1. TOP メニュー
  2. ゴルフ知恵袋
  3. ゴルフ保険おすすめ10選|補償内容や保険料を比較【2021年版】

ゴルフ保険おすすめ10選|補償内容や保険料を比較【2021年版】

2020/10/30 ゴルフサプリ 編集部

ゴルファーにおすすめの保険を比較解説!

この記事では、ゴルファーにおすすめのゴルフ保険10選を紹介します。

ゴルフは比較的体力を問わず老若男女を問わず楽しめるため、安定した人気を保っているスポーツです。

ただ、ゴルフは油断すると危険を伴うスポーツでもあります。打ったボールや振ったクラブが人に当たってしまったり、ラウンド中に転んでケガをする恐れもあります。そんなケースに備えるのがゴルファーを対象にするゴルフ保険です。

ここでは、おすすめのゴルフ保険を補償内容や保険料を比較しながら紹介します。

目次

ゴルフ保険とは?

ゴルフ保険とは、ゴルフ場や練習場で他人にボールを当ててしまったり、クラブをぶつける、カートでぶつかるといったアクシデントで、他人にケガをさせたり、物を壊してしまった場合に生じる損害賠償責任を補償してくれる保険です。

また、ゴルフプレー中に自分がケガをした場合の治療費や、ゴルフクラブの破損や盗難による損害などを補償するプランもあります。

さらに、損害保険としては珍しい補償になりますが、ホールインワンを達成した場合に、パーティーを開催したり、記念品を配るための費用を補償してくれるプランもあります。

ケガの程度によっては、損害賠償金額が非常に高額になる恐れもあるので、安心してゴルフを楽しむために加入しておきたい保険です。

\ ゴルフ保険おすすめ一覧 /

ゴルフ保険の主な種類と補償内容

ここでは、ゴルフ保険で主に補償される内容について個別に説明します。主な補償内容は、第三者賠償責任補償ゴルファー傷害補償ゴルフ用品損害補償ホールインワン補償です。

《ゴルフ保険の種類と保証内容》

他人へのケガや破損に対する第三者賠償責任補償

ゴルフのプレー中や練習中に起きた偶然の事故により、他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまって損害賠償責任が生じた場合に保険金が支払われる補償で、多くのゴルフ保険で基本の契約としています(オプション契約としている保険もあります)。

補償額は多くの保険で1億円以上となっており、プランによって増額したり、無制限にできるものがあります。

補償の対象となる場所はゴルフ場内が基本ですが、ゴルフ練習場や、自宅での練習中に起きた事故も対象となる保険もあります。

自分自身のケガに対するゴルファー傷害補償

ゴルフのプレー中や練習中に起きた偶然の事故により、保険加入者自身がケガをした場合に支払われる補償です。基本契約に含まれる保険と、オプション契約となる保険があります。

他人の打った打球が自分に当たった場合などのほか、プレー中に転んだり、足をくじいたりした単独の事故によるケガも補償対象になります。

補償額はプランによって増減しますが、概ね数百万円程度が一般的です。ケガの場合は、入院や通院の日数に応じて日額で保険金が支払われることが多くなっています。

ゴルフ用品の盗難・破損に対するゴルフ用品損害補償

ゴルフ場やゴルフ練習場内で、ゴルフクラブやゴルフ用品の盗難に遭ったり、ゴルフクラブが破損・曲損した場合に支払われる補償で、多くの場合オプション契約となります。

補償額は、盗難の場合は時価額が、破損・曲損の場合は修理額と時価額のいずれか低いほうを損害額として支払われます。

自宅での盗難は多くの場合対象となりません。また、ゴルフ用品の破損は対象とならない保険が多く、その他、細かい条件が保険によって異なることが多い補償です。

日本国内のホールインワン・アルバトロス費用補償

日本国内のゴルフ場において、保険加入者がホールインワンまたはアルバトロスを達成し、そのお祝いとしてかかった費用が支払われる補償です。

対象となる具体的なお祝い費用としては、祝賀会、記念品贈呈、ゴルフ場への記念植樹、同伴キャディへの祝儀などがあります。

また、原則としてキャディ同伴プレーで、キャディの目撃証言が得られる場合のみ補償の対象となります。補償の上限額は契約プランにより増減しますが、一般的には10~100万円程度です。

ゴルフ保険の選び方・比較ポイント

多くの保険会社から、いろいろなゴルフ保険が提供されています。どれも同じようなものに見えるかもしれませんが、特徴が異なりますので、選び方のポイントを紹介します。

《ゴルフ保険の選び方のポイント》

「1日だけ」「通年契約」など保険期間で選ぶ

火災保険や自動車保険などの損害保険では、多くの場合で年間契約になっています。ゴルフ保険も以前は年間契約がほとんどでしたが、近年は1日だけや、1泊2日向けのプランが登場しており、その分、保険料がぐっと手軽になっている保険も増えています。

ゴルフを始めたばかりで今後も続けるかわからない方や、年に数回の会社のコンペだけ参加する方など、おおむね年間のプレー回数が数回程度の方は、1日プランの利用がおすすめです。

補償対象や条件を把握したうえで保険料を比較する

ゴルフ保険は補償範囲を広げたり、補償額を高くするほど保険料も高くなります。人によって不用な補償もあるので、自分に必要な条件を考えながら検討するといいでしょう。

例えば、自宅で練習中の事故の補償は必要か。海外プレーの補償は必要か。高額なクラブを買ったばかりなら、ゴルフ用品損害補償が手厚いもの、多人数のコンペに参加することが多いなら、ホールインワン保険が手厚いものを選びたくなります。

自分のゴルフスタイルにあった補償条件をチェックしながら、保険料を比較してみてください。

示談交渉サービス付きのゴルフ保険かチェック

他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまった場合に、損害補償の額を決めるために話し合いをすることを示談と言います。

示談交渉には、保険の知識が必要になり、ケガの場合は完治してからの交渉になるため長期化し大きな負担になります。その示談交渉を保険会社が代行してくれるのが示談交渉サービスです。

このサービスは、保険会社によって付けられる場合と付けられない場合があるので、示談交渉サービスを付けたい場合は、よく確認しておきましょう。

1日だけ加入できる安いゴルフ保険おすすめ3選

ここからは、おすすめのゴルフ保険を比較していきます。まずは、プレー回数が少ない方向けの、1日だけ加入できる保険料が手軽なゴルフ保険を3つ紹介します。

\ おすすめ /

おすすめ1. ドコモ「ゴルファー保険」

ドコモ「ゴルファー保険」

ドコモ「ゴルファー保険」は、NTTドコモのスマートフォン・タブレットでspモードを契約している方向けに提供されているゴルフ保険です。保険の引受会社は東京海上日動で、保険金の支払対応窓口なども東京海上日動になります。

保険期間はプレー日と翌日の24時までとなっており、2日連続でプレーする場合は1日分の契約で補償されます。おてがるプランは330円、プレー日当日の申込も可能など、使いやすい保険です。

保険名ドコモ「ゴルファー保険」
保険会社東京海上日動火災保険株式会社
保険料330円~740円
保険期間1泊2日
保険始期日当日から可
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償、示談交渉サービス
海外プレー対応有り
加入年齢制限15歳以上
公式サイトドコモ「ゴルファー保険」公式サイト

おすすめ2. au損保「ゴルフの保険」

au損保「ゴルフの保険」

au損保の「ゴルフの保険」は、国内旅行傷害保険の一種として提供されている保険で、ゴルフのプレー中だけでなく、自宅を出発してから帰宅するまでの間に生じたケガや損害、ゴルフ用品以外の携行品なども補償してくれることが大きな特徴になっています。

最大で3泊4日まで対応するプランがあるので、旅行中に1日だけゴルフをプレーする場合などは特におすすめの保険です。

保険名au損保「ゴルフの保険」
保険会社au損害保険株式会社
保険料428円~1,303円
保険期間1泊2日~3泊4日
保険始期日当日から可
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、携行品(ゴルフ用品を含む)損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限0歳~74歳
公式サイトau損保「ゴルフの保険」公式サイト

おすすめ3. ソフトバンク「ゴルファー保険」

ソフトバンク「ゴルファー保険」

ソフトバンク「ゴルファー保険」は、ソフトバンクの3Gおよび4G通信サービスの契約者向けに提供されているゴルフ保険です。保険の引受会社は損害保険ジャパンで、保険金の支払対応窓口なども損害保険ジャパンになります。

保険期間はプレー日と翌日の24時までとなっており、1泊2日のプレーにも対応しています。最も手軽な「ちょこっとプラン」の保険料は300円と、このクラスでは非常に低価格になっています。

保険名ソフトバンク「ゴルファー保険(1日プラン)」
保険会社損害保険ジャパン株式会社
保険料300円~700円
保険期間1泊2日
保険始期日当日から可
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限18歳以上
公式サイトソフトバンク「ゴルファー保険(1日プラン)」公式サイト

通年契約で選ぶ安心のゴルフ保険おすすめ3選

続いては、通年契約のゴルフ保険を紹介していきます。年に10回以上プレーする方はこちらがおすすめです。

\ おすすめ /

おすすめ1. 楽天損保「ゴルフアシスト」

楽天損保「ゴルフアシスト」

楽天損保「ゴルフアシスト」は、楽天グループの楽天損害補償株式会社が提供するゴルフ保険です。

インターネットやスマーフォンから当日申込が可能で、海外プレーにも対応するなど基本的な補償内容も揃っていながら保険料は低価格となっており、お得感の高い保険です。また、保険料の支払いに楽天ポイントが使えることも魅力の一つです。

保険名楽天損保「ゴルフアシスト」
保険会社楽天損害保険株式会社
保険料3,250円~7,570円
保険期間1年
保険始期日当日から可
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限69歳以下
公式サイト楽天損保「ゴルフアシスト」公式サイト

おすすめ2. 三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」

三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」

三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」は、三井住友海上火災保険が提供するゴルファー保険のネット申込専用商品です。

保険料3,000円からの低価格プランがあり、また、保険料をアップして補償額の上限をアップさせるプランも用意されていて自由度が高くなっています。また、1つの保険契約で家族の保険加入も可能で、家族分の保険料が割引される特典があります。

保険名三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」
保険会社三井住友海上火災保険株式会社
保険料3,000円~9,000円
保険期間1年
保険始期日申込日の翌日から可
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限18歳以上、80歳以下
公式サイト三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」公式サイト

おすすめ3. 東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」

東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」

東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」は、東京海上日動火災保険が提供するゴルフ向けの損害保険です。

損害保険会社最大手の東京海上日動の保険で安心感が高く、また、国内での事故の場合は、原則として東京海上日動が示談交渉を行ってくれるため、事故の際の負担が軽減されます。さらに、保険加入者には医療や介護、防災・防犯に関する情報や相談サービスが提供されます。

保険名東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」
保険会社東京海上日動火災保険株式会社
保険料5,500円~8,000円
保険期間1年
保険始期日申込日の2日後から可
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償、示談交渉サービス
海外プレー対応有り
加入年齢制限18歳以上、69歳以下
公式サイト東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」公式サイト

クレジットカードに付帯のゴルフ保険おすすめ4選

ここからは、クレジットカードに自動的に付帯するゴルフ保険を紹介します。

\ おすすめ /

おすすめ1. アメリカンエキスプレス プラチナ・カード「ゴルフ保険」

アメリカンエキスプレス プラチナ・カード

アメリカンエキスプレスカードのプラチナカードにはゴルフ保険が自動的に付帯しています。

一般的なゴルフ保険の保障内容がすべて含まれているため、プラチナカードを保有している方は、別途ゴルフ保険に加入しなくても大丈夫でしょう。ただ、年会費が143,000円と高額なので、ゴルフ保険を主な目的としてカードに加入することは現実的ではありません。

保険名アメリカンエキスプレス プラチナ・カード「ゴルフ保険」
保険会社アメリカンエキスプレス
保険料無料(自動付帯)
保険期間カード保有期間
保険始期日
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限
公式サイトアメリカンエキスプレス プラチナ・カード「ゴルフ保険」公式サイト

おすすめ2. セゾンカード「ゴルフ安心プラン」

セゾンカード「ゴルフ安心プラン」

セゾンカード「ゴルフ安心プラン」は、セゾンカード会員が申し込むことができるゴルフ保険です。

1カ月単位で申し込む保険ですが、月額300円からとなっており、1日タイプの保険と同程度の割安価格になっています。同月内に2回以上プレーするなら、1日タイプの保険に加入するよりもお得ですが、プレー日の前月中に申し込む必要があります。

保険名セゾンカード「ゴルフ安心プラン」
保険会社セゾン自動車火災保険株式会社
保険料月額300円~600円
保険期間1カ月
保険始期日申込月の翌月1日
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限
公式サイトセゾンカード「ゴルフ安心プラン」公式サイト

おすすめ3. 楽天カード「楽天カード超かんたん保険(ゴルファープラン)」

楽天カード「楽天カード超かんたん保険(ゴルファープラン)」

楽天カード「楽天カード超かんたん保険(ゴルファープラン)」は、楽天カード会員が申し込むことができるゴルフ保険です。

この保険はゴルフ専用の保険ではなく、傷害総合保険となっています。そのため、第三者賠償責任補償やゴルファー傷害補償の対象は、ゴルフプレーだけでなく、日常生活中の事故も補償対象となっています。また、示談交渉サービスが付いていることもポイントです。ただし、自身の傷害については、死亡または後遺障害のみの補償で、入院や通院の補償はありません。

保険名楽天カード超かんたん保険(ゴルファープラン・傷害総合保険)
保険会社楽天損害保険株式会社
保険料5,050円(年払い)、460円(月払い)
保険期間1年
保険始期日申込日の翌日
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償(ゴルフ以外も対象)、ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償、示談交渉サービス
海外プレー対応有り
加入年齢制限69歳以下
公式サイト楽天カード超かんたん保険(ゴルファープラン・傷害総合保険)公式サイト

おすすめ4. JALカード「ゴルファー保険」

JALカード「ゴルファー保険」

JALカード「ゴルファー保険」は、JALカードの中で、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ会員限定で自動付帯されているゴルフ保険です。保険引受会社は損害保険ジャパン株式会社となっています。

自動付帯される補償は第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償のみとなりますが、ゴルフ用品補償やホールイン費用補償などが必要ない方には大変お得な保険といえるでしょう。

※CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ会員限定

保険名JALカード「ゴルファー保険」
保険会社損害保険ジャパン株式会社
保険料無料(自動付帯)、オプションは5,370円(年間)から
保険期間カード保有期間
保険始期日オプションは申込の翌々月1日午後4時
主な保障内容第三者賠償責任補償、ゴルファー傷害補償以下、オプション:ゴルフ用品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償
海外プレー対応有り
加入年齢制限
公式サイトJALカード「ゴルファー保険」公式サイト

ゴルフ保険を保険期間・保険料で比較

ゴルファーにおすすめのゴルフ保険の保険期間・保険料を比較一覧表でまとめています。

ゴルフ保険保険期間保険料
ドコモ「ゴルファー保険」1泊2日330円~740円
au損保「ゴルフの保険」1泊2日~3泊4日428円~1,303円
ソフトバンク「ゴルファー保険(1日プラン)」1泊2日300円~700円
楽天損保「ゴルフアシスト」1年3,250円~7,570円
三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」1年3,000円~9,000円
東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」1年5,500円~8,000円
アメリカンエキスプレス プラチナ・カード「ゴルフ保険」カード保有期間無料(自動付帯)
セゾンカード「ゴルフ安心プラン」1カ月月額300円~600円
楽天カード「楽天カード超かんたん保険(ゴルファープラン)」1年5,050円(年払い)、460円(月払い)
JALカード「ゴルファー保険」カード保有期間無料(自動付帯)、オプションは5,370円(年間)から

【Q&A】ゴルフ保険について多い質問

最後に、ゴルフ保険について多い質問をQ&A形式で紹介します。

ゴルフ保険Q&A

Q. ゴルフ保険の加入方法は?

保険の加入方法は、以前は代理店の窓口で行うことが一般的でしたが、最近はインターネット・スマートフォンなどで手軽に申し込める保険が多くなっています。

詳しい話を聞いてから決めたい方は代理店で、目当ての保険が決まっていたり、急いで加入したいならネットやスマホから申し込むのがおすすめです。

また、セブンイレブンのマルチコピー機やローソンのマルチメディア端末「Loppi(ロッピー)」など、コンビニでも一部のゴルフ保険を申し込むことができます。

Q. ゴルフ保険の使い方は?

ゴルフ保険に加入したら、事故発生時の電話受付センターの電話番号や営業時間を調べておき、携帯電話に登録したり、メモを持ち歩くようにするのがおすすめです。

クラブの破損やホールインワン保険の請求には、ゴルフ場から証明書等をもらう必要があることが多いので、帰宅する前にゴルフ場から保険会社に連絡して、必要書類等を確認しましょう。

Q. 他の損害保険で補償されるケースは?

ゴルフ保険の補償内容の中で、第三者損害賠償保障や、自分のケガに対する補償は、自宅の火災保険や、クレジットカードに付帯する旅行保険などでも補償されるケースがあります。現在加入している損害保険がある方は、補償内容をよく確認してからゴルフ保険を選ぶようにしましょう。

また、ゴルフ用品損害補償では、自宅での盗難は補償されませんが、火災保険の盗難補償でカバーできることが多いので、こちらも確認しましょう。

ゴルフ保険は加入者の口コミ・評判も参考にして選ぼう

ゴルフ保険について、特徴や比較方法を紹介してきました。

保険料については1日タイプか通年タイプかで大きく変わります。年間のプレー回数がはっきりしない方は、ひとまず1日タイプで様子を見て、プレー回数が増えてきたら通年タイプに切り替える方法もおすすめです。

重視する補償内容によっても、おすすめの保険が変わってきますので、自分のゴルフスタイルを分析して選びましょう。

ゴルフ保険加入者の口コミ・評判も参考に、自分にベストマッチな保険を探してください。

関連記事