1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. プロゴルファーの“ボールを押し込む”インパクトで飛距離アップ Part1(1/2)

プロゴルファーの“ボールを押し込む”インパクトで飛距離アップ Part1(1/2)

世界のトッププレーヤーは、み~んな、ボールを押し込んでいる!!

2019/10/06 ゴルフサプリ 編集部

ツアープロのように、強く、高く、飛ぶ球を打ちたい! そこで、今月はトッププロのインパクトにフォーカスし、そのインパクトを手に入れるために必要なことを考えた。“インパクトの質”を変えて、プロのような飛びを手に入れよう!

●プロゴルファーの“ボールを押し込む”インパクトで飛距離アップ Part1
(1/2):世界のトッププレーヤーは、み~んな、ボールを押し込んでいる!!
(2/2):ジャンボ尾崎も押し込むインパクト

世界のトッププレーヤーは、み~んな、ボールを押し込んでいる!!

ダスティン・ジョンソン
dustin johnson

リッキー・ファウラー
rickie fowler

ジョーダン・スピース
jordan spieth

ブルックス・ケプカ
brooks koepka

シェーン・ローリー
shane lowry

フィル・ミケルソン
phil mickelson

アダム・スコット
adam scott

ブライソン・デシャンボー
brysonde Chambeau

強い球が打てる!! 押し込むインパクトは、この2つ!!

ヘッドが大型化し、フェースが返りにくくなった昨今のドライバーでボールをつかまえ、球筋を打ち分けるトッププロたちのインパクト。現在では、これら2つのタイプに大別することができる。

1. 腕の回旋は少なめ、体で押し込む|ダスティン・ジョンソン タイプ

特徴❶
グリップをストロングにしている選手が多い。

特徴❷
体の回旋やヒップターンを積極的に使う。

特徴❸
腕(ヒジ下)の回旋が少ない分、体の動きでフェースをスクエアに戻す。

ダスティン・ジョンソンのほかに、ブルックス・ケプカやトニー・フィナウなどがタイプ1に分類される。

2. 腕の回旋は多めで、体の正面で捉えて押し込む|セルヒオ・ガルシア タイプ

特徴❶
グリップをスクエアにしている選手が多い。

特徴❷
フォローでヘッドが手元を追い越していく。

特徴❸
腕(ヒジ下)の回旋によって、フェースをスクエアに戻す。

松山英樹やリッキー・ファウラー、フィル・ミケルソンも腕の回旋が多めで体の正面でボールを捉えている。


プロゴルファーの“ボールを押し込む”インパクトで飛距離アップ Part1(1/2)


(2/2)へ続く

撮影トーナメント/全英オープン、東建ホームメイトカップ、ヤマハレディス

GOLF TODAY本誌 No.568 32〜35ページより

二木ゴルフオンラインでゴルフ用品をお得に購入!

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事