1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. オノフ アイアンおすすめ3選|価格・スペック徹底比較

オノフ アイアンおすすめ3選|価格・スペック徹底比較

2021/11/09 ゴルフサプリ 編集部

オノフ アイアン

オノフは、大人のゴルフライフのパートナーというコンセプトを持つ、グローブライドが展開するブランドです。グローブライドは2009年に社名変更しましたが、前身であるダイワ精工時代の2002年にブランドが誕生しました。他のブランドにはない、シックで上質な雰囲気に固定ファンを多く持っています。今回は、オノフから発売されているアイアンとその選び方を紹介します。

[目次]

オノフ アイアンの特徴とおすすめポイント

オノフ

オノフのアイアンは現在、エンジョイゴルファー向けの『AKA(赤)』とアスリートゴルファー向けの『KURO(黒)』の2つのシリーズをラインアップしています。カーボンに知見のあるメーカーらしく、自社製造の純正カーボンシャフトをはじめ、様々な高機能を備えているのが特徴です。

ブランドが誕生した2002年から、現在の『オノフ アイアン AKA』に相当するスタンダードモデルは、はや10代目で、長年多くのゴルファーに愛好されています。2020年秋には飛びに特化した『オノフ アイアン AKA FF』もシリーズに加わり、飛距離追求のニーズにも応えています。

『オノフ フォージド アイアン KURO』は、ツアープロの使用者がいるなど、操作性や打感にこだわった、アスリート向けの上級者モデルになります。実は『オノフ フォージド アイアン KURO』の登場以前から、オノフのツアーモデルは存在していましたが、いずれも軟鉄鍛造一体成型の中上級者が好む仕様でした。その後、ニーズに合わせて、様々な機能が加わり、最新の『オノフ フォージド アイアン KURO』アイアンは中空構造に加え、ウエイトスクリューを搭載し、ヘッド重量と振りやすさのカスタマイズも可能です。

【関連】アイアンおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

オノフ アイアンの選び方|対象ゴルファーに応じたラインアップで選びやすい

オノフのアイアンは、現在3機種がラインナップされています。エンジョイゴルファー向けの『オノフ アイアン AKA』と、飛距離追求型の『オノフ アイアン AKA FF』、アスリート向け『オノフ フォージド アイアン オノフ フォージド アイアン KURO』と、ターゲットゾーンがはっきりしているので、非常にわかりやすく選びやすいと言えるでしょう。

飛距離と寛容性の両立を求めるなら『オノフ アイアン AKA』、とにかく飛ばしたいなら『オノフ アイアン AKA FF』、操作性を重視するヘッドスピードの速いゴルファーなら『オノフ フォージド アイアン KURO』が最適です。

ポイント

  • ヘッドスピードの速さと求める飛距離でアイアンを選ぶ
  • シャフトの種類でアイアンを選ぶ
  • ポケットキャビティと中空、構造の違いでアイアンを選ぶ

ヘッドスピードの速さと求める飛距離でアイアンを選ぶ

『オノフ アイアン AKA』は、7番アイアンのロフト角が28度と、ややストロングロフトになっています。フェースは薄肉に設定され、フェース下部のたわみをアップする「パワートレンチ」と「Lカップフェース構造」で高い反発力を発揮し、オートマチックに飛ばせるバランスのいいアイアンです。

『オノフ アイアン AKA』よりもさらに飛距離性能に特化したモデルが『オノフ アイアン AKA FF』。7番アイアンのロフトは25度と超ストロング設定。フェースの最大たわみを実打点付近に移動させ、オノフ史上最大の実打球点反発力を実現させています。ヘッドスピードはゆっくりめだけど、とにかく飛距離が欲しい人に使って欲しいモデルです。

一方、『オノフ フォージドアイアン KURO』は、7番アイアンのロフト角が32度とノーマル仕様。とはいえ、フェースに特殊バネ鋼SAE8655を採用した中空構造に加え、7番まではより反発力の高いLカップ構造で、従来の軟鉄鍛造アイアンよりも飛距離性能が格段に向上しています。ヘッドスピードは速いもののマッスルバックやハーフキャビティよりももう少し飛ばしたいという人に最適です。

シャフトの種類でアイアンを選ぶ

グローブライドは、前身のダイワ精工のころから釣具の大手メーカーで、カーボンロッドの製造に非常に技術のあるメーカーです。それらのテクノロジーと製造技術を生かしたカーボンシャフトは、以前から非常に評価が高く、高機能が持ち味です。

『オノフ アイアン AKA』に装着された「SMOOTH KICK MP520I」は、インパクト時のあたり負けなどによる方向のブレを抑え、ボールがあがりやすく、トゥダウンを抑制して、心地よい振り心地を実現したシャフトです。また、スチールシャフトは、N.S.PRO ZELOS 8(R)とN.S.PRO 950 neo(S)をラインアップして、幅広いユーザーに対応しています。

『オノフ アイアン AKA FF』に装着の「REPULSION KICK FF-521I」は、先中調子のハイロフトアイアン用。ボールが上がりやすく、走り感、弾き感があります。先端部は剛性を上げ、打点ブレなどによる不安定さや当たり負けを軽減しています。

『オノフ フォージドアイアン KURO』に装着されている「ONOFF CBT:622i」はカーボンシャフト特有の頼りなさを抑え、しっかり振っても当たり負けしないのが持ち味です。また、スチールシャフトは、N.S.PRO MODUS3 TOUR105(S)と、TOUR115(S)をラインナップしています。

カーボンシャフトは、どれも番手ごとに、重量やトルクなどを最適化した番手別設計シャフト。カーボンシャフトが好みの人は、よりフィーリングがあうシャフトを選ぶと良いでしょう。

ポケットキャビティと中空、構造の違いでアイアンを選ぶ

『オノフ アイアン AKA』と『オノフ アイアン AKA FF』は、フェースを2段階の肉厚に設定し、フェース下部のたわみを高めています。トップ気味のオフセンターヒットでも、飛距離のロスを軽減します。ソールには高比重タングステンウェイトを設置したポケットキャビティ構造。重心位置が低く、深くなり、ボールが上がりやすく、ミスに強い寛容性を持っているのが特徴です。

『オノフ フォージドアイアン KURO』は、ボディとネックを一体成型し、フェースを溶接した中空構造です。寛容性や球の上がりやすさは『オノフ アイアン AKA』シリーズには及ばないものの、上級者向けのシャープな形状のまま、打点ブレへの強さや方向安定性を実現し、さらに最新モデルは、Lカップ構造で飛距離性能も向上しています。ウエイトスクリュー搭載で、ヘッド重量や振り心地をカスタマイズできます。

構造の違いで生まれる寛容性と操作性の違いでアイアンを選択すると良いでしょう。

オノフ アイアンおすすめモデル【初心者から上級者向けまで】

2021年秋時点で販売されているオノフのおすすめアイアンを紹介します。アイアンは現行モデルで3機種あります(※女性用モデル除く)。エンジョイゴルファー向けの『オノフ アイアン AKA』と、飛距離性能特化型『オノフ アイアン AKA FF』、アスリート向けの『オノフ フォージド アイアン KURO』です。搭載性能が異なり、はっきり対象ゴルファーが分かれているので、非常にわかりやすく、選びやすいラインナップです。

オノフ アイアンおすすめ3選

オノフ アイアン AKA

オノフ アイアン AKA

オノフ アイアン AKA

オノフのアイアンのラインナップのうち、エンジョイゴルファー向けでやさしいラインナップです。2002年のブランド登場以来、10代目となるモデルです。フェースとネックを一体成型し、バックフェースにタングステンウェイトを装着したポケットキャビティで、フェースを2段階の肉厚に設定し、フェース下部のたわみをアップするパワートレンチとLカップフェース構造により、実打球点の反発力を高めています。

7番アイアンのロフト角が28度という飛び系アイアンで、飛距離性能に優れたモデルですが、バックスピンも入りやすく、ミスヒットにも強い寛容性を備えていて、スコアメイクに貢献してくれそうなモデルです。

クラブ名オノフ アイアン AKA
長さ(7I)カーボン
SMOOTH KICK MP-520I (R2):36.75インチ
SMOOTH KICK MP-520I (SR、R):37.25インチ

スチール
N.S.PRO ZELOS8 / 950GH neo:37.25インチ
総重量/バランス(7I)カーボン
SMOOTH KICK MP-520I (R2):355g/C7
SMOOTH KICK MP-520I (R):366g/C9
SMOOTH KICK MP-520I (SR):375g/D0

スチール
N.S.PRO ZELOS8(R):395g/C9
N.S.PRO 950GH neo(S):410g/D0
ロフト角/ライ角5I:22度/61度
6I:25度/61.5度
7I:28度/62度
8I:32度/62.5度
9I:37度/63度
PW:43度/63.5度
AW:49度/64度
SW:56度/64度
ヘッド素材[#5〜8]
フェース&:ボディ:高強度AM355P+タングステン合金ウェイト

[#9]
高強度AM355P

[PW、AW、SW]
ソフトステンレス
シャフトカーボン
SMOOTH KICK MP-520I(SR、R、R2)、LABOSPEC SHINARI(S)

スチール
N.S.PRO ZELOS8 (R)、N.S.PRO 950GH neo(S)、REPULSION KICK(S、R)
価格●SMOOTH KICK MP-520Iカーボンシャフト
5本セット(#6~9、PW):121,000円(税込)
単品(#5、AW、SW):24,200円(税込)

●N.S.PRO ZELOS8 / 950GH neo スチールシャフト
5本セット(#6~9、PW):104,500円(税込)
単品(#5、AW、SW):20,900円(税込)

●LABOSPEC SHINARIカーボンシャフト
単品:27,500円(税込)

●REPULSION KICKスチールシャフト
単品:20,900円(税込)

価格詳細 > オノフ アイアン AKA 公式サイト

オノフ アイアン AKA FF

オノフ アイアン AKA FF

オノフ アイアン AKA FF

2020年秋に新たにラインアップに加わった飛距離特化型アイアンです。Lカップフェース構造とフェース裏側の溝「パワートレンチ」を独自の形状にすることで、オノフアイアン史上最大の実打球点反発力を実現させています。

安心して構えやすいオーソドックスな形状のポケットキャビテ構造など、『AKA』と同様の部分も多いのですが、違いは7番アイアンでロフト25度と超ストロング設定ということ。その分、ソール部のタングステンウエイトの比重を上げて、110gをソール全体に配置。球を上げやすく、ミスヒット時の飛距離ロスを減少する、深・低重心化を実現させています。ストロングロフトでも、高弾道でやさしく飛ばせるぶっ飛びアイアンです。

2020 オノフ AKA FF アイアン(5本セット) HIGH REPULSION KICK FF-521I カーボンシャフト

NIKIGOLF onlineでの販売価格
132,000 円(税込)
あわせて読みたい

クラブ名オノフ アイアン AKA FF
長さ(7I)37.75インチ
総重量/バランス(7I)359g/C7
ロフト角/ライ角6I/23度/61度
7I/25度/61.5度
8I/28度/62度
9I/32度/62.5度
PW/37度/63度
AW/43度/63.5度
AS/49度/64度
SW/56度/64度
ヘッド素材[#6〜9]
フェース&ボディ:高強度AM355P+タングステン合金ウェイト

[PW、AW]
高強度AM355P

[AS、SW]
17-4PHステンレス
シャフトカーボン:HIGH REPULSION KICK:FF-521I(R)
価格●HIGH REPULSION KICK:FF-521I
5本セット(#7~9、PW、AW):132,000円(税込)
単品(#6、AS、SW):26,400円(税込)

価格詳細 > オノフ アイアン AKA FF 公式サイト

オノフ フォージド アイアン KURO

オノフ フォージド アイアン KURO

オノフ フォージド アイアン KURO

オノフのアイアンのラインナップのうち、アスリートゴルファー向けで、操作性の高いラインナップが『オノフ フォージド アイアン KURO』です。2019年モデルから中空構造を採用、さらに最新モデルは交換可能なウエイトスクリューを搭載し、ヘッドの重さや振り心地をカスタマイズできる仕様になっています。打感や操作性はもちろん、飛びや寛容性、ボールの上がりやすさ、調整機能を加えた高機能アイアンに仕上がっています。

7番アイアンのロフト角は、32度と現代のアイアンとしては大きめの設定ですが、フェース面に反発力の高い高強度バネ鋼Lカップ構造を採用し、フェース下部の反発力を大幅に高めています。ツアーモデルとしては飛距離性能が高く、今までのマッスルバックやハーフキャビティと比べて、もう少し飛ばしたいという中上級者にマッチします。操作性と中空構造らしい寛容性を備えた、アスリートに恩恵のあるモデルです。

クラブ名オノフ フォージドアイアン KURO
長さ(7I)36.75インチ
総重量/バランス(7I)カーボン
CBT:622i(S):390g/D0

スチール
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S):421g/D1
N.S.PRO MODUS3 TOUR 115(S):430g/D1.5
ロフト角/ライ角4I:22度/60度
5I:25度/60.5度
6I:28度/61度
7I:32度/61.5度
8I:36度/62度
9I:40度/62.5度
PW:44度/63度
ヘッド素材[#4〜7]
特殊バネ鋼SAE8655圧延材Lカップフェース、軟鉄(S20C)鍛造ボディ、ウエイトスクリュー(4g=SUS)

[#8〜9、PW]
特殊バネ鋼SAE8655圧延材フェース、軟鉄(S20C)鍛造ボディ、ウエイトスクリュー(4g=SUS)
シャフトカーボン
ONOFF CBT:622i(S)

スチール
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S)、N.S.PRO MODUS3 TOUR115(S)
価格●ONOFF CBT:622iカーボン
5本セット(#6~9、PW):121,000円(税込)
単品(#4、#5):24,200円(税込)

●N.S.PRO MODUS3 TOUR 105スチール、N.S.PRO MODUS3 TOUR115スチール
5本セット(#6~9、PW):110,000円(税込)
単品(#4、#5):22,000円(税込)

価格詳細 > オノフ フォージド アイアン KURO 公式サイト

オノフ アイアンおすすめモデル価格比較表

これまで紹介してきたオノフ アイアン3機種の価格比較表を紹介します。シャフトの選び方で価格も変わってくるので、じっくり選びましょう。

アイアン価格
オノフ アイアン AKA●SMOOTH KICK MP-520Iカーボンシャフト
5本セット(#6~9、PW):121,000円(税込)
単品(#5、AW、SW):24,200円(税込)

●N.S.PRO ZELOS8 / 950GH neo スチールシャフト
5本セット(#6~9、PW):104,500円(税込)
単品(#5、AW、SW):20,900円(税込)

●LABOSPEC SHINARIカーボンシャフト
単品:27,500円(税込)

●REPULSION KICKスチールシャフト
単品:20,900円(税込)
オノフ アイアン AKA FF●HIGH REPULSION KICK:FF-521I
5本セット(#7~9、PW、AW):132,000円(税込)
単品(#6、AS、SW):26,400円(税込)
オノフ フォージド アイアン KURO●ONOFF CBT:622iカーボン
5本セット(#6~9、PW):121,000円(税込)
単品(#4、#5):24,200円(税込)

●N.S.PRO MODUS3 TOUR 105スチール、N.S.PRO MODUS3 TOUR115スチール
5本セット(#6~9、PW):110,000円(税込)
単品(#4、#5):22,000円(税込)

対象ゴルファーに応じた機能を高いレベルで満たしているオノフのアイアン

ここまで2021年秋・最新のオノフアイアンを紹介してきました。

2002年から、10代に渡って続いているブランドだけに、オノフのアイアンには明確なコンセプトとはっきりとした対象ゴルファーがあり、それぞれの人に応じた機能を追求しています。

『オノフ アイアン AKA』『オノフ アイアン AKA FF』と『オノフ フォージド アイアン KURO』は、機能や性格が異なるアイアンなので、自分にあったものを選ぶことで、パフォーマンスの向上が期待できそうです。

また、オノフの魅力は、自社シャフトや複合ヘッドに代表されるように、独自の構造を取り入れて実現した高機能と、大人の雰囲気を感じさせるシックなブランドの世界観です。オノフの世界観に魅力を感じる人は、自分が求める性能を搭載したモデルをチョイスして使うことで、所有感も大いに満足させられると思います。

関連記事