1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. キャロウェイEPIC MAXドライバー試打評価|高橋良明レビュー

キャロウェイEPIC MAXドライバー試打評価|高橋良明レビュー

試打のスペシャリスト・高橋良明の本気レビュー

2021/01/30 ゴルフサプリ編集部

AI(人工知能)が導き出した「FLASH(フラッシュ)フェースSS21」と「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」により、かつてないボールスピードを実現した3代目『EPIC(エピック)』ドライバーシリーズ。

「SPEED(スピード)」「MAX(マックス)」「MAX LS」の3兄弟のうち最大の慣性モーメントを誇る『EPIC MAX(エピックマックス)ドライバー』(以下、EPIC MAX)の飛びとやさしさを「試打のスペシャリスト」高橋良明が診断します。

[目次]

キャロウェイ EPIC MAXドライバーの総合評価

キャロウェイ EPIC MAXドライバー

飛距離性能★★★★★(5/5)
直進性★★★★☆(4/5)
つかまりやすさ★★★★☆(4/5)
上がりやすさ★★★★☆(4/5)
総合評価★★★★☆(4/5)

キャロウェイ EPIC MAXドライバーの特徴

クラウンのたわみを減らしてインパクトのエネルギーをフェースに集中させる「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」とフェースのどの部分に当たっても従来以上のボール初速が得られる「FLASHフェースSS21」の相乗効果により、『EPIC MAXドライバー』はいままでにない飛距離を実現しています。

また、球が楽につかまるドローバイアス設計を採用。さらにキャロウェイ史上最大級の慣性モーメントにより安定した打ち出しとスピンで真っすぐ大きく飛ばせるドライバーになっています。

特徴

  • 「スピードフレーム」が2本の柱を上回る初速を実現
  • スライサーでも飛ばせる専用「FLASHフェースSS21」
  • 最大級の慣性モーメントが安定した飛びを実現

特徴1. 「スピードフレーム」が2本の柱を上回る初速を実現

慣性モーメントを高くするために大型化されたヘッドはボディが薄く軽く作られているためインパクトでより変形しやすくなっています。それを抑えてインパクトの力がフェースに集中させるのが「ジェイルブレイク AI スピードフレームテクノロジー」です。

前作までその役割を担っていたのは2本の柱でしたが、『EPIC MAXドライバー』では四隅に補強の入ったフレームでクラウンとソールを固めて垂直、水平両方向のたわみを大幅に減少。フェースだけを大きくたわませることで従来を上回るボール初速を実現しています。

特徴2. スライサーでも飛ばせる専用「FLASHフェースSS21」

3代目『EPIC』ドライバーシリーズではモデルごとにターゲットユーザーが明確に打ち出されています。

『EPIC MAXドライバー』のメインターゲットはずばりスライサーです。

『EPIC MAXドライバー』専用の「FLASHフェースSS21」はスライサー特有の打点のバラつきを考慮してAIが設計したもので、ヒール寄りに当たったときでもしっかりとボール初速が出て、フェース全面で大きな飛びを体感することができます。

また、ドローバイアス設計によりヘッドがターンしやすくボールが楽につかまります。

特徴3. 最大級の慣性モーメントが安定した飛びを実現

『EPIC MAXドライバー』にはロフト・ライ角を別々に調整できるアジャスタブルホーゼルに加えて、弾道チューニング用の「ペリメーター・ウエイト」が装備され、スライサーを中心とした幅広いゴルファーにフィットさせることができます。

一方、「ペリメーター・ウエイト」には弾道のチューニングのほかにもう一つの大きな効果があります。

ヘッドの後方に重量が配分されることで、『EPIC MAXドライバー』はキャロウェイ史上最大級の高慣性モーメントを実現。オフセンターヒット時にフェースが開閉しにくく、打ち出し角や方向のブレ、スピン量の増減が抑えられ安定した弾道で飛ばすことができます。

キャロウェイ EPIC MAXドライバーのスペック

オリジナルシャフトは40グラム台前半、クラブ重量も290グラムを切っているのでヘッドスピードがなくても楽に振れます。

受注生産ながら12度のハイロフトモデルも用意され、シニアや少し力のある女性ゴルファーにも対応します。

メーカーキャロウェイゴルフ
製品名EPIC MAX ドライバー
ヘッド素材ボディ:8-1-1チタン、クラウン&ソール:トライアクシャル・カーボン、フェース:FS2Sチタン鍛造
ヘッド体積460㎤
番手/ロフト角9.0、10.5、12.0度
ライ角59.0度
シャフトDiamana 40 for Callaway(R、SR、S)
長さ45.75インチ
重量/バランス約289g/D0(S)
価格77,000円+税
公式サイトキャロウェイゴルフゴルフ公式サイト

キャロウェイ EPIC MAXドライバーを試打レビュー

キャロウェイ史上最大級の慣性モーメントを誇る『EPIC MAXドライバー』は果たしてキャロウェイ史上最高にやさしく飛ばせるドライバーなのか。

キャロウェイの歴代ドライバーを知り尽くした高橋良明がその飛びを検証します。

試打レビュー

  • 自然なヘッドターンでクラブが球をつかまえてくれる
  • 高い打ち出しと適度なスピンでキャリーが伸びる
  • フェースの弾きは“シリーズいち”ヒールにも強い

自然なヘッドターンでクラブが球をつかまえてくれる

『EPIC MAXドライバー』のヘッド形状はけっこう奥行きがあってヒールにボリュームがあるので、アベレージゴルファーや初心者にとってはかなり安心感があると思います。手に持ったときからクラブが軽く感じられて、力を入れなくてもすごく楽に振り切れます

そしてヘッドの大きさの割には球がよくつかまります。重心角が大きいせいか、ヘッドが自然にターンして球をつかまえてくれます。スライスの曲がり幅は間違いなく軽減されます。手を使うなど余計なことをしなければチーピンにもなりにくく、ある程度の幅の中に真っすぐ飛ばせるクラブです。

高い打ち出しと適度なスピンでキャリーが伸びる

『EPIC MAXドライバー』のソールの可変ウエイトはかなりの重さがありそうです。重心が深い分だけインパクトロフトが増えるので、打ち出し角は表示ロフト以上に高くなります。

初速の出るクラブにはスピン量が減り過ぎて球がドロップするデメリットもあります。『EPIC』シリーズも全体的にスピン量が少なくなっていますが、『EPIC MAXドライバー』は適度にスピンが入って球を持ち上げてくれます。ヘッドスピードがあまり出ない人でも球がおじぎせずキャリーで飛ばすことができます。

こういうクラブを使うメリットは、自分から上げにいく動きをしなくなること。スイング自体がよくなって飛距離が出るし方向性もさらによくなるでしょう

フェースの弾きは“シリーズいち”ヒールにも強い

新しい『EPIC』は3モデルとも初速性能が上がっていて、どれをとっても飛ぶことは間違いありません。その中で『EPIC MAXドライバー』の特色は安定感です。ミスをしたときの飛距離ロスや曲がりはもっとも少なく、初心者のスライサーから中上級者まで誰でも飛ばせるドライバーです。

打ったときの爽快感が大きいのも『EPIC MAXドライバー』です。インパクトした後にキーンと響く金属音はいかにもボールを弾いている感じがします。他のモデルと比べてもフェースがかなり薄い感じで、ふつうは初速がかなり落ちるヒールに当たったときも、けっこう弾きがよくボールが前に飛んでくれます

キャロウェイ EPIC MAXドライバーがおすすめの人

初速が一段と出るようになった『EPIC』シリーズは、飛距離アップしたい人に間違いあなくおすすめできます。その中で『EPIC MAXドライバー』は、『EPIC SPEED』がハードヒッター寄りにシフトしたため、かなり幅広いゴルファーを受け持つことになりました。

両者の弾道を比較すると『EPIC MAXドライバー』は高弾道・適正スピン、『EPIC SPEED』は高弾道・低スピン、したがってヘッドスピードが平均か、それ以下の人が対象になります。

もう1機種の『EPIC MAX LS』はプロモデルなので、ふつうのアマチュアゴルファーが選ぶとすれば『EPIC MAXドライバー』一択でしょう。

『EPIC MAXドライバー』はクラブ自体軽めで振りやすいので、ある程度年配の人や女性でも十分使えます。とくにおすすめしたいのはスライサーや球が上がらなくて飛ばない人ですが、スイートスポットが広く直進性があるのでフッカーや球のバラつく人にも合います。

キャロウェイ EPIC MAXドライバーの評価

『ROGUE(ローグ)』や『MARVLIK(マーベリック)』と比べてアスリートイメージの強い『EPIC』ですが『EPIC MAXドライバー』はそれより易しいクラブです。軽めに振ってもしっかり弾きがあって、球がつかまって高く上がってくれるので、誰でも無理しなくても飛ばすことができます。

スイートスポットもかなり広く、曲げようとしても曲げられないくらいの直進性があります。ぼくも試合で使うなら3モデルの中から『EPIC MAXドライバー』を選ぶでしょう。それくらい安心安全なクラブです。


テスター/高橋良明(たかはし・よしあき)

1983年生まれ、東京都出身。2013年プロ入会。サザンヤードCC所属。ツアーに挑戦するかたわら、ゴルフ専門誌やウェブメディアでテスターを務める。毎年出る新製品をほぼ打ち尽くす試打のスペシャリスト。

協力/サザンヤードカントリークラブ
撮影/相田克己

直近急上昇記事

関連ゴルフクラブ

関連記事