1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. クラブを短く持つだけで、驚くほどナイスショットの確率が上がる!!

クラブを短く持つだけで、驚くほどナイスショットの確率が上がる!!

吉本舞の“ゴルフ上達の近道”を教えちゃいます! 第15回

2021/02/06 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフがあっという間にうまくなれるコツを、吉本舞がわかりやすくレッスンするシリーズ。今回はドライバーショットのミート率を上げて、効率よく飛ばすポイントをアドバイス。「フェアウェイキープ率も上がってスコアメイクがラクになりますよ」と吉本。早速レクチャーしてもらおう。

ドライバーもアイアンもちょっとした工夫でショットの点数が上がる! これこそスコアアップの近道!!

クラブを短く持って打てば、フェアウェイキープ率がアップ

ドライバーショットを気持ちよく飛ばしたい! これはゴルファー共通の願いです。そのホールの第1打であるティショットの距離が十分に出て、フェアウエイをキープできたら、「パーが取れそうだな」と自分に期待したくなりますよね。スコアメイクはアプローチやパットの出来がカギとよくいいますが、これはティショットがうまく打てたという前提なんです。

かといってドライバーで100点満点のショットを打たなくてはダメというわけでもありません。最高のショットを求めると余計なプレッシャーを背負ってしまうことになりますから、「セカンドショットでグリーンの方向に打てる場所ならOK」くらいの気持ちで打ちましょう。点数でいえば、60〜80点くらいでも十分です。

要は0点とか10〜30点のような低い点数のショットを打たなければいいのです。OBや池、林などに打ち込むとスコアをガタガタにしてしまいますから、ドライバーショットを確実に打つことを心がけましょう。そのためにはクラブを短く持つのがオススメ。飛ばそうとするとクラブを長く持って大きく振ろうとする人が多いのですが、力んだりオーバースイングになったりしてミート率が低下してしまいます。その点、グリップの真ん中あたりを握ればスイングが自然とコンパクトになります。

カラダの回転はしっかり使うのですが、トップとフィニッシュが安定しやすく、スイング軌道が整ってミート率がアップする。しかもクラブがちょっと軽く感じられて、フィニッシュまで気持ちよく振り切れる。ミート率が上がれば左右の曲がり幅が抑えられますし、思った以上にキャリーを稼げます。最近のプロたちはクラブを短く持って、ドライバーを確実に打つ人が増えています。これは女性ゴルファーを含めて力のない人にとっても、効率よく飛ばすためのコツでもあるんですよ。

ティショットを安定させるにはグリップの真ん中を握り、クラブを短く持とう。
クラブを短く持つ分、少しボールの近くに立つが、アドレスの姿勢は変わらない。
トップが自然にコンパクトになる。ただしカラダをしっかり回すことが大切だ。
ミート率が上がるし、クラブが軽く感じられるのでフィニッシュまで気持ちよく振り抜ける。
クラブを長く持って飛ばそうとするとオーバースイングになったり(左)、インパクトで体勢が崩れたりしやすい(右)。

ボールの50センチ先のスパットの上にクラブヘッドを出していく

ティショットの成功率を上げるためのポイントをもう一つ。狙った目標に正確に打つには、目標に対してスクエアに構えることがとても大切です。それがわかっていても、漫然と構えて方向感覚がアバウトになっている人を多く見受けます。

打つ前にティアップしたボールと目標を結ぶ飛球線をしっかりイメージしましょう。そしてボールの先30センチ付近の飛球線上に仮の目標をなるものを見つけてください。ボウリングでいう「スパット」のようなもので、芝の切れ端でも落ち葉でも何でもOK。遠くの目標ばかり意識すると、アドレスのカラダの向きとかクラブを振り抜く方向などに誤差が生じやすいので要注意。

ボールと仮の目標を結ぶラインに対して肩や腰、スタンスを平行にセットして構えたら、ボールの先の仮の目標の真上にクラブヘッドを出していくイメージでスイングしましょう。ボールの出球の方向が安定し、左右のブレを少なく抑えられます。ただしクラブヘッドを真っすぐ出していくのは仮の目標の上まで。それ以降はカラダの回転と連動して、クラブを目標の左へと振り抜くこと。クラブヘッドを目標に向かってどこまでも真っすぐ出そうとするとカラダの回転が止まってクラブを気持ちよく振り抜けませんし、インパクトでフェースが開きやすいのでボールが右に飛んでしまいます。つまり0点のショットになってしまうリスクが大きいんです。

ボールの30センチ先の飛球線上にスパットを見つけておくと、フェースを目標に対してスクエアにセットしやすい。
ボールとスパットを結ぶラインに対してカラダを平行にセットする。
遠くの目標は考えないで、スパットを狙ってインパクトする意識を持とう。
スパットの真上にクラブヘッドを真っすぐ出し、以降はカラダの回転でクラブを左に振り抜く。
スパットを目印にすればボールの出球の方向が安定し、点数の高いショットが打てる。

アイアンもクラブを短く持って距離感と方向を安定させる

ティショットでフェアウェイキープできたら、セカンドショットでグリーンを狙える回数も当然増えてきます。第2打で使うクラブがアイアンでも、フェアウェイウッドでも確実なショットを心がけましょう。狙いどころとしてはピンの位置に関係なく、グリーンの真ん中に向かって打つのが安全です。クラブ選択のポイントは、思い切り打たないと届かない、あるいは満点のショットでないと届かないというクラブは避けて、このクラブなら7〜8割以上の確率で届くという、少し大きめのクラブを使いましょう。

そしてティショット同様、クラブを短く持ちましょう。トップとフィニッシュが自然とコンパクトになり、ミート率がアップ。番手なりのキャリーを出しやすいですし、方向のブレも少なく抑えられます。ティショットもセカンドショットも距離を出そうとして振り回したり、最高のショット打とうと欲を出したりしないこと。60〜80点くらいのショットをつないでいくことを考えればスコアがまとまりやすくなりますよ。

グリーンを狙うアイアンショットもクラブを短く持つのがオススメ。
クラブを短く持つだけで余分な力が抜けて、トップの位置が安定しやすい。
ボールを正確にとらえられて距離感と方向の誤差が少なくなり、パーオンの回数も増える。

最後に動画でチェック

ボールの50センチ先にスパットを想定しよう。目標にスクエアに構えやすく、ボールの出球も安定してショットの成功率がアップ。

※動画はBGMが流れますので音量にご注意ください。

吉本 舞
よしもと・まい/佐賀県出身。USLPGA Teaching&club professinaの資格を取得。ゴルフの楽しさを多くの方に伝えたく、敏腕カリスマコーチ森守洋に師事。現在は東京ゴルフスタジオ(三鷹市)で多くのアマチュアをレッスン。一人一人の悩みに寄り添い、丁寧でわかりやすい指導で大人気。Instagramにてゴルフレッスンやゴルフウェアコーディネートなど更新中。@maiyoshimoto_

取材・文/三代 崇
写真/富士渓和春
協力/武蔵丘ゴルフコース



【吉本 舞の“ゴルフ上達の近道”を教えちゃいます! 】
←絶対オススメ! ハンドファーストに打てるようになる即効ドリルを公開!!
バンカーショットはフェースで打たずに、バウンスで打つ!→

Vol.14(前回)へ Vol.16(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事