1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. Regio Formula MB+デビュー!! 日本シャフトの新製品は“みんなにやさしい中元調子”!! タイミングの取りやすさ抜群です!

Regio Formula MB+デビュー!! 日本シャフトの新製品は“みんなにやさしい中元調子”!! タイミングの取りやすさ抜群です!

日本シャフトの新シャフトを関雅史プロと鹿又芳典さんがインプレッション!!

2020/12/02 ゴルフサプリ 編集部

日本シャフトというと、N.S.PRO950GHシリーズや、モーダスシリーズなど、スチールシャフトのイメージが強いのですが、実は優れたウッド用のカーボンシャフトも開発、販売しています。そのカーボンシャフトシリーズの新製品「Regio Formula MB+」(2021年1月15日発売)の発表試打会が、神奈川県茅ケ崎市の茅ケ崎ゴルフ倶楽部で実施されました。

ニューシャフトの印象もよかったけど、試打会自体もよく考えられていて好印象!

新型コロナウイルスが猛威を奮う中、最後まで試打会開催の是非を問い続けたという日本シャフト。最終的に、関係者の挨拶などを含めた発表会という形はとらず、ソーシャルディタンスをキープできるラウンド形式で、試打の実施を決定した。

参加者はマスク着用での来場が義務付けられ、当日は受付で手指の消毒と検温を実施。スタッフもマスクやフェースシールド着用で、対応。とにかく徹底した感染予防対策を施し、厳戒態勢で試打イベントを実施した。

会場となったのは、茅ケ崎ゴルフ倶楽部。ゴルフ場はアウトドアなので、換気を気にすることもない。また、カートを使うことなく、徒歩でのラウンドスタイルなので、常にソーシャルディタンスを意識することができるのも◎。

1~5番ホールまでは、コース内のポイント、ポイントに日本シャフトのシャフトを装着したクラブを用意したスタッフが待ち受けており、消毒済みのクラブを渡してくれるので、それらを試打するスタイル。

この日は急激に気温が下がるという予報だったので、受付では使い捨てカイロも渡されたが、風もなく、予報よりは暖かいゴルフ日和。さらに、今までにない方式の試打会は、運動不足を解消してくれるお散歩気分で参加することができた。

そして、たどり着いた6番ホールが新製品「Regio Formula MB+」の試打ホール。そこまでに、各組には時間差があるので、密になることなく、スムーズに試打が行えた。コロナ渦における、試打会の新たなスタイルを見せてもらえたと思う。

すっごい考えて、よく計画された試打ラウンドだったなと感心してしまった。

今までにない中元調子は振りやすく正確にインパクトしやすい!(鹿又さん)

6番ホールで参加メディアを待っていてくれたのは、さまざまなメーカーのドライバーヘッドと「Regio Formula MB+」の各スペック。いろいろなスペックを打ち比べることができました。さらに試打結果を計測するトラックマンに加え、カリスマクラブフィッターの鹿又芳典さん、QPこと関雅史プロも、新製品シャフトの魅力を伝えるべく、スタンバイ。

まず、鹿又さんにこのシャフトの特徴を聞くと、

「『Regio Formula MB+』は、今までにないシャフトです。というのは、手元側がしなるシャフトなんですが、従来このタイプは飛距離系というよりも安定系というイメージが強い挙動でした。

ですが、このシャフトはすごくスピード感を感じます。手元がしなって、タイミングをとりやすく、それにプラスしてスピードが入ってくる・・・今までこういったシャフトはなかったですからね」


手元側がしなるということはパワーがある人向けなのかと思ったのだが、

「今まではそうでしたよね。パワーがある人が左に行きにくいんですよ。でも、飛ばすんだったら、自分の力で飛ばしてくださいね、というものが多かったんです。ですが、これは素直な手元しなりで、普通に振るだけでスピードが出るんです。だから万能で、いろんな人が使えます。手元側がしなるので、切り返したときにタイミングがとりやすくて、そこからの動きがすごくなめらかなので、ヘッドもプレーヤーも選ばない。とにかく万能という表現がピッタリです。

また、重量帯も40グラム台からラインアップされているので、軽量タイプのドライバーにも合わせやすいし、60g台や70g台の重量帯だと、重たいスチールシャフトを使っている人にも合わせやすい。日本シャフトのスチールで例えると、ゼロスユーザーから、モーダスユーザーまで対応できる裾野の広さを感じます。

ここで試打した人のトラックマンのデータをずっと見ていますが、スイングタイプはバラバラだから、中には手元調子が合わなくて、まったくタイミングが取れなかったり、右に薄い当たりになる人がいてもいいはずなのに、みんなが厚くてスクエアなインパクトになっていました。数値的にもスピン量は落ち着いてるし、振りやすくて正確にインパクトしやすいシャフトって言っていいと思います」
と絶賛。

パワーがなくても全体がしなって球を押してくれるから飛距離が出せる!(QPさん)

続いてQPさんこと関雅史プロにも聞いてみると

「実は僕自身、手元調子が苦手なんですが『Regio Formula MB+』はそれを払拭する打ちやすさです。手元がしなるシャフトは適正なスピン量になるメリットがありますが、それをすぐに体感できるのもいいですよね。また、普通は先がしなるシャフトのほうが、ボールスピードは出しやすい傾向にあるのですが、これは、手元がしなるシャフトで、かつ弾き感を強めて、ボール初速を高めています。それが飛距離性能につながっている感じです。

従来は、手元から中がしなるシャフトはパワーがない人は使えないイメージでしたけど、このシャフトに関しては、タメが作れなくても、力がなくてもシャフトが動いてくれるから飛ばせる感じがします。手元からしなるシャフトの利点として、全体がしなって、球を押してくれるので、しなり感が大きくなるほどに力に変えてくれます。だから、女性やパワーが落ちてきたと感じている人でも、押し感が強くなって飛ばせるんです。いろんな人に使えるシャフトですよ」


と話してくれた。そして、鹿又さん、関QPプロの話を聞いてから、実際に打ってみたのだが・・・。

たしかに、シャフト自体がすごく素直な動きで打ちやすい! 自然にきれいなドローボールが打てる。それと、自分のボールは普段、高弾道で飛び出すので、すごく飛んでるように見えるのだが、実際にはスピンが多くてランが出ず、ボールのところに行ってみると意外に飛んでないことも多い。だけど、このシャフトで打ったら、球はしっかり上がってスピン量が少なくなって、ランも出たっ。

一緒に試打ラウンドをしたゴルフトゥデイ/ゴルフサプリ編集部の編集部員・ゴルフライダーKは、
「切り返しでのしなりがいい感じに間を作ってくれる。打ち急いじゃう僕には、すごくいい感じ! タイミング合うからミート率上がるね、これは。それから、ダウンスイングからインパクトにかけてが気持ちいい。しなり戻りが素直なんだけど、それでいてスピード感を持って振り抜いていける。その戻り方が、すごくいいんだよね。普段は、振り遅れてフェースが開いて、スライス〜っていうのが多いんだけど・・・。自然に振り遅れを矯正してくれるというか、戻してくれる。そんなわけで、10発試して、1発も右へのスライスもすっぽ抜けもなし!」(ゴルフライダーK)

誰にでもやさしく打てる、この「Regio Formula MB+」・・・すごくいいかも。

強い球でランを稼ぎたいと思う人に使って欲しいシャフト

最後に、日本シャフトの営業部、マーケティング・広報担当の栗原一郎さんにこのシャフトについて話を聞かせてもらった。

「『Regio Formula MB+』の開発にあたり、こだわったのは飛距離性能の中で一番のキーポイントである初速性能、スピード感を持って振り切れるようなシャフトを作りたいと考えたことです。ただ、剛性分布を見てもらうと、中元調子で先が硬くなっています。

こういう特性のシャフトは、上級者、ヘッドスピードの速い人向けというイメージを持たれるかもしれません。でも、このモデルは決してハードヒッター向けではありません。タメが作りにくいアマチュアでも、スペックを合わせれば、切り返しでシャフトがしっかりたわんでくれます。40g台のRもラインアップしていますので、幅広い人が自分に合うスペックを見つけられると思います。

また、芯をはずしたショットでも、インパクトまで自分が生み出したスピードを損なうことなくボールに伝えてくれるメリットがあります。なので、ハードヒッターじゃないから中元調子は使えないと決めつけずに、もうちょっと飛ばしたい、強い球でランを稼ぎたいと考えている人には、ぜひ試して欲しいと思います。今までにない飛びが体感できるはずです」

誰もがやさしく飛距離を出せる中元調子。実際に打った人はこのシャフトに魅了されること間違いなし! ぜひ体感してみてほしい!

取材・文/下山江美
撮影/ゴルフサプリ編集部

関連記事