1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. ピン G425 ハイブリッドを高橋良明が試打評価レビュー

ピン G425 ハイブリッドを高橋良明が試打評価レビュー

2021/05/10 ゴルフサプリ編集部

ピン G425 ハイブリッド

ブレずに狙える『G410ハイブリッド』から、さらにブレずに狙える『G425 ハイブリッド』へと進化。ピン独自の2つの新しいテクノロジーによってもたらされた『G425 ハイブリッド』の飛びと打ちやすさについて、「試打のスペシャリスト」としても活躍するプロゴルファーの高橋良明がレビューします。

[目次]

ピン G425 ハイブリッド総合評価

ピン G425 ハイブリッド

飛距離性能★★★★☆(4/5)
打球感★★★★☆(4/5)
操作性★★★☆☆(3/5)
上がりやすさ★★★★☆(4/5)
総合評価★★★★☆(4/5)

ピン G425 ハイブリッドの特徴

「ブレずに飛ばす」という不変のコンセプトの下で代を重ねるごとに完成度を高めてきた「Gシリーズ」のハイブリッド。

中でも傑作と呼び声の高い『G410ハイブリッド』を超えるために、最新作の『G425 ハイブリッド』には2つの新しいテクノロジーが搭載されました。

一つはフェースのたわみを大きくしてボール初速を上げる「フェース・ラップ・テクノロジー」、もう一つはスピン量を安定させる「スピンシステンシー・テクノロジー」です。

ピン独自の2つの新技術によって、『G425 ハイブリッド』は、ミスヒット時の距離と方向のブレがさらに小さく、飛ばして狙えるユーティリティになっています。

特徴

  • 「フェース・ラップ・テクノロジー」でボール初速がアップ
  • スピン量を最適化する「スピンシステンシー・テクノロジー」
  • 慣性モーメントアップでヘッドがさらにブレにくくなった

特徴1. 「フェース・ラップ・テクノロジー」でボール初速がアップ

ピン G425 ハイブリッド

『G425 ハイブリッド』では、従来のフェース開口型ボディ+板フェースから、クラウン、トゥ、ソールの3方向にフェースを折り曲げたカップフェースに構造変更されました。

この「フェース・ラップ・テクノロジー」によって、フェース面積を3方に拡大したのと同様の効果が得られ、フェースセンターの最大たわみ量がアップすると同時に周辺部もたわみやすくなったため、オフセンターヒット時にもボール初速が落ちにくく、安定した大きな飛びを実現しています。

特徴2. スピン量を最適化する「スピンシステンシー・テクノロジー」

ピン G425 ハイブリッド

「スピンシステンシー」とは「スピン」と「コンステンシー」(一貫性)を結びつけたピン独自の概念で、ミスヒット時もスピン量を安定させて大きな距離を得るテクノロジーです。『G425 ハイブリッド』ではフェース面のバルジとロールの設計が見直されました。

とくに打ち出し角が低くて飛ばないフェース下部はロール半径(ロフト角)を大きくすることでギア効果を増やし、当たりが薄い場合でもスピン量を増やして滞空時間を延ばしキャリーを出せるように設計。

また、フェース上部はロール半径(ロフト角)を小さくして球の上がり過ぎを抑えてボールを前に飛ばせるようになっています。

特徴3. 慣性モーメントアップでヘッドがさらにブレにくくなった

ピン G425 ハイブリッド

『G425 ハイブリッド』はソール後方に高比重のウエイトを搭載、左右、上下両方向の慣性モーメントが約5%ずつ大きくなりました。その結果、ミスヒットしてもヘッドが上下左右にブレにくく、さらに安定した打ち出し角とスピン量で飛ばせるようになりました。

また、クラウンのタービュレータ(空気抵抗を減らすための突起)がなくなった代わりに、ドット状のアライメントマークが採用され、ラインに対してスクエアにセットアップしやすくなっています。

ピン G425 ハイブリッドのスペック

ラインを出しながら力強い弾道のティショットが打てる17度からミドルアイアンが苦手でも高い球で止められる34度までロフトバリエーションが豊富。

また、シャフトの種類も多くどんなゴルファーにもフィッティングしやすいところが『G425 ハイブリッド』の魅力です。

メーカーピン
製品名G425ハイブリッド ユーティリティ
ヘッド素材ボディ:17-4ステンレス
フェース:FORGEDマレージング鋼C300
番手/ロフト角#2/17度
#3/19度
#4/22度
#5/26度
#6/30度
#7/34度
シャフトカーボン:ALTA J CB SLATE(R、SR、S、X)、ALTA DISTANZA BLACK40(R)、PING TOUR173-85(R、S、X)、TENSEI CK Pro Orange 80(S)

スチール:AWT2.0 LITE(R、SR、S)、N.S.PRO950GH neo(S)、N.S.PRO MODUS3 TOUR105(S)、N.S.PRO MODUS3 HYBRID(S)
長さ(#4)39.75インチ(カーボン)
重量/バランス(#4)約345g/D0(ALTA J CB SLATE、SR)、約391g/D3(N.S.PRO MODUS3 TOUR105、S)
価格41,800円(カーボン、税込)37,400円(スチール、税込)、50,600円(TENSEI CK Pro Orange、N.S.PRO MODUS3 HYBRID、税込)
公式サイトピンゴルフジャパン公式サイト

ピン G425 ハイブリッドを試打レビュー

ボールスピードをアップさせる「フェース・ラップ・テクノロジー」と弾道を安定させる「スピンシステンシー・テクノロジー」を新たに搭載した『G425 ハイブリッド』の飛距離性能とやさしさがどこまで進化したのか。高橋良明による試打レポートをお届けします。

試打レビュー

  • 飛び姿が安定していて想定外の球が出る不安は皆無
  • フェース全面がスイートエリアといえるほどの直進性
  • 安定した高弾道とキャリーでグリーンを狙っていける

飛び姿が安定していて想定外の球が出る不安は皆無

前作と比べてフェースの弾き感が出て、ボール初速も出ています。飛距離も伸びていますが、かといって芯に当たったときにめちゃくちゃ飛ぶというわけでもありません。トゥやヒール、下に打点をずらしたときの飛距離ロスはいままでよりも少なくなった感じです。

高初速・低スピンのぶっ飛び系ユーティリティと違って、ある程度スピンが入るところが『G425 ハイブリッド』の一番いいところだと思います。スピンがかからなくて右にすっぽ抜けたりドロップしたりといった想定外の球が出にくく、常に見ていて安心できる球筋で飛んでくれます。

フェース全面がスイートエリアといえるほどの直進性

『G425 ハイブリッド』は本当にミスヒットには強く、直進性はすべてのユーティリティの中でトップレベルです。ふつうだったら大きなミスになりそうな先っぽやヒールに当たってもほとんど曲がりません。

当たり負けに強いところは慣性モーメントの大きさがすごく効いているからだと思われますが、距離が落ちないのはフェースの反発エリアもかなり広くなっているからでしょう。スイートエリアがとても広く、ほぼフェース全面を使える印象です。その分、サイドスピンを入れようとしてもほとんど増えません。

曲がらないので操作性は3点をつけましたが、ここまで真っすぐ飛んでくれればむしろ曲げる必要はないのかもしれません。

安定した高弾道とキャリーでグリーンを狙っていける

ただ単に真っ直ぐ飛ばすだけでなく高い球でグリーンを狙えるところも『G425 ハイブリッド』の長所です。

ソールのすわりがよく、構えたときにリーディングエッジと地面の隙間がないのでボールを拾いやすい印象を受けますが、実際に少し当たりが薄いかなと思ったときでもボールがちゃんと浮いてくれて、そこからスピンで持ち上げてくれるのでけっこう高い弾道でキャリーが出ます。

高さがあって球も強過ぎないので球が止まるし、打点のブレによるスピン量の増減も少ないので縦の距離のコントロールもしやすいクラブです。

ピン G425 ハイブリッドがおすすめの人

ピン G425 ハイブリッド

とにかく曲がりを抑えて飛ばしたい人やロングショットで球が上がらない人には真っ先におすすめしたいクラブです。とくに上下左右の打点ブレに強く、飛距離と方向性の安定感がさらに増しているので、軌道や打点の安定しない初心者や中級者にもおすすめです。

直進性と球の上がりやすさは『ゼクシオイレブン ハイブリッド』と双璧ですが、『G425 ハイブリッド』の方が重めなので、これからゴルフを始める若い人にもちょうどいいでしょう。もちろん重いといっても純正のカーボンならばりばりのアスリートよりは軽量なので苦にならなければシニアでも十分打てます。

また、ロフトバリエーションが多いので、アイアンが苦手な人にとってはユーティリティ中心のセッティングを組みやすいクラブです。

ピン G425 ハイブリッドの評価

『G410ハイブリッド』もかなりよくできたクラブでしたが、それをあっさり超えてきたのが『G425 ハイブリッド』です。とにかくやさしくてミスヒットをしても曲がり幅がミスショットにならない程度に抑えられ、弾道が高くて安定しているので安心してグリーンを狙っていけます。

ボールを左右に曲げたい人以外、ゴルフを始めたばかりの初心者から競技ゴルファーまで幅広く使える本当によくできたユーティリティです。このモデルが売れるのもよくわかります。


高橋良明

テスター/高橋良明(たかはし・よしあき)

1983年生まれ、東京都出身。2013年プロ入会。サザンヤードCC所属。ツアーに挑戦するかたわら、ゴルフ専門誌やウェブメディアでテスターを務める。毎年出る新製品はほぼ打ち尽くしている試打のスペシャリスト。

関連ゴルフクラブ

関連記事