1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. ドライバーの飛距離アップ!重田栄作の『+10ヤード!!の飛ばしドリル5』|ドリル1

ドライバーの飛距離アップ!重田栄作の『+10ヤード!!の飛ばしドリル5』|ドリル1

《全5回》ドリル1

2019/02/25 ゴルフトゥデイ 編集部

重田曰く、ドライバーの飛距離が出ない人には共通する決定的な“悪い動き”があるんだとか。そのクセを直すことがビッグドライブへの一番の近道!!ということで、正しい動きを手に入れるための5つの即効&簡単ドリルを紹介。

●レッスン:重田栄作

まずは、飛ばない人の“悪い動き”をCHECK!! 2つ以上あてはまった人は、要注意!

●右足の浮き上がりが早い □ → ドリル1で解決
●インパクトで体が伸びる □ → ドリル2で解決
●腕力まかせのカット軌道 □ → ドリル3で解決
●体が大きく上下動する  □ → ドリル4で解決
●フォローで左ワキが開く □ → ドリル5で解決

ドリル1・右足の浮き上がりは甲にヘッドを置いて修正!


飛ばそうとしてフットワークを意識するあまり、不用意に右足が早く浮いて、せっかく貯めたパワーを逃がしてしまうのがこのパターン。右足が浮くと粘りがきかず、持てるパワーを効率よく球にぶつけることができないのです。


右足は踏ん張って地面を押しつけ、下半身をグッと安定させてインパクトを迎えることが大事。この動きを身につけるには、アイアンのクラブヘッドを右足に置いてスイングするのが効果的です。ベタ足のままガマンしてヘッドを動かさないように意識しながら、最初は小さなスイングから始め、慣れてきたら実際に球を打ってみましょう。

右足でしっかり地面を踏み込むこと、両ヒザの間隔をキープすること、置いたクラブを極力動かさないこと。この3つを意識して球を打つことができるようになればドリル1はOKです。グッと右足を粘りながら振り抜く理想の“足使い”が習得でき、ミート率が向上して効率よく飛ばせるはずです。

重田栄作
1968年6月18日生まれ。神奈川県出身。ジャンボ軍団・金子柱憲の専属キャディで4勝に貢献した後、2003年にプロテスト合格。2007年より山梨アーバングリーン八田でレッスン開始。現在は関東ゴルフ連盟チームKGAジュニアのコーチを務める傍ら、アマチュアからプロまで幅広くレッスン活動を展開中。

取材協力・シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部

GOLF TODAY本誌 No.534 115〜125ページより

[関連]


ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事