。新型トゥインゴは、それらをさらに追求し、最新のパリのデザインやライフスタイルに調和するクルマとして登場した。

多くのコンパクトカーはFF(フロントエンジン・フロントドライブ)を採用するが、トゥインゴはRR(リアエンジン・リアドライブ)を採用。コンパクトなボディサイズ、室内の広さ、視界のよさ、小回りという、コンパクトシティカーに欠かせないメリットをしっかりと実現している。

ラゲッジスペースも必要にして十分なもの。シートアレンジによって荷室の容量は980Lまで拡大。5:5分割可倒式のリアシートを倒し、さらに可倒式助手席まで倒せば、その長さは2315mmまで拡大する。

トゥインゴの0.9Lターボエンジン(92ps)と6速EDCのパワートレーンは、フランス文化に根付いているヴァカンスの小旅行にも、快適に移動できる十分な性能を備えている。これは、お一人様ゴルフにもぴったりのクルマではあるまいか。

最小回転半径は日本の軽自動車にも引けを取らない4.3m。小さいボンネットと大きなフロントウインドウ、そして高いドライビングポジションによる見晴らしの良さはトゥインゴならでは。

シートのアレンジによって荷室の容量は174Lから980Lまで拡大。荷室の長さは5:5分割可倒式リアシートを倒せば1336㎜、可倒式助手席も倒せば2315㎜まで拡大する。

■お問い合わせ先/ルノー・コール
フリーダイヤル:0120-676-365
www.renault.jp

GOLF TODAY本誌 No.571 12ページより

【関連】
JAGUAR F-PACE SVR

関連記事