1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 新製品情報
  4. キャスコ「ドルフィンウェッジ セミグースDW-120G」発売!

キャスコ「ドルフィンウェッジ セミグースDW-120G」発売!

フェースを開かなくても潜らない×刺さらない

2019/12/25 ゴルフサプリ 編集部

キャスコは、フェースを開かなくても潜らない×刺さらない「クアッドソール」を採用したセミグースネックタイプの「DW-120G」を2020年2月10日(月)に発売する。さらにノーメッキタイプのブラック仕様「DW-120G BLK」や、「DW-120G」と「DW-120G BLK」のレディス仕様も同時に発売。

やさしくラクにワンピンに寄せるドルフィンウェッジシリーズの中でもより球がつかまるモデルが登場した。

アベレージゴルファーの強い味方!アプローチ&バンカーが易しくなる

「アベレージゴルファーのアプローチ&バンカーをとにかくやさしくす る!」をコンセプトに誕生したドルフィンウェッジは、シリーズ販売累計23万本を突破するほどの人気シリーズとなっている。

今回発表されたニューモデルは、グースネックアイアンと同じ流れで構えやすい「セミグースネックタイプ」。「ストレートネックタイプ」の DW-118と共にラインアップすることで、ゴルファーの好みによりヘッドタイプを選べるようになった。

ヘッドタイプが選べることでドルフィンウェッジシリーズは、より多くのゴルファーの「苦手なアプローチ」を、やさしく、ラクに「ワンピンに寄せる」ことができることになった。

DW-120G ウェッジ

DW-120G BLK ウェッジ

「ドルフィンウェッジ セミグースDW-120G」製品特徴

潜らない×刺さらない【クアッドソール】

やさしさ、抜けの良さ、操作性を追求した4つの面からなる「クアッドソール」。トゥ・センター・ヒールでバンス角を変化させることでソール全体が働き、「フェースを開いて……」など考えずに、ラクに100ヤード以内をワンピンに寄せる。

また、カタログ値ではローバンスだが、ソールセンター部分のフェース側をソール幅と捉えた場合の「隠れバンス角」が大きいため、丸みが大きく高さを抑えたリーディングエッジとなり、ザックリやトップといっ たミスを防いでくれる。

球がつかまる!ザックリミスも防ぐ!【セミグースネックモデル】

このモデルは、リーディングエッジをストレートネック(DW-118)に比 べて3.5mm後方にセッティング。球を運ぶイメージで打て、ボールがつかまりやすい設計となっている。また、単にグースネックにしただけでなく、グースネックにありがちなザックリミスもバンス角を適正にする ことで解消している。

カーボン・スチール共に新シャフトを採用!

スチールシャフトは、人気の日本シャフト製N.S.PRO950GHの新モデル「N.S.PRO950GH neo」を新採用。また、カーボンシャフトはウェッジ用にキャスコオリジナルの「DP-201」を新開発。先端をしっかりさせてスピンがかかりやすくしている。

女性用は、女性ゴルファーのためにトルク・重量設計したカーボンシャフト「DP-151(L)」を装着。 また、男女ともに受注生産として、豊富なラインアップから自分に合ったシャフトも選択可能となっている。

44°や54°を採用!充実のロフトラインアップ!

ストロングロフトのアイアンとのセッティングを考慮し、ロフト角 44°や 54°をラインアップ。やさしく、ラクに、アプローチに自信を持ってもらうためにドルフィンウェッジを2~4本セッティングすることをおすすめする。

スペック

製品概要

ドルフィンウェッジシリーズ

フェアウェイ、ラフ、バンカー……、どんな状況でもドルフィンウェッジならやさしく、ラクにワンピンに寄せられる。

【問い合わせ先】
キャスコ お客様ご相談ダイヤル
フリーダイヤル:0120-371-562
http://www.kascogolf.com/jp

【関連】
最新ウェッジおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!
ウェッジの選び方ミスがアプローチ苦手原因の7割|失敗しない選び方!

関連記事