1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤(2020)試打評価

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤(2020)試打評価

試打のスペシャリスト・高橋良明の本気レビュー

2021/05/11 ゴルフサプリ 編集部

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤

安心感のある構えやすい形状、心地よい打球音と打感、そして安定した大きな飛び。歴代の「オノフ赤シリーズ」で培われてきた定評の打ちやすさをさらに進化させたのが2020年モデル『オノフ フェアウェイウイングス 赤』です。その飛びとやさしさ、ねらいやすさについて、ユーティリティに一家言を持つ「試打のスペシャリスト」高橋良明が検証します。

[目次]

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤の総合評価

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤

飛距離性能★★★★☆(4/5)
打球感★★★★☆(4/5)
操作性★★★☆☆(3/5)
上がりやすさ★★★★☆(4/5)
総合評価★★★★☆(4/5)

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤の特徴

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤

ソールに刻まれている「FULL CORE DESIGN」という文字が『オノフ フェアウェイウイングス 赤』の性格をよく表しています。

「オートマチックにやさしく飛ばす」は「オノフ赤シリーズ」歴代モデルの共通コンセプトですが、中でも最新作は「すべてが芯」といっていいほどのやさしさを実現。

「オノフ」のトレードマークとなっている「パワートレンチ」と独自構造のフェースがオフセンターヒットでも高いボール初速を実現。また、ソール面に凹みを設けて接地面積を減らした「ツインカットソール」やオートマチックにつかまって上がる重心設計と専用シャフトなど、ヘッド軌道や打点がブレても安定した飛距離と方向性でグリーンをねらえるユーティリティに仕上がっています。

特徴

  • 「パワートレンチ」効果でオフセンターでも大きな飛び
  • 地面や芝の抵抗を小さくする「ツインカットソール」を採用
  • ヘッドスピードがアップし、当たり負けに強い専用シャフト

特徴1. 「パワートレンチ」効果でオフセンターでも大きな飛び

『オノフ フェアウェイウイングス 赤』のクラウンとソールのトレンチ(溝)には、インパクトの衝撃を受けてたわみ、復元することでボールを前に押し出す力を強くする働きがあります。最新作はクラウンのトレンチを前作よりも15%長くし、トゥやヒールに当たったときにもたわみやすい設計になっています。

また、ソール側は新たに前後方向のトレンチを2本追加。これはソール後方の剛性を上げることでフェース周りのたわみを大きくする効果をねらったものです。また、フェース自体の反発力もアップ。その結果、フェースの広いエリアでたわみ戻りが得られ、オフセンターヒットでも高初速で飛ばせるようになりました。

特徴2. 地面や芝の抵抗を小さくする「ツインカットソール」を採用

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤

『オノフ フェアウェイウイングス 赤』にはオノフ独自の「ツインカットソール」が採用されています。

リーディングエッジからセンターにかけてのソール面に凹みを設けた形状は、接地面積が少なく地面や芝生の抵抗が軽減され、地面で跳ねたり芝に食われたりしにくく気持ちよく振り抜けます。

インパクト前後のヘッドスピードが落ちないためスイングのパワーが効率よくボールに伝わると同時に、当たり負けによる打ち出し方向やスピン量のブレも抑制され、真っすぐ大きく飛ばすことが可能です。

特徴3. ヘッドスピードがアップし、当たり負けに強い専用シャフト

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤

SMOOTH KICK MP-520U』は『オノフ フェアウェイウイングス 赤』のために開発されたユーティリティ専用シャフトです。キックポイントは先中で、真ん中から先端が気持ちよく走り、自然にヘッドスピードが上がってボールをつかまえてくれます。

また、先がしなる割にはねじれ剛性が高く、打点がブレたり地面の抵抗を受けたりしても当たり負けしにくく、インパクト時のヘッドのブレが小さいためすぐれた直進安定性を発揮します。

フェース面のミーリングの効果と相まってスピン量の増減も少なく、安定した高弾道で飛ばしてねらうことができます。

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤のスペック

ロフト29度のU7が追加発売されて、『オノフ フェアウェイウイングス 赤』は飛び系の7番アイアンの距離をカバーできるようになりました。

ロングアイアンはもちろん、パワー不足などでミドルアイアンでも高さやキャリーが不足する人にとっては願ってもない選択肢です。

メーカーグローブライド
製品名オノフ フェアウェイウイングス赤 ユーティリティ
ヘッド素材ボディ:17-4PHステンレス
フェース:ハイマレージングプラス
番手/ロフト角U3/18度
U4/20度
U5/23度
U6/26度
U7/29度
シャフトカーボン:SMOOTH KICK MP-520U(R2、R、SR、S)、LABOSPEC SHINARI:u70(S)
長さ(U3)40.5インチ(R、SR、S)
重量/バランス(U3)340g/D1(SMOOTH KICK MP-520U、S)、356g/D1(LABOSPEC SHINARI:u70)
価格37,400円(SMOOTH KICK MP-520U、税込)、42,900円(LABOSPEC SHINARI:u70、税込)
公式サイトグローブライド公式サイト

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤を試打レビュー

2002年のデビュー以来、打ちやすさを追求してきた「オノフ赤シリーズ」。ユーティリティとしては7代目となる『オノフ フェアウェイウイングス 赤』(2020)はどこまでやさしさを極めたのか。高橋良明が試打で確かめました。

試打レビュー

  • 構えたときの安心感が大きく、アイアンに近い打感も好ましい
  • ボールのつかまり方が自然でラインをイメージしながら打てる
  • フェースのどこに当たっても芯を食ったような初速が出る

構えたときの安心感が大きく、アイアンに近い打感も好ましい

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤

『オノフ フェアウェイウイングス 赤』を構えたときの第一印象はヘッドの大きさと軽さです。

フェアウェイウッドの延長のように奥行きがあって丸みのあるクラウンはとても安心感があります。見た目にも重心が深く、さらっと払い打つようにしてもボールが上がってくれそうな印象です。

打感は弾き系ですが、カチンという甲高い音ではなくアイアンのようにビシッという低めの音です。芯を外して当てたときでも嫌な振動が手に伝わってこないのでとても気持ちよく振れます。

また、振り心地が軽い割には強めのボールが出るのもこのクラブの特徴です。

ボールのつかまり方が自然でラインをイメージしながら打てる

つかまりがよくオートマチックに打てるところが「オノフ赤シリーズ」の最大の特徴です。

『オノフ フェアウェイウイングス 赤』もグースネックでつかまりは悪くありませんが、つかまりかたがとても自然で自分がイメージした以上に勝手につかまってしまうことがありません。けっこう速めのスピードで振ってみても強烈なフックが出るわけではなく曲がり幅が許容範囲の中に収まってくれます。

スライスの曲がり幅もかなり小さくなりますが、決してクラブ任せの弾道ではなく、腕に自信のある人がある程度ラインを出しながらターゲットをねらっていくことも可能です。

フェースのどこに当たっても芯を食ったような初速が出る

『オノフ フェアウェイウイングス 赤』を打ってみるとカップフェースのような弾きのよさを感じます。前作と比べてスイートエリアが左右上下に広くなった印象で、「どこに当たっても芯」という表現もそれほど大げさではない気がします。

球が高くキャリーとランで飛ばせるのもこのクラブの特徴です。打ち込んだときも払い打ったときもソールが跳ねにくく、リーディングエッジがうまくボールの下に潜り込んで拾って上げてくれます。7番ウッドほどではありませんが、アイアンよりは確実に高弾道になり、高さが安定しています。

また、フェースの下側の弾きも強く、薄い当たりでもボール初速が出てある程度飛距離を稼いでくれます。

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤がおすすめの人

一番におすすめしたいのはアイアンが苦手なアベレージゴルファーです。とくにヘッドスピードがあまり速くなく、使っているアイアンがストロングロフトの飛び系で、ミドルアイアンで球を上げるのがちょっときつくなってきた人にはぴったり。『オノフ フェアウェイウイングス 赤』ならアイアンよりも楽に球が上がるので、高い弾道で飛ばせるようになるでしょう。

基本的に球がつかまるのでスライサーに適していますが、極端につかまりすぎることもないのでフッカーでも使えます。例えば7Wなどショートウッドを使って球がつかまりすぎているような人が使えば、高さは少し低くなりますが左のミスは確実に減らすことができます。

ヘッド自体の大きさにより打ち出し方向のブレが小さく、フェースミーリングがサイドスピンを減らしてくれているので、球を曲げるのは難しいけれど、真っすぐシンプルにねらいたい人にはとても使いやすいユーティリティです。

グローブライド オノフ フェアウェイウイングス 赤の評価

2020年モデルの「オノフ赤シリーズ」はドライバーからアイアンまでやさしく飛ばせるクラブばかりですが、とくに完成度が高くて守備範囲の広いのが『オノフ フェアウェイウイングス 赤』です。

もっとも評価できるのはミスヒットにとても強く芯を外しても距離が落ちないところ。打点の安定しないアベレージゴルファーには強い味方になってくれます。また、ユーティリティとして球のつかまり具合がちょうどよく、スライサーにもフッカーにも対応しています。

29度の7番が追加されたことも『オノフ フェアウェイウイングス 赤』を選ぶべき大きな理由です。使い勝手のいいユーティリティは1本から2本、3本とどんどん本数が増えていくので、そのときに豊富なロフトバリエーションで応えてくれるからです。


高橋良明

テスター/高橋良明(たかはし・よしあき)

1983年生まれ、東京都出身。2013年プロ入会。サザンヤードCC所属。ツアーに挑戦するかたわら、ゴルフ専門誌やウェブメディアでテスターを務める。毎年出る新製品はほぼ打ち尽くしている試打のスペシャリスト。

関連ゴルフクラブ

関連記事