1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 悔し泣きは自信の裏返し!? 全英女子惜敗の渋野日向子が手に入れたもの

悔し泣きは自信の裏返し!? 全英女子惜敗の渋野日向子が手に入れたもの

AIG全英女子オープンで3位

2022/08/08 ゴルフサプリ編集部 小川淳子

AIG全英女子オープンで3位フィニッシュした渋野日向子

AIG全英女子オープンで3位フィニッシュした渋野日向子

渋野日向子に笑顔が戻った。
女性会員受け入れを決定し、受け入れ始めてからわずか3年のミュアフィールド(スコットランド)で行われた歴史的な意味を持つAIG全英女子オープンで、アシュリー・ブハイ(南ア)とチョン・インジ(韓)相手に優勝争い。プレーオフには1ストローク届かなかったが、最後まであきらめずにプレーを続け、3位に入った渋野が得たものは、自信と今後のアスリート人生への覚悟だったのかもしれない。

試行錯誤はアスリートの宿命

「最近のゴルフの調子と、自分の考えていることとか全く違うことができた4日間でした」。あふれる悔しさと涙とともに、充実感も味わった渋野は、優勝争いをそう振り返った。

2019年の優勝から3年。当時は興味のなかった海外進出を改めて模索し、今季から米国女子ツアーのルーキーとして戦っている中で、苦しみ、もがいた日々がそこに写り込む。

6月半ばからは、体調不良で棄権した全米女子プロを挟んで3試合で予選落ち。特に、アムンディエビアン選手権では、西郷真央が優勝争い。トラストゴルフ・スコティッシュ女子オープンでは、同じ米ツアールーキーの古江彩佳が初優勝を飾るのを尻目に予選落ちして、「練習するしかないと思っています」と厳しい表情を見せたのが記憶に新しい。

ところが、今大会が始まると別人のようにいいプレーを見せて初日から首位に立つ。

ヒントを得たことでパッティングがよくなり、安心してクラブが振れるようになったのが大きかった。

2019年に渋野日向子に惜敗したアシュリー・ブハイが全英女子初優勝!

スコットランドのミュアフィールドで開催されているAIG全英女子オープン最終日、南アフリカ出身のアシュリー・ブハイが4ホー...

あわせて読みたい

最終日に、一緒にプレーしたのは、3年前にも同じ最終組で優勝を争ったブハイ。揃ってメジャー未勝利だったが、前回は渋野が初めての栄冠をつかんだ。18番でバーディパットを放り込んで優勝を決めた渋野を、自分のことのように喜んでくれた相手こそブハイだった。

ダブルボギーも叩きながら、最後まで優勝争いにしがみつくことができたのは、米ツアーで戦う上で1打の重みをより感じるようになったからだろう。イーグルを狙い、バーディを取りに行ったからこそ、1打差3位の結果がある。

永遠に正解を探し続けるゴールのない戦いを、アスリートたちは続けている。

優勝という美酒に酔えるのはひと時だけ、その状態が続く保証はどこにもないし、常に上を求めるハングリーさがなければ、坂を上っていくことはできない。

「わかった!」と迷路から抜け出したと思っても、気が付けばまた違う迷路にいることもある。試行錯誤はアスリートの宿命。今回の戦いを通して渋野はそのことに気付いて前向きにとらえられるようになったのではないか。涙をこらえながらも笑顔を見せた姿からは、そんな開き直りが垣間見える。

彗星のようにメジャーの舞台で優勝し、”スマイリング・シンデレラ“と呼ばれた渋野が、次に目指すのは”スマイリング・クイーン“だろうか。終わりのない戦いといういばらの道を、渋野もまた歩き続けている。おいしい果実に誘惑されながら。

マネできそう?!女子プロスイング連続写真動画特集

渋野日向子をはじめ、2020~2021年統合シーズンの女子プロを中心としたスイング連続写真を動画にしてご紹介。 注目や話題に...

あわせて読みたい

イーグルを奪い世界のファンに“シブコスマイル”を披露

タイで開催された米女子ツアー「ホンダLPGA」。渋野日向子が通算20アンダーまでスコアを伸ばし8位タイフィニッシュ。今年から...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事