1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 500gの重さがちょうどイイ|ペットボトルを後ろに押しながらテークバック!

500gの重さがちょうどイイ|ペットボトルを後ろに押しながらテークバック!

飛距離365ヤード!高島早百合が教えるプラス10ヤードの直前練習【Vol.7】

2021/09/25 ゴルフサプリ編集部

飛距離365ヤード!高島早百合が教えるプラス10ヤードの直前練習【Vol.7】

練習不足の月イチゴルファーほど直前の練習で飛距離アップできるポテンシャルが高い!この連載ではドラコン女王の高島早百合が飛距離アップにつながる直前練習を紹介します!

GOLF TODAY本誌 No.592/92〜93ページより

手打ちの原因は「手上げ」にあり! テークバックは肩からはじめる

飛距離が出ない理由の1つに手打ちがありますが、手打ちになる要因はテークバックでの「手上げ」です。アドレスから動き出す瞬間に手でテークバックしようとするので、インパクトでも手でボールを打つスイングになってしまう。飛距離アップするには肩から始動するテークバックが必要。肩が回れば上半身全体が回転するので、インパクトでも手打ちになりません。

テークバックで肩を回すためには、ペットボトルを使った練習がオススメです。アイアンの練習をするときに、ヘッドのすぐ後ろに500mlのペットボトルを置いて、それを勢い良く後ろに飛ばしながらテークバックして、そのままボールを打ってください。500mlのペットボトルは約500gの重さがあるので、しっかり肩を回しながらテークバックする感覚をつかみやすい。

よく、ゴルフのレッスンでは「重いモノを動かすようにテークバックする」と言われますが、まさにそれを実践するための練習です。最初はテークバックでヘッドを低く動かしながら、ゆっくり始動した方が肩が回りやすくなります。

右足の前まではヘッドを低く動かす

右足の前まではヘッドを低く動かす

ペットボトルを押す練習はヘッドを低く動かす軌道もマスターできる。ヘッドは右足前くらいまではボールと同じくらいの高さをキープ。ミドルアイアン(#7)でやってみよう!

始動で右肩を後ろに引くと、体を回しやすい

始動で右肩を後ろに引くと、体を回しやすい

肩を回すときは右肩を少し背中側に引くと、肩を回すスペースができるので、体も一緒に回転しやすい。肩が回せない人は、右肩が止まって窮屈なスイングになっている。

右ヒジが肩よりも高いほど、飛ぶ!

右ヒジが肩よりも高いほど、飛ぶ!

写真右)肩を回すときに、両肩が同じ高さになって右ヒジが低くなってしまうのはNG!
写真左)前傾角度をキープしたまま肩を回すと右ヒジは肩よりも高くなる。

頭の位置が動いちゃダメ!

頭の位置が動いちゃダメ!

ペットボトルを動かそうとしたときに頭が少し動くのはOK。ただし、頭が右足のところまで大きく動いてしまうと軸がブレて飛距離ダウンにつながる。

高島早百合

高島早百合
たかしま・さゆり/1992年9月3日生まれ。名門・東北高校を経て、2011年のプロテストに合格。主にステップ・アップ・ツアーに出場しているが、18年にドラコン大会に出場すると365ヤードという女子の日本記録(当時)を出して優勝。元々、ドラコンで有名な和田正義プロからスイングを教わったこともあり、現役女子プロとしてはトップクラスの飛ばし屋。YouTube「さゆーちゅーぶ! 高島早百合チャンネル」も好評。


【高島早百合が教えるプラス10ヤードの直前練習】

前回へ 次回へ

一覧へ

直近急上昇記事

関連記事